恋愛

なぜ「嫁」「カノジョ」ができないのか

ここで自分の恥ずかしい現状を暴露すると、もうすぐ40歳になろうというのに独身であり、彼女いない歴が40年になろうとしている。

独身の友人は結構いるんだけど、カノジョが40年もいないっていう知り合いはいない。

つまり、僕の知る限りの僕以外の人々は人生の何処かしらで彼女を作った経験があるのである。

もはやその事について、自己憐憫に陥ることもない程に達観してしまっているのだけれど、なんかこう、うすぼんやりと、料理しながら考えてみたら、この、長年の謎であった

「なぜカノジョができないのか」

ということについて、ふと思い至った。何故か、ということに一応の納得をしてみる。

僕はその、自分がモテない原因を「自分の能力の低さ」であったり「自分の容姿の悪さ」であったり「自分の性格の悪さ」に求めてきて、なんか納得のいかなさを感じつつも、それが原因だろうと、自分を追い込んでみたりした。お陰様で自分のいくつかの能力は向上した。

でも、それが原因じゃないってのはなんとなく分かっていた。どんなバカでも、どんな不細工でも、どんな貧乏人でも、どんなに酷いヒモでもカノジョはいる。

そう、つまりそういうものじゃなく、俺には徹底的に欠けている何かがあるのだ。

で、よく言われるのが、「女に声をかけない」だとか「食事に誘わない」だとか「飲みに誘わない」だとかだけれど、こんな俺でも何回もナンパ的なことはしたし、合コンでそれなりに積極的に話したし、食事に誘ってOKされたり、飲みに誘って楽しく話したりもした。

だが、大抵は失敗に終わる。で、よほど俺が変わっていて、なんか彼女たちの気分を害したのかなとも思っていたのだが、そうでもないだろう。…多分。俺のちょっとした事で気分を害するようなら、そもそも誘いに乗らないはずだし。

で、ふと思ったのが、よくよく思い返すと「彼女を作るのにコストをかけていない」事に気づいた。いや「コスト」と言っても「お金をかける」という意味でなく…

「エネルギー量」

「どれくらい一所懸命に恋愛成就に向けてエネルギーを注ぎ込むか」が欠けているのだろう。単純に一所懸命さかともいうかな。

わりと、淡白な方なんで、というか淡白になってしまったのか…よく分からんけど、断られたらすぐに引き下がって、すぐに次を探すような感じ。

あと多分、自分の趣味と恋愛と比べると、趣味を取ると思うんで、まぁ、多分、女性はカンが鋭いから「この人と一緒になっても大切にされへんやろな」ッて思うんやろ。

「大切にする」って親切にするってのと等価じゃなくて、どれくらいその人を「特別扱い」するかってことなんでしょう。

僕の場合「好きな人に対する親切」と「女性一般に対する親切」が等価…になってると思うんですわ。だからたぶん

「この人アタシのこと好きなのかしら?」

と疑問になるんだろう。

あと、決定的なのが「他人に対する関心の薄さ」っすね。

TV見ないってのにも現れてるんだけど、芸能人がどうとか、誰がどうとか、正直どうでもいい…。他人の私生活のことよりプログラムのバグのほうが優先順位高いのである。

あとやっぱり一人が長すぎてもはや「寂しくない」のである。「寂しい」って感情がもうあんまりないのだ。ますます恋愛に無関心になっていって、そういう現状を考えると、もう死ぬまで一人なんだろうな~って思うし、多分それは現実化しちゃうんだろう。

というわけで世間様、僕が結婚していないからと言って「異常者」とか「非人間的」とか、そういうレッテルを貼るのはやめてください。

と思った今年の正月であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しみの元はなんですか?

ゆっくり~と、十二月~の明かりがともり始め~、慌~しく踊る街~を誰も~が好き~になる~(B'z:いつかのメリークリスマス)

この時期になってくると、こう、周囲の話題がにわかに、恋愛関係の話題になることが多いのだが、まぁ、恋愛はいいことです。

お肌にもツヤが出てくるしね。まぁ、いいことです。

ただ、僕が気になるのは、彼女がいないことに必要以上に悩んでいる人がいるということです。
まぁ、僕も実のところ、彼女なんてできたことはございません。30歳半ばにさしかかるので、それだけの年数を、まぁ、彼女とかおらずに過ごしております。

独り者のクリスマスとかよくなんか、話題にされるけど、俺は30回越えてるぞ?ざまぁみろ。

こんな風に、僕はあまり気にしておりません。
僕だって惚れて、誘って、告白しますよ。そりゃ。でも全戦全敗。でも気にしない。

必要以上に悩んでいる人と、こういう打たれ強い人間の違いは何か?
なんだと思う?
と、いうか、彼女ができるということをどのようにとらえてます?
好きな子といっしょにいられること?
まぁ、それならば健全ですが、僕の観察するところによると、異常に気にする人の特徴として、

自己の価値=彼女の有無

ってなっているように見受けられます。
どうでしょうか?

秋葉原で通り魔やった阿呆も多分そんな奴じゃないかと推測するんですが、彼女がいない、しょーもない仕事してる、それが自己評価の低下を招き、自尊心を傷つけている。そんな感じな気がした。

俺を見ろ!生まれてこの方、女にもてたこともなければ、彼女もいないぜ!
就職も、まぁ、そんな、順風満帆だったわけじゃないぜ。勿論就職浪人だったさ!!

だがどうだ!!

こいつは阿呆で、俺様は最強なのだ。

で、それじゃ解決にならない。そもそもなぜ、彼女がいないくらいで自己評価が低下するのだろうか?もててる奴って素晴らしいやつか?必ずしもそうじゃないだろう?ええ?そうだったらナンバーワンホストとやらは崇拝すべきだろうさ!

でも、そうじゃないだろう?

違うってわかってるよね?
じゃあなんでだろう。思い返してみよう。

気がつけば、学生時代とかに吹き込まれていた。必ずこう言うこと言う奴がいた。

「学生時代に彼女できなかったらオシマイだよね」

いたいた。
あと、むかし、とんねるずだかが、「ねるとん~なんとか」とか、やってたのだが、その時に「彼女いない暦○○年」と、テロップが出ていた。

で、当然のことながら、彼女いない暦=年齢の奴なんか、非常にキモい。どっから連れて来たんだと思うほどに。

そう、周囲の奴らや、マスメディアが煽ってんだ、これがまた。で、そういった他人の価値観に振り回されて生きていると、彼女の有無=自己評価に繋がるわけだ。

で、秋葉原の事件みたいに、実際に彼女いない奴はキモイ奴、危ない奴

…スッゲー刷り込みだよね。

「ああ、俺は彼女がいません。だからキモイに違いないデース!」

土に帰れ!!

そんなさー、自己評価高めるために、彼女を作ろうってな魂胆で、女の子にアプローチするとか、非常に失礼ちゃいますやろか?
女の子を好きだとか、愛しているだとか、そうじゃなくて、自分が大好き、自己愛、自分が大事。自己評価が大事!!だから他人にも受けがいい可愛い子がいい!!

でしょうか?
まぁ、私もね、髪の毛とか肌ツヤのフェチなのでね。若い子がいいですよ、うん。それはね。
でも惚れたらあんまし、そういう細かいことは関係なし。

まぁ、大体そんな軟弱な魂胆だと、女性はピーンときますよ。残念ながら。

何が言いたいのかというと、この時期になると恋愛で苦しんでいる人は、一旦自分の心を見つめなおしてください。

「彼女がいないのが悲しいのか」
「自分の好きな人がそばにいないのがかなしいのか」
「彼女がいない自分というのが惨めなのか」

マジで、ちょっと考え方を変えさえすれば、彼女の有無は自己評価に関わりなくなるはずだから、気にならなくなるよ。他人の価値観に振り回されんな!俺は俺だ!!行け!!男どもよ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にこのネタ

あ、別に好きな人ができましたとかいうんじゃないです。ホント、アレだけ恋におぼれやすかった僕が、今のような冷血になったのは、どういうわけなんでしょうとか思うわけですが。

いやー、別に振られたから反動で…とかそういうんじゃないと思う。だって今まで振られたことなんか無数にあったわけだから。ていうか、最後に振られたのいつだっけ?…そう、恋愛感情が自分の中で育たないと、振られる前段階にも行ってないわけで…。

…そう、だから、最後の。それが気になる。いや、覚えてますよ、最後の人。でも、その人じゃない。なんとなく違う。わかる。

多分その前の人だ。↓の人

http://pg-boxer.cocolog-nifty.com/nikukyu/2007/07/post_7a1b.html

うわ、2007年かよ…まったく時の経つのは早いものですね。ちなみに、その頃のジムには行っていませんし、その人ももう行方知れず。そして、最後の人は結婚したそうです。別にそれはなんとも思わん。やっぱり、その前の人か…。

…なんで急に3年もたって、恋愛ネタを書いているのかというと、今日の朝にへんな夢を見た。変なというか、久しぶりの恋愛ネタの夢だった。夢ですらほとんど恋愛なんてしてなかったのだが。

他人の夢の話ほどツマラナイものはないですが、もう少しだけお付き合いください。

夢の状況は今を反映していて、お金をあまり稼いでなくて、少しずつ貯金を食いつぶしている状況のなか、既に付き合っている状態だった。多分セックスもしているが夢の中にそういう描写は出てこなかった。

僕はダメ人間であり、夢の中の女性は厳しい家の若い女性だった。舞台は冬。まさにもう少し先の季節だなぁ…それでめっちゃくっついていた。で、定番のように向こうの親から反対されるので、夜中にこっそり連れ出して、駆け落ち的な…「これからどうしようか」的な…ところで目が覚めた。なんだかヌクモリが妙にリアルだったが、夢なんで、自分の脳内の記憶からいくらでも合成できるわけで…。

ちなみに、5年位前から恋愛小説とか、恋愛ゲームの類はまったくやってないですよ。

…なんだろうねぇ。冷血なのは上辺だけで、こう、冷血の氷の扉の向こう側は恋愛をしたいんだろうか?

度重なる失恋で2重3重にプロテクトがかかっているんだろうか?普通だったらそれくらい自分で分かるんだが、分からないほどのプロテクトがかかっているらしい…な。

どうしてそんな強固なプロテクトがかかっているのかというと、もうヤバイからなのかもしれん。次に失恋したら壊れてしまうからなのかもしれん。そうだとすれば、このプロテクトは有用であるが、そうでないとすれば、徒に精神的耐久力を甘やかして、経験を浅くしてしまうだけの話だ。

それはヤバイ。確実に騙される。

とはいえ、おれ自身の心が燃え上がらないのだから仕方ない。
合コンとか今でも行ってるけど、上辺だけ盛り上げて目が死んでるような状態じゃないだろうか…。

表層意識で僕はこう考える。「現在の何も失うものがないときにこそ恋愛してズタボロになるべきだ。殴られる、蹴られる恐怖のスポーツやってる俺が何を恐れてる!?」と。

ちなみに恋愛パーティ系のにはもう参加したくない。女性の参加費が0円なので、サクラや怪しい女(変な勧誘)が多いし、そうじゃない人はガチ(もう逃がさない的な…)だし…、いや、いい人もいますよ。何人かの女性とは、パーティー後も交流しましたよ…でも何か違う。ていうか、あの場で恋愛できないですわ~。

追記:

cold fish:冷血、無感情、感情を表に出さない人

| | コメント (3) | トラックバック (0)

I do not understand.

最近、十分にボクシングの練習ができていないので、やはり女を求める。

さて、結構友人からは、「お前はモテるはずだ」とか言われる。わりと多数から。
もちろん自慢にならんです。だって現に彼女がいないのだから。

それらの言葉が嘘や気休めや慰めでないのかもしれない。素でいると割と外では女性からちょっかいかけられる。コンビニやらジムやら…。

よろしい、では、その言葉が真実だと仮定しましょう。そうすると、僕は天然のモテ男というわけだ。でも普通以下にモテない現実だ。評価と現実の差は何なのか、分水嶺はどこにあるのか。

正直言ってわかる気がしない。

フられるまでの過程を友人に話すと、大抵、どいつもこいつもこう言う

「どうしてそこで行かへんのん!!」「押しが弱いなぁ」

ふーん。やっぱり感覚が違うんだ。

ああ、多分それは、俺自身そんなにガッツいてないのもあるし、正直なところタイミングもよーわからん。

まぁ大体、メシくらいはすぐに約束して、飯を食う。どっかに遊びに行く。そこまでは毎回簡単にできる。

でも、そっから先って、やっぱりセックスだよな。なんだよな?それとも間に何かあんのん?

飯→遊び→?→セックス→?→?→???

俺は、わからない。そうだ、以前に一回だけやって、すぐ終わった子(連絡がつかなくなった)もいた。多分、↑の?の部分がわからんかったため続かんかったんだろう。

そういえば、俺をふったくせに、何だか俺が他の女に行こうとすると全力で邪魔するのもいた。二人くらい。それもよくわからん。

嫉妬するくらいなら、何でフルのか。

そうこうもがいている間に既に32歳…。まぁ、まだまだチャンスはあるんだけど、何だか普通の恋愛なんてできそうにないな。

もし、嫁ができて息子ができて、高校生になったらこう言ってやろう。

「勉強なんて二の次だ!!恋をしろ!そして当って砕けろ!とにかく、女子高生と付き合うチャンスは今しかないのだ!!と」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デート?

はい、ごめんなさい、デートじゃないです。見栄張ってみたいだけなの。
えーと、出稽古に行ってるジム内に、非常に僕好みの素敵な子がおりましてね、

なんとかお近づきになれないかなと思っていたところへ、ですね
スパーリング依頼が。なんたる幸運。さてさて、スタイルがかみ合うからなのか
週に一回ペースで毎度毎度スパーリングをやることになりましたよ。我、狂喜乱舞。

とはいえ、だ、そんな状態では恋愛関係になどなるはずもなく、下手をすると
友達確定になってしまう。「友達」いいじゃんとか言うかもしれないけど、ココに配置されると
まず確実に落とせない。今までの経験からそれがわかる。てか大抵出遅れるとそれになる。ハァ…

彼女には試合があるため、それまではあまりちょっかいをかけないようにした。
試合の日までは、僕はただのスパーリングパートナー。

実は彼女の試合の日が僕の試合の日でもありまして、まぁ僕は初戦敗退だったんですが…。
彼女は勝ちました。おめでとうであります。

さて、ここで何か好意を示す必要があるわけです。でないと友達確定なので。

どうしよう…。

…。

とりあえずUSJに誘ってみました。メールで。勝利おめでとうついでに。

結果は勿論かわされましたよ。だって殆ど話してないんだから当然なんだけどね。
でもなんだか食事に誘われましたよ。ああ、これは少なくとも一歩前進?

喜んでいたら次の日のメールで「友達をつれてきてもいいですか?」とあります。
まぁそりゃね、俺は余所のジムの素性もよくわからない馬の骨だしさ、それはOKでしょう。
友達が男でないことを祈りつつ…。

で、今日はモツ鍋を食べてきました。いやぁ、うまい、うますぎる。うますぎて
本来の目的を完全に忘れました。

うーん。USJに誘った時点で好意は示せてるとは思うんだけど、示せばよいと言うものでもない。

かなり微妙な結果になりました。友達直行便のリスクを抱えています。まぁ、それでもいいかなと
思いつつも自分の恋愛ベタさが恨めしい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況

今日はいろいろなことがあった。大雨で台風が近づいて、会社の人間は珍しく
早く帰って、ああ、飲み会ですか、僕には一言もなしですか、まあ、声かけられたところで
ボクシング優先ですよ。

そんな感じでドラムマニアですよ。ドラムマニアやったら、今までどうしてもクリアできなかった
差無来(Basic)をクリアできましたよ。うれしかったなー。

でボクシングの練習に行ったら、トレーナーが会長に滅茶苦茶怒られていた。
なんだか風向きが悪いので、早めに帰った。

帰り道で、次にあったら告白しようと思っていた子に会った。

ふられた。

そんないろいろ。

起きるときにいっぺんに起きる。

まぁ、最後のやつが最大だったけどさ。キターよ。

うん、あれだ、ショックじゃないわけじゃないけど、うん、色々成長したし、
やっと解放された。

ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このブログのアクセスログを辿って

見つけたページがこれ
http://wiki-mirror.sakura.ne.jp/mote/?TopPage

あー、すっげー参考になる。なりますよ、これが。「タイプ別もてない理由」ってのがあるけど、俺は「鬱タイプ」と「やさしさ勘違い」の複合型って感じ。別にやさしいわけではないが、距離の取り方がわからないため、大胆になれないのである。まぁ、もちろん全ての「モテナイタイプ」にどこかしら当てはまるのだけれど、それはそれ、焦点をぼやかすと結局何も得られないからね。え?俺は「勘違い君」じゃないの。って?そういう一面が無いわけではないし、ブログを書くときはそういう風に書いちゃうけど、こと女性に関しては腰が引けてしまうし、自分を過小評価してしまう。その結果として、「ごめんね、ごめんね」になる。そんな感じです。

あと、服とか買うのは好きだけど、「コーディネート」とか考えてないな。大体服を買いにいっては「あ、これカッコいい!!買おう」で買っちゃってるから。

というわけで、「MENS JOKER」とか言う本を買ってきました。たしかにカッコいい…うーん。組み合わせでだいぶ違うなあと実感。

とりあえずそれっぽいものを真似してみることにした。鏡を見て、どうだろう…。ちょっといいかも。前よりはいいなあ。流石にファッション雑誌はすごい。

またこんなページもあったので参考にした。
http://www.fashion-j.com/

そしてショップで聞き耳を立てると、若者の声が
「今年グリーンだからさー、これなんかよくない?このワインレッドがさー」

と、なかなか情報をくれますね。あと店員さんにコーディネートしてもらうのもいいけど、店員さんによって好みが違うから、素材が自分と近い感じの店員さんに聞くのがいいと思う。めっちゃ体格のいい店員さんに選んでもらったことがあるが、小柄な僕には似合わなかったことがあります。

あとは表情筋トレーニングか…。俺の場合は顔が卵型なので目元だよな…というわけで、目を開いたり閉じたり…どうなんだろう。実は今日で4日目だが効果は出ているのだろうか…。

とまぁ、すげえなインターネットって。

前回ニートを嫌うような発言をした俺だけど、こと女性に関してはニートと変わりない…のかなぁ。カップリングパーティに行くことは職安に行くようなものだと思い、全国のニートたちとともに、俺も頑張るよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エロス

まあ、なんちゅーか、もう諦めたねー。考えてもろくなことがない。
というわけで。「アフロ田中」とかいう漫画を読んでみるとこれがまた

俺が言いたいことをうまく描き表していた。

そう、女性を性欲の色眼鏡で見ている。まさに俺がこれ。
ふっ。なるほどな。

しかし生き方は変えられん。俺はこのままエロスで行くさ。
とはいえ、そのエロスのせいで、エロい行為ができないというのも
ジレンマだねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鬱中

つちのこです。

考えるなと言い聞かせつつも考えてしまいます。

どうして俺には彼女ができないのだろうか…と。

①何もしなかったらもちろんダメ。
②いきなり告白してもダメ。
③ある程度知れた仲になって告白してもダメ。
④めっちゃ戦略練りまくって攻めていってもダメ。

そんなに難しいはずないんだけどなあ…。
なんでだろ。

まあそんなの他人に聞いても無駄だけどね。
だって、みんな意識してやってるわけじゃないだろ?

ほら、すずめがさ、いちいち飛び方を意識して飛んでるわけじゃないし
それをさ、キウイに教えることはできないだろう?

すずめは

「ほら、空はこんなにすばらしいよ、かぜがきもちいいよ、どうして君は飛ばないの?

って言うことはできるけど。

キウイが
それなら僕も飛びたいよ。ねえ、すずめ君。僕にも飛び方を教えてよ

って言っても、すずめは

えっ?飛び方だって?今まで考えたこともなかった。気がついたら飛べるようになってたよ。

と答えるしかない。

僕は今まで、何故彼女ができないのか不思議でいろんな人の意見を聞いて、真面目に
努力して積極的に遂行したけどダメだった。

そりゃそうだ。だって俺には羽がないんだもの。
教えてくれたほうも
「なんでこいつはこんなことを聞くのだろうか、俺だって意識してやってねーよ。」
とは思いつつも人間なのでいろいろ理屈を脳の奥から引っ張り出して教えてくれるの
だが実は的外れだった。成果が上がらないので教えたほうも教え甲斐がない。
申し訳ない。俺は感謝してる。でも、空は飛べないよ。

僕には羽がないのだから。
「羽生え薬」で羽を生やしても、飛ぶことを学ぶには実践しかない。地面に何度も
叩きつけられて嘴が曲がって食べることができなくなっておなかがすいても

それでも飛びたいか?
Or
地を這う蛆になるか?

まだ答えは出せない。怖いから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うお、開始だ

むー、ブログを始めてみることにしたがいかがなものだろうか。
俺さまとってもかっこいいのに彼女でけへんから。
そんな空回りの日記を書いていこうと思う。
ちなみに一ヵ月後にプロテスト。それも馳せてかいていこうとおもう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)