« 高くて買えない本 | トップページ | 少しだけ…荒れてた »

退職願

退職願を、出しました。
最終出社日は9月17日だから、もうすぐだね。結構仲が良い同僚も多かったので、さびしいです。

…そう、僕は、ゲームの学校に行ったわけでもないし、プログラミング始めたのが大学卒業後なのに、職業プログラマに、しかもゲームプログラマになれるなんて思っても見なかった。

採用通知が来たときも、喜びより、「…嘘やろ?」って思いました。
それから、6年ちょっと。ゲームプログラマとして、最期にいい師匠にもめぐり合えました。
プログラマとして何が必要なのかも教えていただきました。

6年というのは、ちょうど、小学校に入って出て行くまでですね。僕は引越しが多かったので、同じところに6年以上いたことなんてなかったのですが、それだけに寂しさもひとしおですね。

辞める理由?
明確な理由はないんです。…ただ、僕の中の何かが、辞め時だと言ってるだけ。

ゲームの世界に6年間。なるほど、一般人からの風当たりは強いです。会社が移転したときもやたらと周囲の住民が反発していたようですし。

まぁ、残った社員さんは咥えタバコで出勤とかやめてくださいね。ホント、タダでさえガラが悪いんですから。

あと、ペド野郎は、小学校のプールとかあまり眺めないように。

タダでさえ風当たりが強いのだから、個人としては他の職業より気を引き締めないとと思っていました。世間のクソ共は

「漫画が悪い、アニメが悪い、ゲームが悪い」とかいう人も、まだいる。

ハハハ、どうして、その責任の対象に「自分達」が含まれないんでしょうね。
…ねぇ。そうやって、自分じゃないところに責任を求めるから、何も解決しないんじゃないですか?

まず自分の足元を見れば?
「漫画が悪い、アニメが悪い、ゲームが悪い」って言いながら、テレビ見てるんじゃない?

ニュースはいいの?ドラマはいいの?映画はいいの?
その根拠は?

…ねぇ、いや、僕もたまに実家に帰って、親や旧友と会話すると、こう感じます。

どこかで聞いたような言葉、何処かで聞いた様な思想…

…一体僕は誰と会話してるんだ?コイツの価値観はいつの番組からの借用だ?

社会が悪い、社会が悪い、社会が悪い、…そうなの?
あれ?なにその車、そのでかいテレビ。それは社会から与えてもらったものじゃないの?

そう、自分らで責任を取りたくない人種が見る番組には「社会が悪い、ゲームが悪い」って言っているでしょう。それは気持ちがいいです。「いたわりロボット」ですねそうですね。

それでいいんですよ。弱者はそうしないと生きていけませんからね。そうやって弱者をいたわり続けた結果、自分で責任を取れない惨めな人間が引き起こした事件の数々…

秋葉原通り魔事件


「彼女がいない、この一点で人生崩壊」 秋葉原殺人犯の孤独と苦痛


孤独と苦痛だって?アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハ。

…この構ってちゃんを擁護する阿呆。何で擁護するのかって、自分も弱者だから弱者の気持ちがよ~くわかりますと。

ふざけるなっ!

そうか、そうですか。ああそうですか、では、彼女もいない僕が失業してからどうなるか見ていてください。こうなりますかね?こうなるかもしれませんしならないかもしれません。

ならなかったら俺の勝ち、女にもてなかろうが派遣社員だからだろうが、関係ないってことの証明になるよね。

ようし、こうなりゃ意地でも立派になって見せましょうよ、ねぇ、俺様ちゃん。ここから這い上がって、責任転嫁、構ってちゃん擁護のクソ共の目にものを見せてやりましょう。

|

« 高くて買えない本 | トップページ | 少しだけ…荒れてた »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/49356880

この記事へのトラックバック一覧です: 退職願:

« 高くて買えない本 | トップページ | 少しだけ…荒れてた »