« 更に読書 | トップページ | 大きなお世話だけど…可哀想な人 »

ちょっと調べてみた

前回のブログで、勝間和代さんの著作がうなぎのぼりという話をしましたが、あることを思いつき、amazon.co.jpを調べました。その結果、who moved my cheese及び7 Habits of Highly Effective People が急に上位に来ていました。

いや、いいんだけどさ。なんだか僕が家庭教師をしていた時代の生徒を思い出すよ。彼は勉強熱心だったが、成績があがらなかった。あるとき僕が漫画でもなんでも言いから、本を買ってやると言ったのだが、自分で読む本を自分では決められないと言う…そう、彼の読む本は全て親が選んで買い与えていたから自分で選ぶことができないと言うのだ。中学2年生にもなってその体たらくである。俺は親の責任が大きいとは思うが、中学2年なら漫画くらい自分で買えよとも思う。
そこで僕は仮説を立てました。自分で選ぶ訓練をしていないから自分の回答に自信が持てない→問題に時間をかけすぎる→間に合わない→成績が上がらない。ではないかと。
とはいえ、それを改善するとなれば、それは勉強を教えるよりも難しいこと。だってそうだろう?教科書はないのだから。20歳の大学生が、相手は中学生と言えども人生を教えるのだから。
でもやることに決めた。親御さんに説明して、食事に連れて行ったり、遊びに行ったりして、そのときの条件として「10秒以内に自分で決定しろ」と言った。始めは頭が混乱して、変な選択をすることが多かった。嫌いな食べ物を選んだりね。
それでも段々と適切な選択をするようになってきた。しかし僕は自腹を切っていたため、儲けはあんまりなかった。挙句には家庭教師会社からクビになった。理由は「こちらのシステムに無いことをやったから」だそうです。
今考えると確かに思い上がりだったかなと、思わなくもない。少なくとも報告するのが社会人というものだからね。でも当時は怖いものなし20歳の学生。やってよかったと思う。一応、親御さんから手紙が来て、成績が急に上がったそうです。それは僕のやり方が功を奏したのか、僕の後任の人が優秀だったからか、それはわからない。
でも自己満足だったとしても、俺は間違ったことはしていないと思う。

閑話休題。
で、who moved my cheese及び7 Habits of Highly Effective People急に上位に来たことについて、それは前述の生徒みたいな人が、ゴマンといると言うことだろうか…もしそうだとすれば、勝間和代氏の真意を理解していないのではないだろうか。英語CDを聞くという部分はあるけど、そこで注目すべきはCDの種類ではなく、こう書いてある部分だと思う。
「何種類かプレーヤーを持っていると、電池が切れることが無いから、切れ目無く聴ける」とか確かそんなことを書いていたように思えます。これ、よく考えてよ?切れ目無いんだよ?それだけの時間を本当にリスニングにかける意志の強さはありますか?本当の意味での四六時中ですよ?僕はそういうのが続いた人はあまり見たことがありません。器具を揃えても3日坊主のほったらかしなんて人は大勢います。
中学生の頃にとってもお金持ちの家の友達がいたけどさ、家は広い、モノも多い、そしてあったよ、30万くらいしそうなトレーニングマシン。しかし友人自身はおろか、家族はみんな太っていました。それもそのはずトレーニングマシンはハンガーかけと化してしまっていたからです。自分への金銭的な投資は貧乏人で無い限り意外と簡単です。お金さえ出せばいい、それで健康になったり年収が10倍になるなら安いものだ。
確かにそう思います。でもそこに「意志」が欠けていればなんにもなりません。始めのうちは投資したお金がもったいなくて続けるだろうけど、それなりの成果を上げるにはかなり長い間やらなくちゃいけない。長続きする工夫は必要です。それは大いに著者に同意します。しかし意志が弱ければ、くりかえしますが、意味がありません。どんなに工夫しても投げ出します。

著作をけなしているわけではありません。参考にするところも多いです。ただし、この本を読みさえすれば年収が10倍になると思っている「トンデモナイ馬鹿」が世の中には割と存在します。そして、読んですぐに「こりゃ大変」とばかりに設備投資だけして、ホコリを被らせてしまう馬鹿はそれ以上だといえます。
せっかく著者の本を読んだ人はくれぐれもそんな馬鹿でないことを祈ります。

追記
誤解がないよう、書き添えておきますが、「10倍アップ勉強法」には、意志の力では心もとないので、会社の強制や、報奨を利用しようと書いております。
それはそのとおりですが、そのような会社は少ない(うちもそんなんないし)ように思えますし、環境をあてにできる人がどれくらいいるのだろうか…と思っているので、僕はそれが無い前提で書いております。

|

« 更に読書 | トップページ | 大きなお世話だけど…可哀想な人 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/41165423

この記事へのトラックバック一覧です: ちょっと調べてみた:

« 更に読書 | トップページ | 大きなお世話だけど…可哀想な人 »