« 英語の勉強 | トップページ | 調子に乗ってまた借りてきた »

モチベーションが低下しているときは筋トレ

…お前は何を言っているんだ?
と言われそうですが、少なくとも僕にとっては「筋トレ」はモチベーション回復の手段です。

普段から運動している人なら、何とはなしに実感しているとは思うのですが、外をひとっ走りしてくると気持ちがすっきりしてやる気も沸いて頭も働きます。もちろんハンガーノックや低血糖を起こすほど走っちゃだめです。5分くらいでいいんですわ。
とはいえ、いきなり「走る」ってのがそれ自体がモチベーションを必要とする(脳内麻薬を消費)わけです。じゃあどうすんのかっていうと筋トレです。
たとえば朝起きます。通常であれば僕の場合、低血圧なんでダラダラします。休みの日なんかヒドイです。

そこでとりあえず寝たまま膝を曲げて

○_∧

の形になります。この状態からケツを上下させます。目安としては12回を3セットくらい。きつい人は5回を2セットでもいいです。

もしそれすらもアカンて人は、とりあえず寝たままケツを左右に振りましょう。振り続けましょう。

で、次に足を上げます。頭からケツまでは地面(ベッド?布団?床?)につけたまま、足先を少しずつ上げます。


○_/
上げたままだとキツくなるので、下ろします。
これを10回くらい繰り返します。たぶん、腹筋にちょいと効いてくると思います。

そしたらまた

○_∧

の形になって今度は上体をちょっとだけ上げます。上げきらないのがポイントです。ちょっとでいいです。手が膝につくような感じですね

上げる

○_
 \∧



下ろす

○∠∧


これを12回×3セットくらい繰り返します。これもきつい人は5回×2セットでいいでしょう。
ここまでやればちょっと起きるモチベーションが上がっているはずですので起きましょう。
で、血の巡りをよくするには脚を動かす必要がありますので、スクワットします。膝はそこまで曲げなくてもいいです。曲げる角度は90°が理想なのでしょうが、膝に負担がかかるって人はその半分くらいでいいでしょう。

理想



└┐


現実



 │


これも12回×3セットやります。ここから腕立てですが、膝をついての腕立てでいいです。モチベーションを上げる(血をめぐらす)のが目的なんでムキムキになる必要はないです。これも12×3

そこまでやればテンション上がってきたと思うので、抑えきれない人は5分くらい走ってきましょう。

その後家事をこなします。そうすると脳味噌もこなれてきたもので、スッと学習に入ることができるでしょう。

とは書いたものの、これは体育会系の僕のやり方でしかないので、みんなにお勧めするわけではないことを書いておきます。
あと、僕みたいな人間は本を読むときも体を動かしているほうが集中力が出ます。なので、自転車ローラー台に自転車乗っけて、足をくるくる回しながら本を読んだりします。

とはいえ、そもそも自転車持ってねーよって人や、ローラー台高ぇよって人はステッパー使いましょう。




高ぇよ!1000円未満のないの?って人は、青竹踏みにしましょう。


意外と体動かしながらのほうが、頭を使う作業も捗ったりします。まじめな話だまされたと思ってやってみましょう。

あと、集中力について書いたのでついでに言うと、僕は絵をかいたりギター弾いたりすると一時的に集中力が上がります(これも人によると思いますので万人に勧めませんが)。

ですから、

軽い筋トレ→5分ロードワーク→絵描き→学習

軽い筋トレ→ローラー台orステッパー読書

などが意外と効率が上がります。

いちいち筋トレする暇があったら読書や学習するわ!って人も多いと思いますが、僕と同じタイプの場合、モチベーションが上がらないまま半ばイヤイヤでやるため、学習3時間したとしても内容が薄かったりしますし、休日などは結局1日ダラダラしたりします。

なので、僕と同じタイプの人は

運動系30分→学習1時間半

とかやったほうが全体の効率としては上がると思います。「アッ!俺もそのタイプかも」って思った人はだまされたと思ってやってみましょう。

|

« 英語の勉強 | トップページ | 調子に乗ってまた借りてきた »

人心実験」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165749/59293741

この記事へのトラックバック一覧です: モチベーションが低下しているときは筋トレ:

« 英語の勉強 | トップページ | 調子に乗ってまた借りてきた »