« 政府批判結構ですが | トップページ | 美容とか書くつもりはないけど »

ぼくはものをしりません

学校ってのはええ職場でですね、年に二回も勉強の場を与えてくれるというイベントをやってくれます。
今回は
「電話のマナー」の授業を取ってきました。なんでかっつーと、僕は実は電話応対など指導されたこともなければ、実際に電話を取った経験も、普通のサラリーマン、ビジネスパーソンに比べると、芥子粒ほどもない人間でございまして、正直電話が怖いのであります。

ビジネスマナーとか他人に教えている身分ではないのでございますよ。

と、その前にですね、新聞の読み方も某新聞社の人が講義してくれましたわ。まあ、どうせ新聞とか、ちゃっちゃかちゃーっとしか読んだこと無かったんで、読み方のポイントを教えてもらうのは助かります。

なんぞ豆知識から披露された。
新聞(朝刊)には12版~14版まであって、地域によって違う版になるらしい。細かいことはわからん言うてたが。ちなみに夕刊は(2~4版)。
この講義では、なんか朝刊が1~14版まで刷られるみたいにもとれる言い方をしていたけど、一応調べてみると12~14版らしい。
裏を取るのは大切やで。で、この版はそのまま時間に対応しているので、12版より14版が新しいわけで、12版が刷られた後に大ニュースが飛び込めば、急いでレイアウト変更して新しい版を作るってわけだそうだ。…大変やなあ。

で、新しく追加されると★マークがつくだのなんだの言ってたけど、なんか言葉を濁してたので怪しいので調べてみたが、ちょっと今のところわかんね。知ったところであまりメリットがないので、知らなくてもいいね。

で、なんだっけか、ああ、なんか見出しには色々と種類があって、スゲエ目立たせるためには真っ黒地に白の文字で見出しをでっかく、そして横書きにするらしい。英字新聞じゃありえへんやり方やネ。そういうところが日本新聞の楽しいところだね。

で、この黒字に関しても10種類くらいあるらしい。それほど黒くないものから真っ黒クロスケまで。

あと、白地に黒文字の見出しももちろんあるんだが、この白地の背景も、縞々とか、いろいろな種類があるらしい。これも重要度で、どれを使うかをレイアウト時に決めるらしい。

マジ時間がないときはこの見出しだけでも読んでおくと大体把握できるらしい。もっと時間がないときは明らかに重要度の高い見出しだけ見ておく…と。

で、もうちょっと時間があれば「リード」とやらを読むらしい。こいつは本文の第一段落目のことで、話の要点が最初に書いてあるらしい。だから、「結局なんなの?」ってところが第一段落に書いてあるってわけ。新聞ではさらにここを目立たせる工夫として、第一段落目だけを、行の長さを変えてたりするらしい。

まあ、ぶっちゃけここだけでいいんじゃね?みたいなことを言っていた。
でー、1面は、大事なニュースのピックアップ記事で、それぞれ最後にリンクが張られている。
大まかに言うと政治経済の話が1~3面で、4~5面は金融だかなんだからしい。その後に広告があって、株価が来て…
それ以降は、新聞社によって違うらしく、地方紙では地方ニュース、日経では企業情報とからしい。最後にテレビ欄なんだろう。

まぁ、正直どうでもいいが、次に実家に帰ったときには新聞をこの説明を意識しながら呼んでみよう。

うん、新聞の読み方も知らなかったんだな、俺は。ということで、今度この本でも立ち読みしてみよう




さて、次に学んだのが電話なんだが、マジこれね、俺はチャレンジャーなので、一番前の席に座りましたよ。
そしたら案の定、たどたどしい電話対応を披露することになりましたよ。いやいや、ここで恐れていてはいけないのだ。こういうところでは前に出てナンボなんですよ。実際。

で、ここで習ったNGワード

  • 目上の人に対して「ごめんなさい」
  • しょっぱなの「もしもし」
  • 「なるほどですね」
  • ~という形で(意味がない)
  • ~のほう(方角も比較も示さないものはNG)

ごめんなさい、って言葉は、本来、目上の人間が目下の人間に使う言葉らしい。
いや、俺、学校でも親からも「ごめんなさいと言え」と育てられたんだけど、まあ、山の片田舎の、将来の仕事が農作業な地域で教えられたことがそのままビジネスで通用するわけないな、うん。

ということは、「孤独のグルメ」の
「あ、ごめんなさい、それ来月からなんですよ」
と、お客に説明するおっちゃんは、わかってないっちゅーわけやね。

Photo

それ以前に「注文できないものをメニューに載せんじゃねえよ!!」と言いたくなるんですけど。

まぁここは一見さんお断りの店なんだろうな。本来は。

この後の「ですからごめんなさい」という台詞も「もうあんた来なくていいよ」ってのがわかる。

もしからしたら、最近の飲食店がへりくだりすぎているのに俺も毒されているだけなのかもしれないけどここは「まことに申し訳ございません、煮込み雑炊は来月からとなっておりまして…」
とでも言えばいいのに、とか思う。

余談だが、そういう意味でゴローちゃんはグルメな割には、碌でもない店に突入するのが好きなようだ。

Armlock

そりゃ、ココの店は、あかんやろ。いまどきアームロックされなくても潰れるだろ、こんな店。

さて、話がゴローちゃんにいきまくりだが、「もしもし」

これは先生によると「申す申す」が訛ったものらしく、あまり目上の人に使うべき言葉ではなく、寧ろ失礼に当たるらしい。

確かにビジネスマナーとして「もしもし」がNGってのは聞いたことあるし、それが一般に知られている以上は使うべきではないだろう。使うべきでないということを分かった上で、チョット疑問が沸き起こる。

申すってのは申し上げるで、つまり謙譲語なわけで、それ自体が語源ならば、失礼に当たるってのは、ちょっと納得しがたい。

というわけでググッた

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1313047668

うーん、なんかもっともらしいけど、微妙に煙に巻かれてる気がする

http://gogen-allguide.com/mo/moshimoshi.html

うん、まだこっちの方がしっくりきますね。ただ、それだったら「もしもし」がNGな理由がわからなくなるが、まぁ、なんかしらどっかで、ビジネスで「もしもし」は失礼だろう、ってな説がブワーッと広まって、それが定着してしまっただけのような気がする。

まぁ、どうでもいいんだけど、ビジネスで「もしもし」を失礼、NGワードとする人が大半ってことは要は「使うな」ってことだ。

使わないようにしよう。

ほかにも色々とあんねんけど、とりあえずNGワードはこんな感じらしい。
あと、言葉に厳しい人が「イラッ☆」とくるのが

~させていただきます

らしい。
…個人的には、えーっ、なんか丁寧な感じするんですけど。って思いましたが、こういうことらしいです。

~させていただく、ってのは本来、相手に許可を求めるだの、相手の命令があって行動するだのというニュアンスで使われるので、「責任放棄」「自信のなさ」がにじみ出ているらしいのである。

こりゃね、ガツーンと来ましたよ。いや、普通に使ってるでしょ、丁寧さをあらわすためにね。あまり使役や許可なんてニュアンスを意識してなかったけど、言われてみれば…ってところだ。

本来、「~します」を丁寧に言うのならば

~いたします

らしい。

あと、電話の相手が怒っていると「ごめんなさい、ごめんなさい」をひたすら連呼するのもNGらしい。
特に電話では、ごめんなさいという言葉だけでは誠実さが感じられないのだそうだ。「謝罪すればいいんでしょ」ってな意識を感じ取られるらしい。
連呼すればなおさらだね、連呼するって事は、とにかく何回も言ったら許してもらえる。頭下げて下向いてベロ出して「このやろう」と思っているってことでしょ
と、いうわけだ。

ここで、謝る前にたったひとこと「わたくしがいたりませんで」もしくは「わたくしどもがいたりませんで」「私の監督不行き届きでございまして」

を枕詞にすると、なんとなくこちらの誠実さが伝わるらしい。もちろんこれらも乱用は禁物で、上っ面だけになると逆効果である。

とにかく言葉面だけではダメっちゅうことや。

あと、誰か別の人に電話がかかってきた場合は、用件を承ってはいけない。
本人でないと分からないことを説明されて、説明された挙句にわからないでは、向こうは説明損になるからである。
これが続くと相手も嫌になるし、最悪の場合クレームにまで発展することがあるとの事。気をつけたい。
この場合に使える言葉は

「ご用件の向きを承りますが」

この「向き」ってのが重要らしい。要は「どういう話か」ってことを最初に聞いておく。それを担当者に伝えるなりすればいいし、その内容なら自分でナントカできそうなら改めて承ればいいわけだ。

と、まあ、いろいろと教えてもらったわけだ。非常にネ、この辺をお金出して教えてもらったりするとかなり金がかかるのでええ機会やったわ。

もうね、この職業に感謝するわ。ホンマ、ありがとさん



|

« 政府批判結構ですが | トップページ | 美容とか書くつもりはないけど »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/53586947

この記事へのトラックバック一覧です: ぼくはものをしりません:

« 政府批判結構ですが | トップページ | 美容とか書くつもりはないけど »