« 英語メモ | トップページ | 長柄橋 »

尖閣諸島問題

全然興味なかったけど、英語の勉強しようと思って
http://asia.wsj.com/home-page
とか見たら、トップに尖閣諸島問題がありましてね。

http://asia.wsj.com/video/antichina-protest-in-tokyo/418A48EB-9609-454A-8A7B-5EC6516251A3.html

まぁ、渋谷でデモやってるところの映像があるのね。そう…今日俺は大阪城から豪雨の中、豊中まで泣きながら自転車で突っ走っているとき、東京ではそんなことがあったのか…と。

マジで泣きそうだったんだが…。あとまぁ、ビデオ見るときにやたらとCM入るのが相当ウザイが…向こうさんも商売だから仕方ないか。

あ、すっげぇ、話逸れてますね。まず、尖閣諸島問題なんですけど、そもそも尖閣諸島ってどこよ?

尖閣諸島 - Wikipedia

ふーん。大体、沖縄と台湾の間にある島で、無人島なわけね?で、そんな無人島が何で物議を醸しているの?と、まぁ、答えをググる前に予測してみようか。まぁ、無人島がもめるのは大抵、領海とか、要は、何処までが日本国のものかとかそういう話で、近隣諸国ともめるのよね。
で、位置関係からして、台湾or中国だが、大体もめるのは中国だろう。竹島での韓国との揉め事と同じなんじゃないかと…。

さて、大体予想してみたところで、ググッて見る。

尖閣諸島領有権問題 - Wikipedia

はいキター!なるほど、中国、台湾、日本で、取り合いやってるわけだ。非常にややこしいな。台湾は近いから分からんでもないが、中国は…まぁいいや、いつものことだ。

で、Wikipediaでは、

日本は、日清戦争中の1895年1月14日から一貫して尖閣諸島を領有しており、沖縄県石垣市に属する。

日本政府は尖閣諸島の領有状況を1885年から1895年まで調査し、世界情勢を考慮しながら、いずれの国にも属していない事を慎重に確認したうえで1895年1月14日の閣議で決定し沖縄県に編入した。 国際的にも日本の領土と認められ、日本人も入植した。 アホウドリの羽毛の採取や海鳥の剥製の製作、そして鰹節の製造などが行われた。

だそうだ。日清戦争まで遡りますか、115年以上前ですか…ていうか、日清、日露、日中で勝っている日本が発言力において、ロシアや中国に非常に弱いというのは、なんか納得いかないんだが…。
まぁ、昔の話ということか?いやいや、昔の話は関係ないとか言い始めたら、国境の問題とか滅茶苦茶になりますがな…ていうか、それを敢えてひっくり返して滅茶苦茶にしようってわけなのね…。

で、そんな昔の話が、何で今更また、蒸し返されてんの?

尖閣諸島中国漁船衝突事件

ああ…またやらかしたのね?
こう、なんか、もう、わざとやってるとしか…。

で?何?なんでデモとかやってんの?すっげー大人数で。

海上保安庁は公務執行妨害と違法操業の疑いがある中国漁船の船長を逮捕。その後、船長は日中外交に配慮した日本の判断にて拘留期限を迎えることなく処分保留で釈放された。

あー、その対応に対して腹たててんのかな?

一応中国政府は

尖閣諸島(中国名・釣魚島)沖の日本領海内で起きた中国漁船衝突事件を受けて、中国政府が、同諸島近海で、漁業監視船による自国漁船の護衛とパトロールを常態化させる方針を固めたことが27日、わかった。

だそうだが、何か問題でも?

次席検事が船長の行為に計画性が認められないとし、また日中関係を考慮したとして[5]、中国人船長を処分保留で釈放すると突如発表

あー、この辺が、何やら変な憶測やら、感情的な何やらを煽りそうだよなぁ…。まー、デモが大規模なのは日曜ってのもあるけど、失業者が多くてヒマで燻ってる連中が、こう、ドゥワーっ!っと。こう、事が大きくなってくると、一般の頭の悪い連中が碌でもない事をやらかさないか心配だ……

兵庫県の神戸中華同文学校は日本の右翼分子から『学校を爆破する』との脅迫電話を受けた」と報じた[31]。脅迫を受けた神戸中華同文学校は警察に通報し、18日午後を休校とした。また、神奈川県横浜市の山手中華学校にも脅迫の手紙が寄せられ、さらに同記事は「東京や大阪などの華人向けの学校でも類似の脅迫電話が相次いでいる」と報じた。

……やらかしやがった。酷すぎる。頭が悪すぎる!こう、抗議したいなら頭使え!弱い所にばっかし嫌がらせしてんじゃないよ!!この下衆めが!!

いやね、俺が福岡にいたときも、チマチョゴリが切り裂かれるだのなんだの、そういう下衆な事件を耳にしてたからさ、いや、弱いのがさらに弱いのを攻撃するのは、自然の摂理ですよ。ですよ。でも、それ、やっちまったら、もうお前ら、人間じゃネェよ。

まぁ、彼らのような人間は一生幸せになることはないだろう。ロシュフコーってひとがこう言ってた。

賢者を幸福にするには、ほとんど何も要らないが、
         愚者を満足させることは、何を以ってしてもできない。
ほとんどすべての人間が惨めなのは、そのためである。

まぁ、こういうエラソーなことを言っている僕自身も、ロシュフコーにかかれば

人は、ふつう、悪意より、虚栄のために、悪口を言う

…まぁ、なんだ。僕は今回、下衆な人を批判したけど、下衆を見下すことによって、自分のプライドを保とうとしてるのかもしれない。

そうでなければ、こんなネタわざわざ書かなくてもいいのだから…修行が足りないという点においては、僕も下衆の一員なんだろうねぇ~。

まぁ、ずぶ濡れになった腹いせですよ。実際は。

|

« 英語メモ | トップページ | 長柄橋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣諸島問題:

« 英語メモ | トップページ | 長柄橋 »