« 無職生活 | トップページ | 尖閣諸島問題 »

英語メモ

http://video.google.com/videoplay?docid=3897010229726822034&q=engedu+debugging#

とか聴いている。まぁ、字幕もついてとっても便利。シャドウイングの練習もできるね!!
一応プログラム関係なので、それなりにわかるのだが、聴いていて、ん?って思ったところをメモ

  • 1221はトゥエルブトゥエンティワン
  • 237はトゥーサーティセブン
  • copasetic すばらしい、順調な
  • figure out 答えを出す、考え出す→テーレッテレー!
  • mess up 散らかす、滅茶苦茶にする、間違える
  • gee whiz ウヒョー!マジデスカー!!キター!!
  • presumably たぶん、おそらく。(プリズーマブリーと発音)
  • nullはヌルではなく、ナァルもしくはノゥルと発音

中学、高校で教えられたのと違う箇所は上の二つ。今の教育はどうか知らんが、基本俺たちのときは年号以外は例外なく
one( or a)-thousand two-hundreds twenty-one
two-hundreds thirty-seven
だったんだが…まぁ、プログラムの説明でハンドレッズだのサウンザンツだのは余計すぎるからなぁ…。

figure outは学校では、理解する、分かるとかそういう意味で教わったが、なんかそれだと今ひとつ意味が繋がらなかった。この訳語も間違ってないんだろうけど、たぶん若干ニュアンスが違うんだなぁ…。ちなみにfigureには「計算する」ってな意味がある。おそらくプログラミングっぽい意味で、答えを出すとか解決するだのそういう意味になる。だから僕としてはコンピューター的に「テーレッテレー(ねるねるねるね状態!)」ってなイメージで覚えたが…。

mess upは僕が知らなかっただけ。mess自体に、めちゃくちゃだのごちゃごちゃだのいう意味があるから、そっからなんだろうけど…なんでup?教えて偉い人。

presumablyも知らんかっただけ、よく考えたらpresumeが推定するって意味だから、まぁそんな感じの意味なのは推測できたはず…修行が足りんですばい。

null…これはねぇ。日本のプログラマさん気をつけてください!
発音記号は
[nʌ'l]
もしくは
[nuhl]
と発音するようで、後者のほうも
どう聞いても、ノウルって聞こえるんですよ。え!?俺だけ?まぁ、文脈上nullってのはわかるのですが、しゃべる人によってはマジでナァンとかノゥとかに聞こえるんで、マジで。

|

« 無職生活 | トップページ | 尖閣諸島問題 »

英語」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 英語メモ:

« 無職生活 | トップページ | 尖閣諸島問題 »