お金・株

FXってなんよ?

最近、やたらと楽天証券がFXを勧めて来る。知らんがな。そもそもFXってのが何者か

知らんな。

FX=Foreign eXchange
らしい。

外貨預金と何が違うのん?

多分似たようなものでしょう、だがその他の一切のことは分かりません。

ということで、そんなときはWikipedia先生。

外国為替証拠金取引

ふーん。なるほど…。外貨預金や外貨建てMMFとの一番分かりやすい違いは、「レバレッジ」をかけた取引ができるということかなぁ。

このレバレッジ。100倍にすれば、例えば証拠金として1万円投資しておけば100万円の取引ができるということだ…ここで外貨が+10%変動すれば、1000000*0.1-10000=90000の儲けが発生する…しかしながら、-10%変動すれば10万円損をすることになる。

…まぁ、借金して取引しているようなものだと思えばいいのか。

FXの場合はこのようなときは追加保証金(追証)が必要になる。

追証とは、「委託保証金率」が「最低保証金維持率」を下回ったときに、追加保証金を入れることを言う。

んだそうだ。

結構笑ったのが、ロング・ショートの説明

2人の学生、ウィキペ君とアンサイ君がテストの点で競争していたとする。ウィキペ君は成績優秀であるが、アンサイ君は遊んでばかりで点数はよくな い。さて、ウィキペ君が勉強している間にもアンサイ君は学校をさぼって遊んでいれば、当然成績の差は開いていくから、投資家はウィキペ君/アンサイ君をロ ングにする。 前回のテストの点が100点:20点で今回100点:10点であれば、点数の比率の数値(=通貨レート)は5から10にあがるので、この差分の5が投資家 の儲けとなる。損益計算に使われるのは点数そのものの絶対値ではなく、点数の比率である。(実際の市場では点数等も加味しながら売買のなかで値段が決まっ ていくような状態にある)

さて、アンサイ君もウィキペ君に追いつきはしないものの、成績が伸びるときはある。前回のテストの点が100点:10点であることにショックを受け たアンサイ君は猛勉強して次回は25点は取れそうだとする。すると点数比は10から4に下がることになるから、投資家はそれを見込んでショートの取引をす る。ウィキペ君/アンサイ君のショートはすなわちウィキペ君の売り、アンサイ君の買いである。もくろみ通り次回のテストでアンサイ君が25点取れれば点数 比は10→4であり差分の6が投資家の儲けとなるし、もし50点取れてしまえば市場にとって「サプライズ」であり、2以下に下がることも珍しくない(アナ リストに言わせれば次回への期待感であるとされるであろう)

以上、原文ママなのだけど…。これは…ウィキペディアンもわかってるじゃねぇか。堅苦しいユーモア欠落症ばかりかと思ってたが…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株はもうちょっと調査してから…

ということで、投資信託ってやつを2万円分買いました。

…早くも500円弱損しました。

なるほど、バーチャル株より悔しいっすね。この手のお金の奴は、何回かは身銭切って痛い思いせんとアカンみたいなことをどっかの本で読んみました。

…これで学んだこと

  1. まず、株ならば、その企業。投資信託ならばその商品の扱っていることについて綿密に調べる
  2. で、この企業、この商品は伸びるという確信が持てたなら、買う
  3. 投資後も、その企業、商品についてそれなりに調べておく(四六時中はイケナイ。それでは本末転倒だ。1,2週間に1度くらいでいいと思う)
  4. この際、あまり口コミなどは信用しない。所詮素人だからだ。出所がはっきりしない噂で評価が高いこともある
  5. 順調ならば、大事にその株を取っておく。うまくいけば福利がふくらむだろう(企業、商品を、自分なりに信用しているのであれば、少しくらい落ちても手放さない。)
  6. もし、損をしても、それは勉強代だと思うことだ(勉強代にしては高すぎる代金など払わぬことだ)

もちろん、痛い目って言っても、ガチでやってる人の痛い目にはまだまだ及びませんが、まぁ、500円弱で本買って読みましただけじゃ覚えないことを覚えた。

ボクシングと一緒ですね。余程才能ある奴でない限り、どんだけ机上で勉強したって、実際何度かある程度痛い思いしないと、パンチ避けられないもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

亀田製菓の株が…

久しぶりに見たら1678円と、1700円近くになっていてびっくりした。
俺が野村バーチャル株を買ったのが、去年の頭なので1200円くらいだったのだが…

そりゃ、倍とかじゃないけど、1年でこのあがり方ってすごくね?

気になって亀田製菓のHPを見てみたが、爆発的ヒット商品が出たわけでもなさそうだ…

なのでWikipediaで調べてみる。

今後国内の少子化によって米菓需要が頭打ちになることを想定し、商品群の多角化や海外展開にも重点を置いており、菓子以外にも米飯や乳製品、健康食品の製造も手掛けている。また2008年春には対米輸出の強化を図るためアメリカカリフォルニア州に現地法人「KAMEDA USA」を発足させた

だそうだ。

2008年春には対米輸出の強化を図るためアメリカカリフォルニア州現地法人「KAMEDA USA」を発足させた

これかなぁ。ちょうど2009年の一年間で緩やかに株価が上昇していることを考えてみても、2008年に打った策が1年後に効果をあらわし始めたと見て良いだろう。多分。

こんなことなら、バーチャルでなくて、ほんまもん買っとけば良かった~って思われるが、実は同時期にカプコンもバーチャルで購入しており、これが半値くらいになっている。

トータルで言うと、12万円くらい損していることになる。まぁ、それくらいの損で済めば安いとは思うのだが、ちょっと今はもう少しためておきたい。

結局何が言いたいのかと言うと、株をやるって言うのは他社の、全く畑違いの会社について興味を持つきっかけになると言うこと。

つまり、亀田製菓が

・またJリーグ1部・アルビレックス新潟のユニフォームスポンサーでもある。

などというどうでもいい情報も仕入れることができるのだ。これはこれで楽しいことだとは思わないかい?

| | コメント (0) | トラックバック (0)