ゲーム

HuniePop

ハニーポップをプレイしました。

とりあえず全員攻略しました。全てが英語なので、英語の訓練にもなるかな?フルボイスなので目をつぶればリスニング力の助けになるかもしれない…けど、ゲーム内の女性の発音は艶かしさを出すためか、非常にゆっくりである。

いや…TOEICが速過ぎるのか?

ともかく、少なくともこのゲームだけではTOEIC点数アップには不十分であろう。まぁいい。おかげさまでわりかしアメリカンプレイボーイになりきってプレイできるのだから。

プレイボーイと言いつつ、最初は完全なるエロゲオタから始まるのだが…。

…説明が英語なのと、そもそも説明不足とで、読み飛ばしてて困ったことが結構あった。

それは

Param

この部分の利用方法が分からないのである。緑の部分は女の子へのプレゼントを買ったり、食事をおごったりするいわゆる「お金」を表すのはわかるんだけど、ピンク色の数値の利用方法が分からなくて、数時間詰んでた。

何故詰むのかというと、女の子とデートを重ねることで、まぁ、その、なんだ、親密になっていくのだが、これが途中から無理ゲーになる。

ゲーム自体は…なんだろう、パズドラのアレとキャンディクラッシュのアレみたいな、ああいうやつ。

これのクリアに必要なスコアがあるんだけど、これがデートを一回するごとにガンガン上がっていく→どんなに頑張っても700以上叩き出せなくなる→\(^o^)/オワタ

「何このクソゲー」

って思いつつ、そんなわけねーだろと、色々と探してたらあった。

Traits

…偶然見つけた。まぁ、説明を聞き落としてただけなのかもしれないが、わかるかいな。

あと、アイテムの使い方も分からなかったりと、日本人にとっては結構大変かも。
ちなみにアイテムはインベントリの矢印に気が付かないと使えないので注意。

そんな状態で、2週間分消費したにも関わらずオールクリアした俺は凄いと思う。
いや、ゲームがぬるいのか。

で、エロゲーとしての評価だけど、どうだろ。980円だったから、まー、いいんじゃないかな。

ちょっとくらいは英語の勉強にもなるし。めっちゃスラング覚えられるぜ。

絵柄は「珈琲貴族」氏の絵柄に似せようとした立ち絵と、それとは違うイベント絵。イベント絵はそれはそれで悪くないと思う。
ただ、立ち絵と統一はして欲しかったなーって思うんだけどね。

あと、攻略対象に女の「子」と…呼べない年齢の人がいるのね。いや美人の設定だからいいんだけど、多分日本人の美少女ゲームファンには受け入れがたい年齢なんじゃないかなー(細かい年齢はゲームに関わるので書かないし、300歳超えのキャラも出てくるしね…)。

CVに関しては…うーん、日本声優のロリ声好きには合わないかもしれないけど、僕はこれはこれでありだと思う。ただ演技力は…どうなんだろう。向こうの人の感情の込め方がよくわかんないので、判断しづらい。…頑張っているとは思うんだけど。

システムに関しては…そうね。やりとりのバリエーションが少ないと感じました…何度もやりとりするので、こう…同じ会話が出てくると「またか」って感じるけど、一昔前の日本のギャルゲも似たようなのあったし…まぁ、今後に期待なのかな。

あ…?
無修正はどうだったのかだって?

それは自分の目でお確かめください。あまり書いてしまうと、早々に削除される可能性もあるので…。

どうしてもそういうのが見たけりゃわざわざこのゲームじゃなくてもいいとは思いますけどね(たぶんShattenの北米版とかのほうが…)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Steamはぢめました

Steamはぢめました。

いや、ゲーム開発の方じゃなくてプレイの方でね。俺がゲームを買うというのが結構珍しいんだけど、まぁ見聞を広めるためというか・・・というのはタテマエで、結構前からエロゲー(同人、非同人)とかはDMM.comR18とかでお世話になってるわけで・・・

ちょっと前に、知人から

「Steamでもエロゲー出てるよ」と聞いて、ちょっと興味が湧いてきたのだ。しかも聞いたところによると、メーカーの公式HPからダウンロードできるファイルを落とすと無修正になるとか…。

いや、無修正ってだけならネット上にいくらでも転がっているので見たいだけなら、それを見ればいい。ただ「公式が~」ってところに男気を感じてSteamのインストールとともに買ってみた。

その名も「Hunie Pop」

Huniepop



実を言うとそれだけではSteamの利用には踏み切らなかったんだけど、もう一つとってもやりたい洋ゲーで「Prototype」ってのがあって、それがやりたくてPrototypeも購入。

Prototype


とはいえ、2つ合わせても3DSのソフトを買うより安いからね…。ただし、Prototypeは古いソフトだからか、ウィンドウモードにするのに手間がかかる…いちいち起動設定からやらなければならないようだ。
さらに言うとサウンドが小さすぎる…仕様だとよ。

まぁ、古いゲームはこれがあるからなあ。初プレイレビューはもう少し待ってくれ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソシャゲとの別れ

しばらくDMM.comのゲームにはまっていた。

ペロペロ催眠
Lord of Walkure

Quiz of Walkure
おしおきフェアリータ
千年戦争アイギス

をやっていた。
しばらく…そうだなぁ、4ヶ月くらいははまってたかな。でも途端にやる気がなくなった。
一昨日くらいに、ふと、「あ、これは俺の喜びじゃないな」って感じて…考えたんじゃなくて感じたんだわ…

そうはいっても、Quiz of Walkureと千年戦争アイギスはゲームとしては面白かった。だが、他のはそんなに時間つぶすほど面白かったかというとそうじゃなかったと思う。

ただただ惰性でやってたんだな。
そしてあの手のゲームはその惰性を続けさせるような仕組みが仕掛けられている。

定期的にイベントを用意したり、ユーザーがお互いに助け合うような仕組みにしたり、ペロペロ催眠だと、応援依頼が来るたびにメールが来る。これはやめるわけには行かないと思うだろう。

そうこうしている間に感覚がマヒして、課金アイテムを買ったりすることもあるのだろう。一度買ってしまえばタガが外れてドゥンドゥン買っちゃうんだろう→課金廃人へ…

よくできている。

でも正直日本一よくやっているゲームはアイドルマスターなんだろう。ほうぼうで課金廃人の話を聞くし、そもそもユーザー数が多い。

ハマらせる仕組みづくり…お金を儲けるには大切な思考。そう、僕らのような技術屋にとって、技術自体を追求したくもなるのだが、金を稼ごうと思ったら、その辺も考えていかなければならないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

珍しく予約したゲームとか

家庭用って、つくるのマジ大変だった。アーケードの比じゃないな。
アーケードのときはラスト前以外は10時11時には帰れてたけど、家庭用のときはマジ帰れないもんな…。

メモリーユニットの扱いとか…マジややこしいねん。

追記:amazonの格闘ゲームランキングで1位になってた…。すごいね。それほどとは思ってなかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゲームプログラマ幻想

ゲームプログラマの年収がどれくらいか知っていますか?まあ僕は下っ端なので
350万くらいです。中途の上に未経験のため、30過ぎでもこんなもんかも。

妥当であると思います。ケチ生活な上に特にほしいものも無いので、十分すぎるほどです。

ただ困ったことに世の人々は幻想を抱いていることが多いようです。

こないだボクシングの練習が終わったときのこと…。

「ゲーム作ってるんでしょ?給料いいんだー?」とかいわれました。

俺「いくらくらいだと思います?」

「4,50万」

俺「月に!?」

「うん」

んなわけあるかぁーーーーーーーーーーーーーー!(泣)

あれか?ビルゲイツの影響か?というより、特殊技術の割に給料が安いところは多いです。僕の行っている会社は高いほう。

安い理由
①プログラマは他所で働けないから(体が不健康になってたり対人関係に難があったり)
②世間知らずが多い(基本的にプログラムオタクなので、プログラム以外のことに興味なし。)
③欲が無い(プログラムやってれば幸せ)
④会社自体が技術の重要性を軽く見がち。

なんですよね。まあ、要約すれば「足元を見られている」ということです。とはいえ、プログラミング技術はインド人とかのほうが優れているわけで、給料も安く済むわけで、彼らのほうが英語ができるわけで…。

言ったら、「はなから不利な土俵で戦う格闘家」のようなものです。まあ、こういうほうがボクサーな俺は燃えるわけですが。

まあええねん。誰が何と思おうと俺はプログラムバリバリになって、GameProgrammingGemsに載るようなスーパープログラマになってみせるぜ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)