« DirectXRaytracing Tutorial | トップページ

2週間くらい前(3/31付け)で前職を退職しました。今フリーランスです。

専任教員をやめました。今後は非常勤+現場の仕事(エンジン系)で食っていきます。所謂フリーランスになります。

前職に就いたばかりの事をおもいだすと・・・。
周囲に聞いた分だと、だいたい教員になるとお給料が落ちるもんなんだけど、僕の場合は上がった(前々職がそんなに高くなかったともいう)。
そういう意味で「教員って素晴らしい!福利厚生も手厚くて定年まで安泰じゃん!!信用度合いも違うぞ!」って、就いた当時は思ったんですよ。一応それは本当だし。

だから、現場に比べると、目立つ行動はとらないし、新しい事を学ぼうとしない人が多い。それはそれでいいと思う。
ただ、要はそういう感じの意識の中にいるとどうなるか・・・自分もしれっとそういう思考と行動をとるようになるのだ。
4年目くらいにあ、こりゃあ、なんかヤバい・・・と思い始めた。


でもクソザコな俺に行き場なんて…って思ってた所に、卒業生たちが「つちのこ先生はすごい」と吹聴してくれてたのか、あちこちの企業の人と話すことになり、スカウト的な話もポンポン出てきた。
おろろ?と思ったところで地方CEDECが始まり公募に応募すると通過した。
この辺から自信がついてきた。

だが怖い。今更現場で使い物になるはずがない。大人しく生きよう。
でも少しは冒険したくなってきたので、出版社に企画を持ち込み、1社目はお断りされてしまったが、2社目にて出版されてしまった。
同時期に僕より全然プログラムできてないセンセーがあっさりゲーム会社に再就職したのを見て、あれ?全然怖くないんじゃね?と思った。
どうせならもう一歩踏み出そう!ということで今に至ります。

他にもやめた理由はちょっとあって、
・現場との技術の乖離に危機感を覚えた。
・みんなをびっくりさせたかった。
・色々貢献してるつもりなんだけど、あまりお給料が上がらない(そういうシステムらしい)
・精神的につらい事が続いて、ちょっと専任常勤から離れたくなった。
・学校の文化と自分の価値観が合わなくなってきた。
・サラリーマンが長すぎて、なんかお金に無頓着になってるのに気づき危機感を覚えた。
・なんか50歳超えたあたりからお給料が下がって、60歳以降は半分になるって聞いて恐怖を覚えた。
・ともかく飽きた。
・危機感がないことに危機感を覚えた。

こんな感じ。この後うまくいくかどうかなんてわからないけど、やれるだけのことはやっていこうと思っています。

あと書籍も研究費だか、新聞図書費だかで落ちるかもと思い、経費で最近買った本を貼ります。これ経費として認められるのかな・・・?ともかく買ったからにはきっちり吸収してお金に変えていきたいと思います。

|

« DirectXRaytracing Tutorial | トップページ

仕事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« DirectXRaytracing Tutorial | トップページ