« 警備員というお仕事 | トップページ | 自己啓発書の著者について »

一階の住民がひどいその2

えーと、まぁ、僕は仕事をやめた関係上、昼間も家にいることがあります。
で、昼間も家にいるときにわかったのは、一階の住民が朝だけでなく、一日中ヒステリーであること、
虐待の可能性があること

等わかってきました。

なぜかというと、最近は段々声が大きくなって、何を言っているのか完璧に聞き取れるからです。

このヒステリーのお母さん、3人の子供のうち、真ん中の子にだけ、執拗に怒鳴り散らします。真ん中の子が特に悪ガキというわけでなく、3人仲良く遊んでいて、なにかトラブルが起きたら必ず真ん中の子が怒られています。ものすごく大きな金切り声で。というか、もう、何かにとり憑かれているような声になっていますよ…これ。

他の子を叱るときと何やら声のトーンも違いますし、言葉遣いも変わる…なにより、他の子を叱る時は床を踏み鳴らさない。

これは、もう明らかに真ん中の子を「憎んで」います。

さらに、一番下の子は、このキチガイ母を観察し、変なズルさを体得してしまいました。兄弟で遊んで、自分が不利になると直ぐに泣き出します。はっきり言って嘘泣きです。嘘泣きですが、キチガイ母さんは真ん中の子に「大きな音による」虐待を行います。

その大きな音は、踏み鳴らす音かもしれませんし、真ん中の子を床にたたきつける音かもしれません。

でも、大きな音、子供にとって突然の大きな音ってのは、それだけで虐待になると思いません?

で、僕は、これ、警察に相談しようか、どうしようか悩みます。

昔「虐待の痕跡がなかったらくさ、警察はうてあわんとよ」ってな事がありました。うてあわん→相手にしない

通報したうえでK察が動いてくれんかったら悲しすぎるばい。
確かに、家庭内のことやけん、痕跡もないのに決め付けてしょっ引くことはできんやろうけど…。

まぁ、肉体的なことで彼が虐待死することはないでしょうが、心はおかしくなるでしょうね…。そうね、たしかに次男だけが挨拶を返さないし、こちらを変な目で見る。

いっとくけど、他の二人は普通に挨拶返す。

ね?なんか、もう、違うでしょ?

連れ子か何か知らんけど、扱いの差って、これも虐待だよね。子供って、一番近くにいる兄弟とかと比べて自分の価値を決めるからさ…。

なんていうか、こういう心理的虐待をどうにか取り締まる方法ってないもんですかね…。
心が痛いよ。さっさと引越ししよう…。

|

« 警備員というお仕事 | トップページ | 自己啓発書の著者について »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/49773916

この記事へのトラックバック一覧です: 一階の住民がひどいその2:

« 警備員というお仕事 | トップページ | 自己啓発書の著者について »