« 人材を喪失しない方策について | トップページ | 飲酒運転者はみんな死ねばいいよ »

なぜ「嫁」「カノジョ」ができないのか

ここで自分の恥ずかしい現状を暴露すると、もうすぐ40歳になろうというのに独身であり、彼女いない歴が40年になろうとしている。

独身の友人は結構いるんだけど、カノジョが40年もいないっていう知り合いはいない。

つまり、僕の知る限りの僕以外の人々は人生の何処かしらで彼女を作った経験があるのである。

もはやその事について、自己憐憫に陥ることもない程に達観してしまっているのだけれど、なんかこう、うすぼんやりと、料理しながら考えてみたら、この、長年の謎であった

「なぜカノジョができないのか」

ということについて、ふと思い至った。何故か、ということに一応の納得をしてみる。

僕はその、自分がモテない原因を「自分の能力の低さ」であったり「自分の容姿の悪さ」であったり「自分の性格の悪さ」に求めてきて、なんか納得のいかなさを感じつつも、それが原因だろうと、自分を追い込んでみたりした。お陰様で自分のいくつかの能力は向上した。

でも、それが原因じゃないってのはなんとなく分かっていた。どんなバカでも、どんな不細工でも、どんな貧乏人でも、どんなに酷いヒモでもカノジョはいる。

そう、つまりそういうものじゃなく、俺には徹底的に欠けている何かがあるのだ。

で、よく言われるのが、「女に声をかけない」だとか「食事に誘わない」だとか「飲みに誘わない」だとかだけれど、こんな俺でも何回もナンパ的なことはしたし、合コンでそれなりに積極的に話したし、食事に誘ってOKされたり、飲みに誘って楽しく話したりもした。

だが、大抵は失敗に終わる。で、よほど俺が変わっていて、なんか彼女たちの気分を害したのかなとも思っていたのだが、そうでもないだろう。…多分。俺のちょっとした事で気分を害するようなら、そもそも誘いに乗らないはずだし。

で、ふと思ったのが、よくよく思い返すと「彼女を作るのにコストをかけていない」事に気づいた。いや「コスト」と言っても「お金をかける」という意味でなく…

「エネルギー量」

「どれくらい一所懸命に恋愛成就に向けてエネルギーを注ぎ込むか」が欠けているのだろう。単純に一所懸命さかともいうかな。

わりと、淡白な方なんで、というか淡白になってしまったのか…よく分からんけど、断られたらすぐに引き下がって、すぐに次を探すような感じ。

あと多分、自分の趣味と恋愛と比べると、趣味を取ると思うんで、まぁ、多分、女性はカンが鋭いから「この人と一緒になっても大切にされへんやろな」ッて思うんやろ。

「大切にする」って親切にするってのと等価じゃなくて、どれくらいその人を「特別扱い」するかってことなんでしょう。

僕の場合「好きな人に対する親切」と「女性一般に対する親切」が等価…になってると思うんですわ。だからたぶん

「この人アタシのこと好きなのかしら?」

と疑問になるんだろう。

あと、決定的なのが「他人に対する関心の薄さ」っすね。

TV見ないってのにも現れてるんだけど、芸能人がどうとか、誰がどうとか、正直どうでもいい…。他人の私生活のことよりプログラムのバグのほうが優先順位高いのである。

あとやっぱり一人が長すぎてもはや「寂しくない」のである。「寂しい」って感情がもうあんまりないのだ。ますます恋愛に無関心になっていって、そういう現状を考えると、もう死ぬまで一人なんだろうな~って思うし、多分それは現実化しちゃうんだろう。

というわけで世間様、僕が結婚していないからと言って「異常者」とか「非人間的」とか、そういうレッテルを貼るのはやめてください。

と思った今年の正月であった。

|

« 人材を喪失しない方策について | トップページ | 飲酒運転者はみんな死ねばいいよ »

恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なぜ「嫁」「カノジョ」ができないのか:

« 人材を喪失しない方策について | トップページ | 飲酒運転者はみんな死ねばいいよ »