僕の人生において運がいいこと

僕の人生において運がいいこと

「僕の人生」などと、振り返るような言葉を使うにはまだ早すぎると思うけど、ふと思いついたので、書いていく。

実は僕の今まで出会ってきた同級生には、本当に偶然なのだが、異様に著名人になった人物が3名ほどいる。もしかしたら他にもいるのかもしれないが、とりあえず滅多に見ないTVという媒体などでも確認できるという意味では、とりあえず3名。

うち、今でも付き合いがあるのは1名だけなんだけど。

一人目:中学校の同級生というかクラスは違ったけど2件隣りに住んでて、拳法の道場でも同じで、向こうは黒帯で僕は緑だか茶帯だった。まぁ、黒帯になってからヤンキー化したため、あまり付き合いをしなくなった。彼は今は割と有名な漫才師となっているようだ。TV見ないので、芸風が良く分からないけど、M-1で優勝したというのをウチの親から聞いた。

二人目:高校1年の同級生。目立たない女子でなんかイラストだか何だかを書いていた。当時はまだイラストとか描いてたらオタク扱いされるような時代だったので、隠れて書いていたと思う。容姿はなかなかの美人だったのだけどおしゃれに無頓着だったかな。卒業後にめっちゃ可愛くなったと噂で聞いたが、それ以降はお目にかかっていないので知らないのだが、その名前を再び目にしたのがとある漫画。おそらく高校の頃のある活動を元にしている(これ書くと一発でバレるので伏せる)漫画だった。ちょっと前に実写映画化されたので、もう有名人。でも、その高校は進学校だったので、あまり取り上げてはいないみたい。

三人目:彼は大学時代の同級生。彼も学生の頃から漫画を描いていたのだが、芸術工科大学だったので、隠すことなく書いていた。今でも年末とかにみんなで飲みに行く程度には付き合いがある。僕も当時は漫画を描くこととかにあこがれていたので、彼の家に行ってはベタとか手伝ってた頃もあった。彼の書く漫画も面白かったが、まさかあそこまで有名になっちゃうとは思ってなかったため、ぶっちゃけ驚いている。大学の頃から頭が良かったので、ストーリーとか恐らく滅茶苦茶計算されつくしていると思う。あと、超イイヒトですね。

と、別に僕は知人自慢がしたいわけじゃなくて、偶然にもこういうどちらかというとエンターテインメント系で、夢を追いかけてというか、信念を貫き通して生きている彼らを思うと、僕自身「くだらないことで悩んじゃいけねーな」と思う。思えるわけですよ。

多分、同級生などが似たり寄ったりのリーマンだったら同じように愚痴を吐いて終わりなんだろうけど、同じ年の、同じような環境(学校)で育った奴らがあれだけ頑張っているのだから、その10分の1でも頑張らなきゃって思う。そう思えるようにしてくれる彼らの存在に感謝してるし、この点において僕は運がいいと思う。

だから、中学まではともかく、高校や大学の選択は、結果としてよかったのだろうと思う。今思うと高校もなかなかに先進的なことをやってる学校だったから(市内で初めて「英語科」ってのを作ったり)。大学はもう言わずもがなの変な学校だったし。

それだけで、運がいいことに感謝している。まぁ、というわけで僕はいつまでたっても40超えても「俺はもう落ち着いたよ」なんて言えないのである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲーム数学の教科書について悩む

ゲーム数学の教科書について悩む

僕は、ゲームのプログラムを教える仕事をしているのだけれども、成り行きで数学も教えている。正直1年~3年までを担当してるので、正直負担がしんどい。

しんどいんだけど、毎回毎回よりしんどい状況に自分を追い込んでいる。今は一応建前上、教科書を買わせている。なんでかというと、元々自作プリントのみで授業していたのだが、学生たちは、特に座学の場合には「教科書が必要」という不思議な洗脳が抜けてないので、一応買わせていて、それに沿って授業を進めてはいる。

まぁ、2~3コマしないうちに自作プリントばかり使ってるんだけど。だって自作プリントのページ数ももう合計が5~600ページになってるから、これを出版してゲーム数学の教科書にしたいくらい。

とはいえ、教科書にするにはカジュアルすぎて、ダメなんだろうとも思う。
ちなみに、今、建前上教科書にしてるのが、これ。


周囲の学校関係者に聞くと、やっぱりこれを使っていることが多い。ちょうどいいのがないからだろうとは思うが、正直ぼくとしては、あまり気に入っていない。何故かというと


「ヤード・ポンド法」で説明されているページが多いからだ。特に物理の部分。

日本の教科書でこれはねーだろ

「ヤードポンド法を滅ぼそう!!」「ヤードポンド法は悪い文明!!粉砕する!!」

という叫びが学生から聞こえてきそうである。とはいえ、学生は自主的に教科書を読むことなどしないので、俺がその辺は変更して伝えればいいわけなんだが、もはや実質的に不必要になってんのよね。自学自習にも使える教科書とは思えないし・・・ということで、現在は、こういう教科書を考えています。ただ、予算の関係上、来年度は無理で、再来年度になるかと思います…。

で、個人的に候補に挙げているのが、これ

というわけで、候補に挙げたし、ブログで宣伝もしたので、献本してください。森北出版様!お願いいたしますよー。

まぁ、たぶん、1カ月もすりゃ、俺自身が俺のために買ってるとは思うんだけどね。

ただ、この本は高校までの数学が数ページで終わり、そのあとは専門的な感じになってるので、かなりハードルは高い。

大学受験をドロップアウトしたウチの学生たちに適切なのかどうか(大半が中学の時点で数学を投げ出している)は分からないが、「そういうもん」だと思って危機感もって勉強してもらう事を期待している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンタリズムの罠

メンタリズムの罠

昨日のブログで書きましたが、1日で1冊の本を読みました。なんとページ総数477ページ!!

いや、自分が読書的にすごいとかそういう事を言いたいわけではなく、専門分野でもないのにここまで夢中で読み続けた本は、ラヴクラフトとか、初期の京極堂シリーズ以来なので、まぁ、本当に休日でよかった。

会社をずる休みしたくなるほど夢中で読んだので。

こう書くと「スカスカの本なんだろう?」って思われると思いますが、割と詰まってて、情報量も多かったです。あと久しぶりにこのペースで本を読んだので、改めて思いますが、書籍を読むスピードは速い方がいいと思います。長引くとそれだけで興味を無くしてきますし、1日か2日で読めるなら、それに越したことはないでしょう。

読むのに何週間もかかる本だと、僕の場合は途中で飽きちゃう上に、内容も忘れちゃうので、割と脳味噌がリセットされます。

さて、書籍の感想ですが、ぼくにとっては興味深い内容ばかりでした。海外テレビドラマの「メンタリスト」を見てからこういった分野に興味を持ったので、割と遅めのミーハーなきっかけでした。ちなみにメンタリストで検索した時に「メンタリストDaigo」という著者がたくさんヒットしたのですが、この人の本もいくつか読みましたが、興味は引かれるものの微妙に夢中にはなれませんでした。考えられる理由は後述します。

TVドラマの「メンタリスト」や「グランドイリュージョン」に出てきたメンタリストを見て、「えっ?キモッ!!」と思ったのがきっかけでした。それからマジック(奇術)のビデオとかいくつか見て、どうやらそういうマジックの分野があるらしく、人間の心の動きの特徴を利用したトリックであるという事が何となく分かってきました。

「メンタリスト」の主人公の「パトリック・ジェーン」のモデルとかいないかなと思って、検索したら、ミルトンエリクソンという人がヒットしたが、彼の著作は見つからなかったので、リチャードバンドラーとジョングリンダ―という人の著作を読んでみたが、あまり面白くなかった。

で、今回の書籍の「メンタリストの罠」ですが、これは面白かった。著者のキャラクターがとにかく面白い。パトリックジェーンのモデルがこの人ちゃうんかと思うくらいにいたずら好きのマジシャンでした。あと霊能者とか霊能力に対しては、パトリック・ジェーンと同じようなスタンスを取っているところが、またよかった。

ちなみに大雑把に内容を言うと

  1. 序論(著者のパーソナリティ的な話。若いときは敬虔なクリスチャンだったが、そのうちいたずら好きになっていく)
  2. マジック(普通に手品の話。面白い。)
  3. 記憶術的なところ(めっちゃ役に立ちそう)
  4. 催眠(メスメリズムからミルトンエリクソンまで。著者の悪戯についても書いている)
  5. NLP(NLPの「信者」には否定的なスタンス、の上での解説)
  6. 似非科学やら霊能者などについて(騙されるぞ!気をつけろ!な内容)
といった感じで書かれている。ちなみに目次見ながら書いたわけじゃなくて、なんとなく覚えてる順に書いてみた。

いたずら好き、手品、記憶の宮殿、催眠術、そして霊能力を否定…これまんまパトリック・ジェーンじゃねえか!!やっぱモデルじゃねーの!?

というわけで、TVドラマの「メンタリスト」好きなら楽しめる内容だと思います。Amazonのレビューだと翻訳が残念だの冗長だの書いてるけど、読ませる内容だったら冗長でもいいんじゃないの?って思った。

あと、NLPに関しては、僕もちょっと痛い思い出があって、ちょっと傾倒してた時期があって、でも何かどことなく気持ち悪さを感じてて、それは僕が日本人だからなのかなーとか思ってたんだけど、その「気持ち悪さ」に関しても、うまい事表現(説明)されていました。僕のモヤモヤというか、そういう憑物的なやつが落ちた感じがしました。

あと、似非科学の章も、周囲に似非科学に騙されている人がいるなら、一度読んでみたほうがいいと思う。読んだからと言って目を覚まさせようなどとは思わないほうがいいと思うけど、妙なモヤモヤは感じなくなるんじゃないかな。

477ページと、かなりの分量のある内容の割にはお値段はなんと1600円+税…これはお買い得すぎるわ~。まぁ僕は図書館で借りたんですけれどもね。

買うにせよ、借りるにせよ、お勧めの一冊です。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中毒(依存)に気づいた時

中毒(依存)に気づいた時

とあることから僕は自分がインターネット中毒になっていることを自覚した。多分、周りから見れば、スマホもやってないし、仕事中にネットサーフィンもしていないし、暇な時もプログラミングか運動をしている。

どちらかと言うと「ストイック」と呼ばれることが多い。

ただ、ここ数年、僕は年初に立てた抱負というか、誓いというか、計画というか、そういうものがほとんど達成できていなかった。それまではそれなりに達成していたし、自分の成長も実感できていたというのに…。

昨年の夏ごろに、ツールとしてHabiticaとねこタイムを使用してある程度の改善が図れたが、いつの間にか戻ってしまっていた。

これは「いつの間にか」だったので気が付かなかった。Habiticaが「1日のタスク一時持ち越し」みたいな機能をつけてからは、もはやHabiticaも大して役に立たなくなった。モチロンHabiticaのせいじゃないことは僕も分かっている。

今思えば、「頑張ろう」の誓いがしれっと破れるのは、仕事で大きなストレスがかかったり、体の一部に不調が出たり、将来の不安が頭をもたげてきたときとかに発生していたようだ。

で、しばらく前から書いている事でもあるが、僕は今の仕事を辞めてしまいたいと思っているのだが、ずるずると続けている。別に経済的な理由に恐れがあるわけではなく、ただ単に現状を変えるのが面倒なだけだろう。そういうのもストレスになっているのだ。

あと、気が付くと、クリエイティブなことを自宅ではほとんどやらなくなったかな。いや、ぷちコンなどのたびにゲームを作ったりしてはいるけど、自分的には「クリエイティブ」と思えていない。

Pixivへの投稿もしなくなって3年くらい経つし、あんなに嬉々として投稿していた期間がウソのようだ。

英語の勉強もね。

そして、これができないことをすべて仕事の忙しさのせいにしてたけど、本当にそうなのだろうか…。いや、一部はそうなんだろうけど、情熱が薄れてきているのを感じる。

そしてそのことに対する、自分に対する罪悪感。

そして罪悪感は依存症を生む。これが最初に書いた「インターネット依存」の事なのだけれども、自覚したのは昨日のあることがきっかけだった。

夕方ごろ、自転車でウロウロしてたら、久々にうどんを食いたくなり、肉肉うどんに入り、うどんを食べていると、非常に人間的にアカン匂いのする男(比喩です。要はクズ野郎ってのがなんとなく分かる奴ってこと)が入ってきて僕の隣に座った。

横柄な感じで注文するとずーっとスマホをいじっていた。ちらっと見たところSNSとゲームを行ったり来たりずーっとしていた。まぁ、よくある光景ではある。

ところが僕が驚いたのは、うどんが彼の元に運ばれて、彼がうどんをすすり始めてからだ。

彼はうどんをすすりつつも、顔をスマホに向けて、一切うどんを見ていないのだ。右手はうどんをすすり、左手はスマホを操作しているのだ。うどんを一瞥もしないのだ!!!!

それを見てしまった僕の思考の中には「依存」「中毒」という言葉が浮かんでしまった。ちなみにうどんは美味しかったです。生姜をいっぱい入れて温まりました。

さて、そのまま家に帰って、PCの電源をぷちっと…。そしていつものサイトをいつもの順番通りに見て…とここで気づいた。

ルーチーン…

routine...自動化された行為…習慣…

ちなみに流れは「PCの電源を入れる」→「メールチェック」→「Febeのお買い得情報を見る」→「Kindle本一日割引チェック」→「Facebook」→「Twitter」→「ニコ動」「哲学ニュース」「SCP巡り」

という流れだ。一度この流れに入るとかなりの時間を消費する…というか寝る直前まで消費する…というか、これをやってたら眠くなってしまう。つまり入眠儀式的な感じになっているのだ。ちなみに昼間にこのルーチーンをやってしまうと、いつの間にか居眠りしてしまう。

何一つ生産的な活動ではないことにかなりの時間を浪費…空費してしまうのだ。

所謂「プロセス依存であることを自覚した。

さて、薄々は分かっていたのだけれども、はっきりと自覚してしまった以上は何らかの対応をしたいと思う。少なくともHabiticaに登録した日課を毎日やってのける程度には…改善した方がいいだろう。

ここで「●●せねばならない」的な言い回しにしないのには理由があって、義務感が出ると、そこにセロトニンだのなんだのを消費してしまい、また依存しやすくなるので、ちょっとゆるめで「自分の願望」という事にする。

一応、失敗から学んではいるのだ。

さて、という事で、本日土曜はお休みだったのだが、朝からPCをつけないことに決めた。少なくとも今日は日課をすますまではPCをつけないとした。

そうすると、1日で1冊(400ページ余り)の本を読了し、散らかっていた部屋がそれなりに片付き、筋トレも予定通り行えた。

ルーチーンの一番最初をストップしたのが効果的だったようだ。だが、僕のクリエイティブ活動というのは、このブログもそうなんだけれどもPCを使ったりインターネットにつなぐことで成り立つものも多い。

そうするとPCの電源を入れざるを得ず、そこからルーチーンが始まってしまい、結局何も為さなかったという事になる。

「これは罠だ!神が俺を陥れる為に仕組んだ罠だ!!」

と言いたい。言いたい。本当に言いたい。

ただ、本日の実験(朝からPCを入れず、まず日課を全部こなす)の結果、PCを入れる前に別の有意義な活動をしてしまうと「作業興奮」的な作用により、いつものルーチーンの報酬系より「やり遂げた」報酬の快感が上回ってしまい、今、こうやってブログを書いているというわけだ。

まぁ、ホント油断したり、ストレスかかるとすぐに元に戻ると思うけど、こうやってブログに書き残しておくのは、ある程度の抑止になるんじゃないかなと思ったりしてたりする。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

保険

保険…

年始に心臓の疾患(冠攣性狭心症)で入院してました。検査入院だったので、まぁ手術の保険金は出ないのわかってたんだけど、総額6万円くらい支払ったので、加入してる保険を利用すべき時が来たなと思って申請したんだ。で、1週間くらいして…

保険屋が入院保険金出し渋ってる通知が家に届いてた。ていうかもう20年くらい掛け捨て保険金払い続けてきて初めて利用しようとしたら払い渋り・・・ホンマにヤクザ商売やなぁ。
掛け捨てでもう100万円以上払ってて、3日入院の2万円程度の入院保険金を払い渋るってひどいわ。
SAW6でトビンベルがブチ切れて保険屋を壊滅させる話があるんだけど、気持ちがよ~くわかったわ。
で、問い合わせが月~金の9:00~17:00なんだが、これもなめとんのか。仕事中やっちゅうねん。昼休みもないほどの仕事中やっちゅうねん!久々に頭に来たので書いちゃった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

DirectX12

DirectX12

実は今、DirectX12のテキストを書いてて、既に400ページを越えようとしている。
DirectX11の時のテキストが500ページを越えてたんだけど、出版の機会を逃しちゃったってのと、流石にページ数が多すぎるなってのと、ネタを入れすぎたので、このままお蔵入りかもなーって思ってたりする。

でもあまりにもDirectX12の情報が少ない今の状況を見ていると、やっぱり出版すべきかなーと思って、出版社(S社)の人を呼び止めて声をかけてみたのだが、どうなんだろう。

実際、ProjectASURAの人も現在執筆中らしいので、俺としてはどうしようか悩んでいる。ただ、これ以上陽の目を見ないってのももったいなさすぎるなーって思っている。

まぁ、差し支えない程度に今後はブログでTipsを上げていこうかなって思う。うん、今年の宣言です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今の状態

今の状態。

今の状態は、よろしくない。吐き出してみよう…

ネガティブな感情に支配されている。
時間がない。
怒りを覚える。

毎日、午前様に帰宅。

ボクシングの練習時間がなく、弱くなってきている。

スグに筋肉痛になり、柔軟さが無くなっている。

生活が乱れている。

寝不足である。

来年は改善したい。いや、改善する。1月の20日は、スパーリング大会なので、とにかくそれまでに何とか改善しないといけない。焦る。

という、色々な代償を支払って得られたものは、そうだね、仕事という意味では何も得られてないけど、DirectX12の研究はかなり進んで、スキニングでアニメーションできるようになって、ベジェをニュートン法を使って解決してタイムライン補間に幅を持たせることができたので、あとはシャドウマップとか、IKとか、モーフとか、トゥーンとか、やりたい。今のところ300ページくらいなので、DX11の時みたいに500ページ行くと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リズムが狂う事の恐ろしさ

リズムが狂う事の恐ろしさ

また、ブログ書く期間が空いてしまったわけだけど、やっぱり出張が8月9月10月は続いてたので、なんていうか、Habiticaの日課の達成状況がかなり悪くなっていた。

さらに言うと、もう辞める事を自分の中では決めているのに、学校の大変な状況等を見ているとなかなか言い出せない、言い出せない自分に対して忸怩たる想いがあったりして、非常に自己嫌悪。そしてそれがまた自分を堕落させることに一役買っていたりして、もう超が付くほどよくない状況。

勿論職場も良くない状況。

ただ、このまま愚痴って、愚痴りつつ仕事を続けたくはない。それは強く思っている。再就職の不安とか、そういうのよりも自分自身が自分の望まない人格になるのが許せないのだ。

ともかく、出張が続いてしまったあたりで、Habiticaの日課を踏み倒すことに対する罪悪感が薄れてしまい、ドゥンドゥン悪くなっていた。

もちろん、いまDirectX12のクソ難しさに苦労はしているんだけど、それは望ましい苦労なのだ。今の苦労は、どうやって辞めるか・・・その一点のみ。

あと、辞めたら辞めたで、相当に自分を律してないと、もっとひどい感じにリズムを崩しそうで怖い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

危ない危ない

危ない危ない…

9月はイベント事が多くて、8月末くらいからその準備があったり出張が多かったりして、リズムを崩していました。

Habiticaによる日課、習慣を継続していたのですが、結局CEDECとかに行って泊まり込んでたり、友人や、CEDEC仲間と食事したり飲んだりしてると、やっぱり習慣が崩れる。でもそれは必然で、予め分かっていたことである。

重要なのはいかに早く元の状態に戻すかという事である。というわけで土曜までCEDECだったので、今日くらいでやっと習慣が取り戻せたって感じかな。

本当に危ない危ない。意識してないとスグにダメ生活に戻ってしまう。

ただ、今月は、すでに準備に入っているけど、TGSにも出展して1週間近く千葉なのだ。まぁ、今回はJOYFIT船橋に通うので、トレーニングはある程度継続されるけど、それでも多分リズムとしては狂うので、それが気がかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己改善とPC

自己改善とPC

habiticaとねこタイムを使って自己改善に取り組んでいるわけだが、まぁある程度筋トレに関してはまだまだ続いてはいるが、日課のこなし状況が鈍ってきた。

原因は色々とあるんだけど、やっぱりPCではないかと思う。ただ、P-StudySystemや、プログラミングや、このブログや、クリエイティブ系の活動はPCで行うため、立ち上げる必要がある。

という事で、最初のモチベーション高いときはPC立ち上げたら真っ先に作業に向かっていたものだが、モチベーションが低下してくると、そうもいかない。何しろ自分で決めたルールであり、罰則もご褒美も自分だからだ。そんなもんルール策定者がいくらでも捻じ曲げていい。

だから、筋トレやダイエットの時はコーチ・トレーナーが必要なんだろう。正しいフォームで正しいやり方で行うのは勿論、監視役を自分でないところに置くことにより、「もうやりたくねー」って時でもある意味嫌々でもやる事になる(まぁそれですらブッチすることもあるくらいだからね)

モチベーションってのは、続かない前提で動いた方がいい。思い立った時のモチベーションが3日後、3週間後、3か月後、3年後まで続くと思ったら大間違いだ。だが、モチベーション自体はなくなっても習慣は続くだろう。歯磨きや、僕にとっての筋トレなんかはそうだ。

ちょっと話がそれたが、モチベーションは低下するものって前提で、習慣化するまでにやめてしまう主な原因としては

  • 誘惑(ゲームや動画やSNSやエロサイト)
  • ど忘れ(人は相当な忘れんぼだ)
  • 拒否反応(体が拒否る)
  • 周囲の足の引っ張り(お前だけ痩せさせんぞ~)
こういうものがある。
今回はPCの誘惑について、書こうと思う。今回の盆休みはちょっと油断していたため、ついついニコ動のゲーム実況を見始めてしまった。するとどうだろう。あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、さらには僕は実況観てると眠くなる習性があるらしく、相当な時間を睡眠に費やしてしまった。

あと、盆休みや、連休の時は気を付けておかないと、時間の大事さというか、時間を軽く見がちで、こういう誘惑の方を先にやろうとしてしまう。多分今まで日課で我慢してきた反動もあるのだろうが・・・。

反動…反動はあるのだ。何故かというと、人間ってのは元の状態に戻そうとする習性があり、それがかなりの力を持っている。よくあるのが、ジョギング初めて3日目でなんか調子悪くなるとか、色々理由を付けてやめようとしてしまう。これは人間の脳髄が「元の状態に戻せー!」って言って、無意識下からものごっついプレッシャーかけてくるためで、おそらく、恐らくなんだけど自律神経系にも働きかけてくるくらいに強力なもので、急に頭痛が出てきたりする…んじゃないかなと思う。

だからこれを抑え込むというか、脳髄をだましてしまうというか、そういうのが必要なのだ。habiticaなどのようにゲーム感覚でやるのもそうだし、最初の方は気張らずに負荷を軽減するというのもそう…で、僕がやってなかったのは「誘惑を遠ざける」というものだ。

僕の日課のいくつかがPCを介してやってしまうというのがまた始末が悪い。これも何かしら工夫は必要だろうから、解決策が出たらまた書こうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«PC