« …おえっっ | トップページ | スマータボインちゃん »

今日は日曜だけど仕事に行こう

と、思ってたけど、雨が降っているのでやーめた。

雨は自転車乗りの天敵。

外に出ないに限る。

今回は遅れるつもりはなかったのだが。

やはり遅れた。

大体の原因は、リファクタリングが必要なこと。師匠はコードの腐敗を許さない。コードの腐敗を許すのは、最終的にとっても高くつくことになるからだ。ただし、C++でコードの腐敗を起こさないためにはそれなりの知識と、それを実装する技量が必要となる。

残念ながらまだまだ僕らはそれらが足りないようだ。残念だがコードの腐敗にすら気づかない。

このため、リファクタリングする技量程度を持っている部下には、リファクタリングを要求する。

当たり前だが、チェックインしては怒鳴られて、書き直してチェックイン、怒鳴られるの繰り返しで、やっと「まぁええやろ」てな感じになる。たまに、「そんなん言うんやったら自分で書きゃええやろ!!俺はもう辞める!!」って言いたくなります。

そんなんだから非常に時間がかかる。

見積もりは、非常な楽観予測で立てられているため、実装するまででやっとなのである。残業を見込んで立てられているとしか思えないほど…そんなんだから急いでコードが腐敗するし、経営と交渉する際のデータが嘘ばっかりになってしまうのだ。

僕などは、そこに関してはそれほど楽観的ではない(今までのを見てきているため)ので、会議でも、そんなん三日でできるわけない。どうしてもと言うなら機能限定です。と言う。いうが、この上司、自分ができるものだから、そんなに時間がかかるなんて信じられないって顔をする。

ではなぜ、あなたは毎日誰よりも遅くまで残業して、休日出勤ばかりしているんですか?

こう思うことだろう。「それはお前らのレベルが低すぎて、修正に時間がかかりすぎるためだ」

よろしい、認めます。

しかし、それは今に始まったことではなくて、前回のプロジェクトで、あなたも身に沁みているはず。

僕はこう思う。彼は本当は他人の力量など、気にもしたくない。ハッカーなのだ。もちろん怒ってくれるし教えてくれる。でも一番楽しくて気になるのは、目の前の設計、実装。しかし全体の進捗も管理しなけりゃならん。コードの腐敗は許せない。

僕らはそれから学ぶ。最小限の手間で最大限の効果。やはり成果を大きくするのは知識だ。勉強しなければならない。しかし、朝9時半~午前様な生活だとまとまって勉強できない。で、それなりに勉強しても、彼にしてみればアホの子扱いだ。

あと、彼は「経験なんか糞の役にも立たん」と言う。正しいとは思う。しかし知識の吸収を促進するための経験というのはあると思う。

たとえば、デザインパターン。これ、勉強だけしても、「それがなにかうれしいの?」となる。実際に「ああすげえ助かった」てな場面に遭遇しないと腑に落ちない。僕もそうだ。

いまのところ、腑に落ちているのがAbstract FactoryとProxyパターンだ。まぁSingletonは当たり前すぎて…まぁこれは使いどころのほうが大事だね。

なるほど、弱参照というのはこういうときに使うんだね、とか。ああ、思い出した。あそこスレッド安全じゃないわ。仕事行かなきゃ…だけど。休みの日に、雨が降っているときに、行きたくない。

自分の欲求に正直で何が悪い。

そういえば、僕が後輩に修正を依頼したら、フラグの意味を逆転させてた。「これで動きますから」。いや、おい、せめてフラグの名前を変えろよ。と説明したが、ぽかーんとして「動くんだからいいじゃない」というような顔をしていた。師匠の気持ちが少し分かった気がする。弱参照とかスレッドセーフとかそんなレベルじゃねえ…。

DB屋をやってたときはひとつのプロジェクトに、SEが2~3人いて、プログラマが10人くらいだった。コードが腐敗しまくっても流れるゆる~い仕事だった。僕も他人のプログラムが腐敗していても気にしなかったし、自分のプログラムが腐敗しまくっているのも気がつかなかった。そこで、二人のギークと言うかハッカーというか、それ的な人々と仕事する機会に恵まれた。

きしださん
http://d.hatena.ne.jp/nowokay/

中島さん
http://www.k5.dion.ne.jp/~chikamky/index.html

などであるが、当時の僕は彼らが何を言っているのか分からないが、少しだけコードにこだわりを持つようになった。しかしそれほど接触が深かったわけでもないため、僕の中で何かが変わりつつある程度だった。でも「別のもっと高度なことやってる職場に行きたい」気持ちは少しずつ高まっていた。

で、現在の仕事について、自分がバイナリも全然分からないままゲームプログラマになったことを後悔した。後悔したが、いまさら福岡に帰れない。帰る金もない。ただし、バイナリなんてものはひとたび慣れてしまえばなんてことはなく、すぐに中堅くらいにのし上がった。しかし、きつい仕事のためかどんどんやめて行き、残ったのは僕と、レベルの高いのと、新人のみとなった。

それでも前回のプロジェクトにてそれなりの仕事をやって自身をつけていた僕はがんばったが、今の師匠に言わせると「ゴミ」だそうだ。しかしそれでも、自分のレベルがあがったことは知っている。

事実、外注のゲームプログラマのソースコードを読んだが、この僕が「うわぁ」って思うコードだった。C++なのに、

void function004_001()
{
~略~
}

こんなコードがそこかしこに…。

こういうのに呆れるレベルには達した。しかしCEDECで講演している人の言うことはさっぱりわからない。つまり、僕らは今下の下から、下の中くらいにあがってきたところと言うことだ。しかし、このレベル階層はピラミッド型で、下が一番多いと思われる。

はやく上に上がりたいと思う。

なぜなら、上の人がそういう知識を公開してくれているのに、それをまったく理解できないならばもったいなさすぎるからだ。せめて理解できるようになりたい。

ちなみに、CEDEC2008の資料が閲覧可能なんだけど…あれ、ええのん?

|

« …おえっっ | トップページ | スマータボインちゃん »

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/47439038

この記事へのトラックバック一覧です: 今日は日曜だけど仕事に行こう:

« …おえっっ | トップページ | スマータボインちゃん »