« 暖かくなってきました。 | トップページ | お選挙 »

お給料が上がりました。

今回の年俸更改で、お給料が上がりました。やっと年収400万円に到達です。
まあ別にお金がそれほど欲しいわけじゃないけどね。要は
http://www5c.biglobe.ne.jp/~nyu/COMIC/comic.htm#honobono
のような嫁と娘がいればそれでいいというか何というか。

はい、最近はオタクです。包み隠さずオタクです。ただしオタグッズは買いません。
アレを買い始めると部屋が滅茶苦茶狭くなるからです。お給料が上がってもそっちにはつぎこみません。

お給料が上がったとはいえ、ここで満足するつもりはありません。お金は十分です。
でもそーゆーことじゃなくて、なんというか、僕には立派な友人たちがいます。

一人はヤングジャンプで人気連載している友人です。
もう一人はデザイン会社を立ち上げ、株式会社化した友人です。
もう一人はCGディレクターとしてスクウェアエニックスで頑張っている友人です。彼は公演とかもやっているらしいです。

もちろん、反対側の友人たちはニートだらけです。
でも下を見るのは良くないですからね。下ばかり見てるといつか引きずり込まれますから。

僕は彼らに負けるわけにはいけないのです。学生の頃は同等だった奴らなのだから、僕に足りないのは
頑張りなんだろうと思います。才能ではなくてね。それはニート側にも言えることです。
僕の立場はこの両者の中間(より少しだけニート寄り)くらいです。それはいいとして、何が言いたいのかというと

ニートも偉いやつも、学生時代には殆ど差が無いということですね。両者と今でも付き合っている僕が
言うのだから間違いありません。でも今は表も中身も雲泥の差が出ています。卒業後に少しずつ積み重ねた努力と自信
そして自己管理。

僕もこないだまでフリーターだったからわかるよ。きっかけは就職活動だったかな。もう自信満々で試験を受けて
10社くらい落ちた時点で、世の中の厳しさに半分引きこもりみたいになったよ。まあ甘えるなって感じですが、
たいした努力もせずにストレートで第一志望大学まで行けてしまった人間にとってはとってもショックです。
そういうのは僕以外にもたくさんいました。

それはともかく卒業し、引きこもりつつボクシングをやっていましたが、さすがに会費も払えなくなって
バイトを始めました。芸工大のアルバイト掲示板でCADの仕事がありました。時給1500円うひょー!で、学生の振りして
試験・面接。実は学生証はすでに無効でしたが、気にしていないのか雇ってくれました。それで一年。その間
友人の漫画家の手伝いもしており、スクリーントーンのカットとベタがうまくなりました。絵そのものは
うまくなりませんでしたが、色々とべんきょうになりました。CADの方は勉強にならないと判断して辞めました。

で、またニート生活…。ひたすらDDRをやりながら貯金を食いつぶす毎日。あたりまえのようにお金がなくなっていきました。
しかも就職活動と偽って、朝から家を出て家から遠いところで遊んでいたのだからもう手におえない。
ただし家事は僕がやっておりました。さすがに負い目があるからね。

貯金がなくなり、スーパーのレジ打ちバイトを始めながら今度はプログラムがやりたいと思い始める。ただし当時は
パソコンも持っておらず、プログラム未経験のため図書館に行って本だけ読む。で、専門用語を言いながらプログラムが
できると周囲に吹聴したらスーパーのPOS(レジのシステム)のプログラムを『やらないか』と声をかけられました。

やってみた(時給800円)。プログラム経験3年と嘘をついたのだが、割とできるものだ。嘘を取り繕うために図書館で必死に勉強したが…。
初給料でぼろいパソコン(今でも使っている8万円くらい)とVisualBasic5LearningEditionを購入(1万円くらい)。
データベースやインターフェイスの勉強を必死こいて行いました。(インターネットにつながっていないので書籍に1万円くらい使った)
体も動かしたいので、引越しのバイトと、お化け屋敷のバイトを併用。月に30万くらい稼ぎました。

在庫管理システム簡易版を上司に見せた。それで在庫管理システムを任される(時給1000円)。勉強するごとに評価が上がるのが
楽しく最終的に1300円くらいになりました(でもCADに負けてるのな)。何度も「社員にならないか」と誘われるが、
何か違う気がしてフリーターのままリクナビに登録していたら、某格闘ゲーム会社から『やらないか』のお声がかかりました。。

そりゃあもう飛びつきますよ。大阪だろうがなんだろうが引越し費用が出なくても、住宅手当が出なくても
俺はやるよと言いました。(少し、いやかなり迷ったけど)

でやっと年収400万円。ニートでも段階を踏めばゲームプログラマに行き着くわけです。この段階の経験は俺の財産に
なっています。いきなり就職できた奴は割とそこで止まっていたり、今になって自信を無くしていたりします。
今では連載もしている漫画家も、ずーっと仕事をやりながら描いていました。何度も何度も投稿、持ち込みしたそうです。
そのうちに賞をもらうようになり、現在のように連載で頑張っています。
会社を経営している彼も、最初はお仕事が無くて貯金を食いつぶしつつ一人で営業して、一人でデザイン・開発・サービスを
行っていました。そしてある程度稼いだところで親御さんに200万円くらいをあげちゃったそうです。理由は
手元にあってもろくな使い方をしないからだそうです。それとの因果関係はわかりませんが、今では株式会社化するに
いたっています。

…最初からうまくいくのは稀なんだね。なんでもそうだよね。でもその代わりではないけど、昨日の結果が今日で今日の
結果が明日なんだよね。積み重ねなんだなぁと、思います。それを実感させてくれる友達ばかり持つ俺は幸せ者だと
考える土曜日の午後でした。

|

« 暖かくなってきました。 | トップページ | お選挙 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

よかったね

投稿: あ | 2007年4月 7日 (土) 23時30分

ありがとう。

投稿: 管理人 | 2007年4月 8日 (日) 12時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/14590668

この記事へのトラックバック一覧です: お給料が上がりました。:

« 暖かくなってきました。 | トップページ | お選挙 »