« 負けたぜ… | トップページ | 実家に帰ってきました »

せーんきょっせんきょ!

あかるいせんきょー

というわけで、里帰りから返ってきた管理人です。いやぁ、里に帰ると

太りますね!

それはどうでもいいんですが、明日選挙ですね。自分の過去記事見ると結構選挙ネタがあって驚きます。憂国?面白半分?どっちでもいいですね。

さて、今回、やたらと、○○党の草の根戦略がウザッたいです。とある宗教と密接にかかわっている○○党に入れてくれと言うお願いが活発になってきて、まぁ耳をふさぎたくなります。

(一応、選挙前なので党名、宗教団体名は伏せておきます)

もしかしたら、何処の話か分かる人も居ると思いますが…。

気を悪くしないでね!!

あの、悪気はないんですが、勧誘とか、「○○さんに投票してくれ」は本当にウザいんで…。多分一部のおいちゃん、おばちゃんのせいだから、君たちのせいではないからね!!

分かってると思いますがね、一応、「戸別訪問」「投票干渉」は、選挙違反になりますからね!!(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%B8%E6%8C%99%E9%81%95%E5%8F%8D)

まぁ、そんなこんなで、飲食店の主人やらに「お願い」されているわけです。こういうことに干渉されるのは大っ嫌いなんです。あの、僕がそういう不正っぽいことをものすごく嫌悪する人間ってことくらい、長い付き合いだからわかるでしょ!?っていいたくなりますが。

まぁ、僕は「うん、大丈夫!!まかして!!」とニコニコしながら言います。絶対投票しませんが、嘘は言ってません。僕の考える中で、一番マシに考えている人に投票しますということですから。

ちなみに

友人、企業、親戚における人間関係の束縛を利用して投票させようとか考えている軟弱な党には絶対!!絶対投票しませんから!!あしからず

なお、今回里帰りしてたのですが、普段音沙汰もない親戚が来てたそうです。何の用事って?「投票誘導のための戸別訪問」ですよ。親戚関係の場合、選挙違反にならないんですかね?

で、うちに来て散々投票誘導をした挙句に、俺のいとこの住所を聞いてきたそうで、知らないふりを通したそうです。言っておくけど、悪事に加担する気はない!!

ということで。僕もかなりこの件に関しては潔癖ですが、僕の家族も、まぁ、当然協力する気持ちはない…と。

…かなり悪態吐かれましたけどね。ちなみに実家の親は、「事前投票してたからもうおそい」と、突っぱねたんだそうで。不可逆の力を味方につけるのはアリですね。

後で聞きましたが、他の親戚から僕のいとこの住所は聞きだして、わざわざ隣の県なのに投票のお願いをしに行ったそうです。家族総出で…。まぁ、奴らがそのためだけに大阪まで来れるだけの信念があるんなら、「その心意気や良し!!喜んで投票してやろう!!」って言いますが、そこまでの信念はないようです。残念ですね。

さてさて、ここで考えてみましょう。確かに、その親戚や飲食店の主人は信者です。でも、投票と何の関係があるのでしょうか?

政教分離は何処に行ったのでしょうか?

まぁ、そんな綺麗事というか建前はいいんですが、彼らの行動原理は何か?

非常に興味があります。

行動原理予想

  1. 某宗教が栄えれば、死後、ユートピアに行ける?
  2. ○○党が政権をとることによって、日本をユートピアにしてくれる?
  3. 信者は投票誘導のための戸別訪問が義務付けられている?
  4. 某党の議席が多ければ世の中がよくなると本気で信じている。世の中のためだと思っている?
  5. 何か知らんけど、単なる嫌がらせ?
  6. なんとなく

1に関しては、この宗教は「某呪文」を唱えればユートピアにいけるのでドグマと反するので違うでしょうね。

2に関しても狂信者ならともかく、フツーの思考ができればそんなことが―少なくとも自分が生きている間は―不可能であることがわかるでしょう…本気で2を考えているなら非常に怖いのですが…。

3は…これもありそうでこわいんですが、一般市民の無知さにつけこんだやり方ですね。義務といっても直接「こうしなさい」ってんじゃなくて、それを連想させるようなことを言うのではないかと

4は、これはありそうだろうか。弱者を救うような論調だし、Wikipediaで調べました。一応政策はまともなことを言っているようです(つっても何処の党も文面だけ読むとマトモな事を言ってるんだけどね)。いろいろと、ざっと読む。一応、「公共事業で何とかしよう」色が強いのが伺えますが、この辺は市民感覚に反するのではないかと思います。

でも選挙演説等ではあまりそこを強調していないようですね。何処の政党でもそうですが、有利になる点(市民が喜ぶ)を強調し、負担になる点(市民が嫌がる)を弱く言う、もしくは言わないのは当然ですね。

で、有利な点とは何かというと福祉です。そうするとどういった客層に受けるかと言うと、お年寄り、障碍者、ビンボー人ですかね?非常にひどい書き方で申し訳ないのですが、とりあえず勘弁してくださいね?で、結構難しいのが、この「ビンボー人」。さて、何処からが貧乏なの?

ちなみに、僕の実家は僕の倍くらいの収入があるのですが、部屋いっぱいの20万位するテレビを買ったり、頻繁に旅行に行ったり、新車を買ったりしています。でも、彼らは自らを貧乏人と言います。

僕は彼らの半分くらいの収入ですが、決して貧乏だなどと思っていません。実家に帰ると若干そんな風に考えますが、通常は貧乏なんて思えないですね。足るを知れと思いますが…。

話が逸れましたが、ビンボー人ってのは「本人が貧乏と思っている層」だと思われるので、よくわかりませんね。そういうことならマルクスレーニン党でも良いんじゃないかと思いますが…。まぁ、福祉を必要とする人は、これはあるのかもしれません。

さて、5.ですが、嫌がらせにしては、エネルギーを使いすぎてると思うので違うでしょうね。まぁ、お願いされる側にとっては嫌がらせなんですけど…。

6.のなんとなく、これは結構あるんですよ。「なんとなくで政党を勧めるなんてけしからん!」ですって?いやいや、最近知った言葉に現状維持バイアスってのがありますので、これを使って説明してみようかなとか思います。

人間ってのは損失を非常に恐れる性質があって、そのせいで、あまりよくない現状であっても現状を維持しようとします。こういった性質のために特に意識しない限り、これに引きずられるらしいです。私やこれを読んでるあなたもですよ?

ええとね、大体、僕の知っている、あの宗教の信者の入信動機は、何かというと

  • 親が信者
  • 親戚に勧められた
  • 友達に勧められた

が大半です。もちろん、何らかの理由で入信することもありますが、僕と同世代の人々は「自分から」ってのは少ないようですね…というか居ませんでしたが。

と、実を言うと僕の親も若い頃は会社の友人に勧められて信者になったそうです。非常にボロボロだった時期に、友人は親切にしてくれ、入信したら、他の信者も非常によくしてくれたらしいです。助け合い―これはメリットですね。でも脱退したそうです。

もう信者ではありませんが。脱会の動機は、「一口いくら」の寄附を求められたからだそうで、「一口いくら」ってのが、カンに触ったらしく、僕の性格もそうなのでわかります。「信仰心を金で測りますか、そうですか」ってところでしょうか、ある程度助けられた恩義はあるが、その思想はそれ程に頂けない。

その反動からか、ワシらは親子そろって拝金主義者ですけどね。でも、その友人との友情は壊れてしまったそうです。お互い理解できない価値観なので、壊れてしまいますね、当然ですね。

また脱線しましたが、まぁ、そういうこと。入信の動機は確固たるものじゃないのではないかと推測できます。
じゃあ、なぜ脱会しないのかというと、そこに現状維持バイアスが働くと仮定できます。

もともと、誰かに勧められて入信していた場合に、今さら脱退することの損失、リスクとは何か?

  • 友情が壊れる
  • 家族の縁を切られる
  • 親戚の縁を切られる
  • 嫌がらせを受けるのではないかという漠然とした恐怖
  • 助け合いのメリットが失われる

でしょうか?リスク高いですねー!!怖いですよ。僕なら…いや、抜けられないかも。僕が物心着く前に脱退した親に感謝します。親子の縁を切られるのはかなり、リスク高いですから。

さてさて、なんとなくの恐ろしさ、理解いただけたでしょうか?さらに恐ろしいのが、サンクコスト効果ってやつです。

これは、既に投入済みの「取り戻すことのできない」費用(お金だけじゃないよ)を惜しむ気持ちですね。非常に人間くさいんですが、立派に意思決定に影響を与えますね。

あ~、僕は信者じゃないんで、信者である友人からの情報です。

まぁ、一口いくらってのも、多少払っている、と。大した額じゃないが、払っているのとそうでないのとでは、周囲の反応が違うらしい。当然だろう。まぁ、これも「なんとなく」払っているのが現状だそうだ。

で、色々な行事のために「時間」をあける必要があるそうだ。本人は仕事だの何だの言って行かない事もあるそうだが、奥さんは家にまで迎えに来るそうだ。まぁ、仕方ないね。

そんなことは問題じゃない。で、ここで、払っているコストは何か?

・多少のお金と時間

これによってますます脱退しにくくなるのではないでしょうか?更に言うと、これだけ投資しているのだからご利益はあるはずだ。今幸せなのはこの宗教のおかげだと。素晴らしいですね!

素晴らしい宗教なので他の人にも入ってもらおう!!入ってもらわなくても、あの宗教が推薦している政党を応援してもらおう!!きっといい世の中になるはずだよ!!

色々と考えましたが、行動原理はいまだに分かりません。ごめんなさいね。

いい世の中になるかもしれませんし、ならないかもしれません。私にはなんともいえませんね。某政党をそれほど嫌悪しているわけではないのですが、とにかく僕に勧めれば勧めるほど逆効果だということです。投票は個人の考えで行われるべきです。

それでは皆様、せーんきょ、せんきょ、あかるいせんきょー!に行きましょう!!

追記:

一応、どの政党の話か特定できないよう配慮したつもりですが、もし、選挙に影響を与えるようなら一時消しときます。

あと、投票する前にこういう本を読んでおくといいかも。って、もう遅いですか?非常に面白かったです。図書館で読んだ本をアフィリするセコい俺なのさ。

|

« 負けたぜ… | トップページ | 実家に帰ってきました »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: せーんきょっせんきょ!:

« 負けたぜ… | トップページ | 実家に帰ってきました »