« 楽器買いたい | トップページ | さっき »

読書の秋竹城

時間ができてきたので、とにかく本を読む生活に入っている。
そういえば、メトロ神戸という地下の通りに、古本が立ち並んでいる区画がある。
実はここは掘り出し物が多い(絶版本とかでもそんな高くない)。
また、とんでもない安値がつけられているものもある。

新書や単行本は3冊200円だ。もちろん元値にかかわりなく、だ。
あの値は店の親父が自分の好みでつけている値に違いない。

というわけで、買ってきて読んだ本

・レバレッジ・シンキング
・自分をグーグル化する技術
・フェルマーの最終定理
・サイバネティックスの考え方
・知的生活の方法
・運命を拓く
・考える技術・書く技術

未読本
・船井幸雄の実践経営道場
・日本型ベンチャー成功の秘訣

…とまぁ、これだけ買っても600円だ。
実用書ばかりだ、小説は「フェルマーの最終定理」だけだ。既に図書館で
読了している本だが、こう言う本は手元に置いておきたい。
今読みたい小説は「そして誰もいなくなった」「蝿の王」だが、まぁ、
図書館で読了できる本だろう。ただし、人気なのかなかなか借りられない。

忙しくなると2週間でも読了できなくなるから。今のうちに読んでおきたい。

今回読了したものに関しては、また、マインドマップにして載せるつもり。

|

« 楽器買いたい | トップページ | さっき »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書の秋竹城:

« 楽器買いたい | トップページ | さっき »