« 休まない三連休 | トップページ | 最近 »

かけた時間≠魅力的な絵

まぁ、今回、時間かけたとはいえ、数時間なんですけど、基本一枚につき1時間かけない僕としては数時間は相当な投資だったわけだ。

なのに…評価は0点。
これが現実である。30分以内…もしくは5分以内に描いた絵に負けているのである。
で、もっとも最近に描いた絵なので、熟練度も最高なわけだ。なのに何故っ…

と思うが、作者である僕が閲覧者とは違う方向を向き始めてしまったということがわかる。
これが分かるシステムというのは非常にありがたい。

勿論描いている最中というのは楽しいので点数とか考えてない。でも投稿後は気になるし、次回のモチベーションにもなる。

なので、点数をとるために頑張るべきではないけれども、点数を真摯に受け止めるのは必要だと思う。

過去の大画家のように、「他人からの評価を気にせずに絵を描ける」人ってどれくらいだろう。
あまりいないんじゃないかな。ビジネスでもそうだけど、顧客との価値観がずれたものは売れない。あたりまえだ。
たまに、そのずれたものが、ものすごい大ヒットすることもあるが稀だ。
天才の仕業だ。

凡人は、評価をしっかり受け止めて軌道修正すべきなのだろう。

とはいえ、これで分かったことが、私の場合はあまり時間かけて描いてはいけないということだ。モチベーションが「評価」によって左右される以上、時間をかけて描いた絵がそれだとダメージもでかい。実を言うと描く気がちょっと失せた。こんなときは無理やり描くに限るが、…まぁ、とにかく時間をかけようが、かけまいが閲覧者を楽しませるかどうか。ここを考えなければならない。

芸術を行う思考としては不純かもしれないが、評価がないとモチベーションが下がることが分かった以上、そのように描くべきだろう。

序盤の頃は、評価0だろうが閲覧者0だろうが、まぁ、がむしゃらに描いていて、そのうち評価もらって、いい気になってガンガン描いて、そこで今味わう低レベルな挫折。

序盤のうちは受けるダメージは小さいに越したことは無い。なので、あまり時間をかけずに数をこなしていこうとおもう。絶対に1枚に1時間以上かけない。そういうルール。基本は30分以内に描き上げる…

それがこれからの絵を描く方針。

|

« 休まない三連休 | トップページ | 最近 »

Pixiv」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: かけた時間≠魅力的な絵:

« 休まない三連休 | トップページ | 最近 »