« 一階の住民がおかしいその3 | トップページ | DXTに関するメモ »

モラル・デリカシーのないオバハン

交通整理してると、モラルのないおばちゃんが目立つ。

勿論、全てのオバちゃんがそうではない。大半のおばちゃんは、挨拶してくれるし、こちらの掛け声に反応してくれる。

だが、中高生は大抵言うことを聞く。更に言うと中学生までは、工事現場などでは走って通ってくれる。恐らく職業の貴賎などを考える以前の子らだ。

ところが、大学進学以降、進路のことを考え始めると、自然と職業の貴賎について考え始める。学校では「職業に貴賎なし」と教えられているはずなのにね。

つまり、大人になればなるほど、警備員という仕事を見下している人が多いように感じるし、第一、言うことを聞かない。「なんで私が下賎なる警備員の命令に従わなきゃならないの!フガァ!!」ってな態度である。英語で言うとattitude

今朝などは酷いババアがいた。勿論、工事というのは歩行者、自転車優先だ。歩行者に危険が及びそうな場合は笛吹いて工事を止めてもらうことも多い。

だが、どうしても、歩行者の側を止めなければならない場合もある。工事を止めるといっても、急に止まれない作業もあるからだ。止めないと危険なのだ。下手をすると命の危険まである。この場合は、身を挺してでも止めるのだが…たいていは赤旗を出すと止まってくれる…そうでない場合はあからさまに進行をさえぎります。命にかかわるので。もちろん、その際にも機嫌を損なわないよう、「すみません」と頭を下げる。はっきり言って、悪いのは静止を無視する人間なのだが、それが仕事だ。

今日もそうやって止めようとしたのですが、スゴイババアで、彼女はこちらを睨み付けながら、旗を手で叩いて入ってしまった…あまりの事に一瞬呆然としながらも、ババァを守りながら笛を吹いた…。本当はこんなババア死んでもらったほうが世のため人のため、そして消費酸素が減って自然のためにも良いんでしょうけど、これで怪我でもされたらね…。こう言うババアに限って、鬱陶しいし、また、その血縁者も同様だろうしね…死にでもしたらどんな謝罪と賠償を要求されるか…。

そこまで酷いババアじゃなくても「ごめんねー」とか言いながら、すり抜けて来るのもいる…死にたいのか!

まぁ、本当にこんな人間ばかりなら、午前中だけで、心労が元で俺が死んじゃうんだが…まぁいい。殆どが善良な市民でありがたい事です。

そして昼に、またもや別の嫌みったらしいババアが二人バス停で…こんな会話をしていた。

クソババア1「あたしね、警備員とか信用してないのよ」

クソババア2「え?なんで?」

クソババア1「こないだもね、上からなんか落ちてきて…痛ましい事故だったわ」

(え?そんな事故聞いたことないねんけど)

クソババア2「あー、私もワイドショーで見た見た」

(TVかよ!まぁ、くだらない人間の典型ですなぁ…TVの知識で…まぁ自分で警戒してくれる分にはありがたいんですけど…声が大きすぎない?)

クソババア1「だから私は自分で警戒してるの」

(まぁ、お前さんの警戒能力より、俺の現場把握能力のほうが上だが、自分で警戒してくれる分には構わない。だけど自分の警戒がショボくて怪我したらどうせこっちの責任にするんだろう?ねぇ、TV大好き人間ってのは「訴えてやる!」とか、そういうくだらない知識で頭がいっぱいだからねぇ…?)

クソババア2「ねぇ、これ、何の工事してるの?」

俺「詳しくは分かりませんが○○だと聞いています」(悪いけどこっちも詳細は教えられないままに現場に入ってるんよ)

クソババ2「えー?本当?そんなのやる必要あるの?」

俺「さぁ、ハハハ」

(知るか、バカ!くだらないこと考えて、くだらない行動する、お前らこそ生きてる必要あるの?死ねば?)

大体ね、その、ワイドショーとやらでやってた怪我だか、死亡事故だか知らんけど、朝のクソババアみたいなノーモラルが事故にあったんちゃうん?自業自得でしょ。基本はこちらに余程の落ち度がない限り、こちらの言うことに従ってくれれば、余程運が悪くない限り、事故に遭いませんよ。
それ以前に、お前らデリカシー無さ過ぎでしょう?人のことをとやかく言う前に自分のあり様を見つめなおしてみては?

あと、工事現場でも、飲食店警備でもそうですが、顔見て、品性が分かりますね。大体。何か最近あたるようになってきたんですが、挨拶して返ってこない人の顔と、キチンと挨拶返す人の顔は明確に違います。僕はほぼ全員に挨拶、もしくはお辞儀しますが、「あー、こいつは返さない」と言うのが段々当たるようになってきました。

確実に見下してるんですわ。

…まぁ、警備員さん同士の話でも出ますもん

「俺さ、警備員やってるなんて恥ずかしくて親戚に言えへん。」

だってさ、じゃあ辞めたらいいじゃん…他にいくらでも仕事はあるでしょうに。そんなアンタは無職より哀れですよ。なんて、言えませんけどね。

…今までポジティブな奴らに囲まれてきたせいか、こういうネガティブな空気が非常に目立つなあ。

俺が見下すのは、職業ウンヌンでなく、そういう「下賎なるものの考え方」なんですけどね。

|

« 一階の住民がおかしいその3 | トップページ | DXTに関するメモ »

警備日誌」カテゴリの記事

コメント

普通の方はわざわざ警備員を見下すなんてしません。読ませて頂くと一番見下しているのはあなた自身だと感じました。

投稿: | 2017年7月11日 (火) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/49788823

この記事へのトラックバック一覧です: モラル・デリカシーのないオバハン:

« 一階の住民がおかしいその3 | トップページ | DXTに関するメモ »