« 今日の晩御飯 | トップページ | 全てはSimplifyでうまくいく »

例の件について、いろいろと調べてしばらく考えてみた。

うーん、色々とわかりました。ある意味、このまま行けば日本の危機かもしれないことが。少なくとも真剣にそう思っている人が、あの時ニコ動に書き込んだのだと、信じています。

なるほど、私も平和ボケかもしれません。ただし、そう思うのならば、わが国でも徴兵制を復活させてはどうでしょうか?

これについて私もずいぶん前の記事で書いた覚えがあるのですが、なんか記事消えてるのか見つかりません。どっかに書いたとは思うんですが、

どういう論旨かというと、まぁ、よく書いているとおり、僕の周囲には韓国の人が割りと多いです。で、彼らは兵役のために韓国へ帰ります。知り合いの韓国人で日本で会社の社長をしている人がいたのですが、彼もナンバー2に会社を任せて兵役に行きました。

再び日本にもどってきた彼に、兵役の感想を聞いてみると、まぁ、やっぱり非日常ですよ。なんだかんだ言っても、平和ボケしていると言われる日本人は太刀打ちできませんよ。

テコンドーも武道と言うより、そこでは軍隊格闘技だから、だいぶ違うらしい。

このままでは、誰かに頼らない限り、個人レベルでは太刀打ちできない。だから、兵役でも徴兵でも何でも良いからやればいい。とかいう趣旨のことを書いていた気がするのだけど、まぁ、過激なので、反響すごくて消しちゃったのかもしれません。

そういうことでしょう。口でナンボ言ったところで、平和ボケはなおりゃしませんよ。兵役でも行って戦争ってのがどういうものなのかの片鱗でも味わうといい。もちろん僕も含めて。

なるほど、交渉ごとでも彼らが強いのも分かりますね。危機感の欠如ってやつですね。

嫌でも気持ちが変わるでしょうし、NEET問題も少しは解消するんじゃないでしょうか?

でもオタク市場はなくならないでしょうねー。兵役中でもアニメのことを考えたり絵を描いたりしてたらしいですから。

まぁ、実際彼らのしっかりしている源泉はこういうところにあるのかもしれません。平和ボケした我々がいくら言葉ばかり叫んでもやはり弱いのではないでしょうか?

政治家に全責任をおっかぶせるのではなく、国民、政治家すべてが、危機感を感じてこれからの方向を考えていくような仕組みができないか、これからしばらく考えてみます。システム屋ですから。仕組みを考える仕事ですから。

と、まぁ、ここまで、過激にすっ飛ばしたわけですが、やはり、ニコ動への無差別コメントは場違いであり、ネットマナー違反ではないでしょうか。興味のある人に見てもらわないと意味がないのでは?ゲリラ的に注意を喚起するという点においては私に対しては成功しましたが、それ以外の人たちからは「赤字死ね」「うざい」とかが連発され、逆にright wingな方々への悪い印象をもたれたのではないでしょうか。

今日はプログラムの記事を書く予定だったのだが…あらぬ方向に進んでしまった。

なお、明日からまた仕事(GW?なにそれおいしいの?)なので、今日みたいに返答返せません。

コメントいただいても返事が遅れると思います。でもきちんと考えて、確実に意見を返していきたいと思いますので、コメントくれる人、ROMの人ともども、よろしくおねがいします。

|

« 今日の晩御飯 | トップページ | 全てはSimplifyでうまくいく »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例の件について、いろいろと調べてしばらく考えてみた。:

« 今日の晩御飯 | トップページ | 全てはSimplifyでうまくいく »