日記・コラム・つぶやき

危ない危ない

危ない危ない…

9月はイベント事が多くて、8月末くらいからその準備があったり出張が多かったりして、リズムを崩していました。

Habiticaによる日課、習慣を継続していたのですが、結局CEDECとかに行って泊まり込んでたり、友人や、CEDEC仲間と食事したり飲んだりしてると、やっぱり習慣が崩れる。でもそれは必然で、予め分かっていたことである。

重要なのはいかに早く元の状態に戻すかという事である。というわけで土曜までCEDECだったので、今日くらいでやっと習慣が取り戻せたって感じかな。

本当に危ない危ない。意識してないとスグにダメ生活に戻ってしまう。

ただ、今月は、すでに準備に入っているけど、TGSにも出展して1週間近く千葉なのだ。まぁ、今回はJOYFIT船橋に通うので、トレーニングはある程度継続されるけど、それでも多分リズムとしては狂うので、それが気がかり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己改善とPC

自己改善とPC

habiticaとねこタイムを使って自己改善に取り組んでいるわけだが、まぁある程度筋トレに関してはまだまだ続いてはいるが、日課のこなし状況が鈍ってきた。

原因は色々とあるんだけど、やっぱりPCではないかと思う。ただ、P-StudySystemや、プログラミングや、このブログや、クリエイティブ系の活動はPCで行うため、立ち上げる必要がある。

という事で、最初のモチベーション高いときはPC立ち上げたら真っ先に作業に向かっていたものだが、モチベーションが低下してくると、そうもいかない。何しろ自分で決めたルールであり、罰則もご褒美も自分だからだ。そんなもんルール策定者がいくらでも捻じ曲げていい。

だから、筋トレやダイエットの時はコーチ・トレーナーが必要なんだろう。正しいフォームで正しいやり方で行うのは勿論、監視役を自分でないところに置くことにより、「もうやりたくねー」って時でもある意味嫌々でもやる事になる(まぁそれですらブッチすることもあるくらいだからね)

モチベーションってのは、続かない前提で動いた方がいい。思い立った時のモチベーションが3日後、3週間後、3か月後、3年後まで続くと思ったら大間違いだ。だが、モチベーション自体はなくなっても習慣は続くだろう。歯磨きや、僕にとっての筋トレなんかはそうだ。

ちょっと話がそれたが、モチベーションは低下するものって前提で、習慣化するまでにやめてしまう主な原因としては

  • 誘惑(ゲームや動画やSNSやエロサイト)
  • ど忘れ(人は相当な忘れんぼだ)
  • 拒否反応(体が拒否る)
  • 周囲の足の引っ張り(お前だけ痩せさせんぞ~)
こういうものがある。
今回はPCの誘惑について、書こうと思う。今回の盆休みはちょっと油断していたため、ついついニコ動のゲーム実況を見始めてしまった。するとどうだろう。あっという間に時間が過ぎ去ってしまい、さらには僕は実況観てると眠くなる習性があるらしく、相当な時間を睡眠に費やしてしまった。

あと、盆休みや、連休の時は気を付けておかないと、時間の大事さというか、時間を軽く見がちで、こういう誘惑の方を先にやろうとしてしまう。多分今まで日課で我慢してきた反動もあるのだろうが・・・。

反動…反動はあるのだ。何故かというと、人間ってのは元の状態に戻そうとする習性があり、それがかなりの力を持っている。よくあるのが、ジョギング初めて3日目でなんか調子悪くなるとか、色々理由を付けてやめようとしてしまう。これは人間の脳髄が「元の状態に戻せー!」って言って、無意識下からものごっついプレッシャーかけてくるためで、おそらく、恐らくなんだけど自律神経系にも働きかけてくるくらいに強力なもので、急に頭痛が出てきたりする…んじゃないかなと思う。

だからこれを抑え込むというか、脳髄をだましてしまうというか、そういうのが必要なのだ。habiticaなどのようにゲーム感覚でやるのもそうだし、最初の方は気張らずに負荷を軽減するというのもそう…で、僕がやってなかったのは「誘惑を遠ざける」というものだ。

僕の日課のいくつかがPCを介してやってしまうというのがまた始末が悪い。これも何かしら工夫は必要だろうから、解決策が出たらまた書こうかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

PC

PC…

今日のは単なるつぶやき。

今のPCのスペックは悪くない。まだまだUE4の最新版も満足に動く。
ただ、かなり負荷の高い実験をすると、結構処理落ちする。

新しいのを買うべきかどうかを迷ってる。
なによりもCドライブがほぼ一杯になっている。

Dドライブにデータ的なものは退避させていたんだけど、インストール時に勝手にCドライブにインストールしたり、データをCドラに書き込んだりする。Koboなんかもそうだ。

結構なデータ量なので、結構圧迫してるので、なんとかしたいのだが、現状だと方法が見つからない。

単なるデータ的な奴は外付けHDDにも退避させているが、とにかくじりじりとCドラが一杯に。SSDだからデータ的なものを入れたくないってニーズをKobo等は分かってくれへんかなーとか思ってる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の仕事効率低下は

最近の仕事効率低下は…

アホ新入りの仕事を肩代わりして、無理がたたったからだろうか、

それとも、糖質制限(とはいってもお菓子を食べない&夜の炭水化物を控える程度)が影響しているのだろうか…。

まぁ、そう考えてしまうのも、糖質という依存性…つまり禁断症状の影響なのかもしれないが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夜は怨念が溜まっているので

夜は怨念が溜まっているので

夜は仕事とか、職場とか、組織についての怨念が溜まっているので、夜にブログを書くのは健全ではない気がしてきました。

今日からは朝に書こうと思いますが、案の定ネタが思いつかない。

どうしたもんですかね…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にもうHateしか溜まってない

本当にもう最近Hateしか溜まってない

いきなりこんなんですまんが、もうだめやねん。

こんだけ職場に対する失望が溜まってしまっては、もう辞めるしかないのではないだろうか。

僕もこんなところで愚痴ってばかりだし、僕自身の生命時間も無駄に消費してるわけだし、自分の生産性も落ちているし、色々なリスクもお互いに高まるし、これ、いても意味ないどころか、もう僕は退職した方が、WinWInになると思うんだよね。

だから、そこの!!

いるんだろ?そこに。職場の人が?読んでるんだろ?これを!!

もう辞めさせてください。お願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

職場が嘘をついている

組織に嘘をつかれていました

クソブラック職場に愛想が尽きて、もうやめるといっても「学生のために」と状に訴えかけてくる。

そして給料は上がらない。目標も達成してるし、数年前から業界就職率も上げてるんだけどね。

で、上は「今はこんな状況なのだ、すまない」とすまなそうに、僕に言い訳した。毎年言い訳している。

ところが、今、ど~~~しようもなく人がいなくなった結果、人事は新人を500万円で募集しているらしい。あれ?お金ないんj無かったの?なんで俺より100万円も高い額を新入社員に出せるの?

嘘ついてたんだね?

いや、だから、辞めるって言ってるでしょ?その新人よりも価値がないと思ってるんでしょ?いや来るかどうかは知らんけどさ。

まぁ多分アレだと思うわ。「ここまでしたのに来なかった」という言い訳をするためだろ?

今の現状クソよ?死にかけてるよ?マジで。しかも一部の教員のみが。

まぁあの組織は、「釣った魚にエサをあげない」が基本方針だから仕方ないね。学生に対しても、従業員に対しても。

だからやめるって言ってるのに、もう、マジで、引き止めないでくれないかな。情に訴えかけないでくれないかな。

辞めるんだから。

この、どクソ組織が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不毛な議論

不毛な議論

不毛な議論って多いですよね。SNS等が普及して誰でも発言できるようになってからはそれが加速した気がします。

たまに出てくる議論で不毛だなーって思うのが

  • 男が優れているのか、女が優れているのか
  • 何の格闘技がサイキョーなのか

このあたりかな?
そもそも、男女のどちらが優れているのかなんて、立場や状況によって違うし、そもそもどちらかだけが優れているなら、もう片方要らないんじゃん?
男女って二種類あるから意味あるんじゃん?それをどちらが優れているとか議論すること自体が不毛だと思うんだわ。
それって、禅問答にある「隻手音声(せきしゅおんじょう)」に答えるようなものじゃん。どちらにせよ、片方を貶める事で自分の側の優位性を保とうとする根性が既に情けないんだよね。男でも女でも。
本来は男とか女とか関係なく自分がどうあるべきか、どうやってより良い人間になって行くかってのが重要だろ?結局男が女がなんて議論してる奴は自分のことがうまく行ってないんだろうな。自分に一所懸命になれないんだろう。
と、書くと論点をずらしたようだけど、僕はこの議論に結論を出すつもりもないし、出ないだろうと思ってる。議論すること自体が無駄だと思ってるので、結論云々以前の問題なのです。

同様に何の格闘技がサイキョーなのかってのもそうで、これ言ってる奴って、何かしらの格闘技で世界チャンピオンか何かになれたの?だいたいヒョロいネット弁慶だろうと思います。

自分がその格闘技が最強だと思うなら、クソ下らねえ議論なんかしてねえで、自分の腕を磨いて最強であることを証明すればいい。強い奴ってのは「何をやってる」ってのに関係なく強いんじゃないかな。とにかく何かしらの勝負である以上は、それまでの訓練と、根性と胆力と、運で勝負が決まるでしょ。

格闘技同士の相性もあるので、もしトーナメントなんかにすると、そこでも運がかかわってくるのだろうし。

頭だけの知識で知った風な事言う前に、どっかの道場かジムに行って血反吐出るまで練習してみてはいかがだろうか。そんな議論したくもなくなると思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記(2017/7/22)

日記(2017/7/22)

日記と言いつつ、ブログなので、他人に知られたくないことは書きませんが。

自転車を盗まれて、もう1カ月が過ぎようとしています。正直、見つかることは期待していません。住吉交番が不快な態度で門前払いしたせいで初動が遅れてしまったためかもしれませんが、まぁ、仕方ありません。犯人見つけたらぶっ殺すだけです。

というわけで、最近は僕にしては珍しく歩きで外出しています。

そうするといつもと違ったことがあるもので、高校1年時代の同級生と再会しました。20年以上経つのに向こうは僕の容貌を覚えていてちょっと感動しました。

僕の方は「あー、似てるなー、でもなー」とか思ってたんですが、向こうはコミュ障ではないようで、声をかけてきてくれました。向こうさんは現在は教育委員会で働いているそうで、何となく職業が近いのかなーとか思いました。

別に、運命とかそういうのを信じないほうですが、いつもと違う時間に、いつもと違う交通手段で、もう一生遭遇することもなさそうな人間に会うという事は、何かしらの意味があるのかもしれません。

最近は、そう思うようになってきました。何かしらの意味があって、偶然が起きるのか、偶然に何かしらの意味付けをして、それがまた別の何かを生むのか、分からないけど、要は意味をなすと思っています。

どういう意味になるのかは分からないのですけどね。

んで、家に帰って、映画を見ました。

「ザ・ウェイヴ」(DIE WELLE)
ドイツの映画で、ドイツ語がちょっと心地よかったです。
映画の色彩というかトーンとカメラワークが、最初から「ファニーゲーム」を思い起こさせました。ドイツとオーストリアは近いので、やっぱり似てくるんですかね。

実際にアメリカであった事実を元にしているようで、実験的に1週間だけ、独裁制をやってみるというものでした。ネタバレは書きませんが、esを想起させるような話でした。レビューを見ると「そんなバカな」とか「説得力がない」なんて書かれてますが、僕自身、教職についてそれなりに長いので、これ、あり得るわーと思いました。

ただ、日本の場合は緩~い監視社会みたいな面があるため、ここまで大規模にはならないでしょうけど。

実際、会社組織の中でも「みんなで同じポロシャツを着て団結力を深めよう」とか「決められたことは一致団結して取り組みましょう」などという社訓があったりするため、日本の組織も程度の差こそあれこんなもんでしょって思います。

内部でかなり深刻な問題が起きていても、組織を存続させるために周囲で寄ってたかって空気を読んで…実際に人が死ぬまで気づかないこともあるのではないでしょうか。

まさに僕は今、そういう組織に身を置いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恫喝は大人が使う最低の手段

恫喝は大人が使う最低の手段

クソ大人シリーズ第二弾。

まぁ、僕も40歳過ぎの大人なんですが。

学校ではないところでも、よく見かける光景として、子供が理屈をこね始めて、手に負えなくなると大きな声で怒鳴り散らして、いう事を聞かせる大人をよく見かけます。休みの日とかね。

こういう大人は子供が正論を吐くと必殺

  • じゃあ出ていけ!
  • 誰に育てられてると思ってるんだ!
  • 養育費を全部返せ!
  • 子供は親のいう事を聞くものだ!

で黙らせます。しかも大声でこれを怒鳴り散らすわけです。論理も知性もへったくれもありませんね。どっちが子供だよって感じです。

子供はこれを言われるとぐうの音も出ませんからね。自分が正しいと思っていても言い返せません。

ぶっちゃけ僕も少年時代には、こればっかり言われて育ったので分かるんですが、これでは子供は親との会話において「学習性無力感」を育ててしまいます。
傾向としては、親、もしくは大人の前では口数が減るようになってきます。簡単に言うと「言っても無駄」って事です。事実ですからね。

これのマズいところは、コミュニケーション能力が低下することです。少年時代において、家庭は第二の学校どころじゃないほどに接しているのですから、そこでコミュニケーションの機会が剥奪されれば所謂コミュ障が育ちます。家でのコミュ障なだけならマシですが、場合によっては、他社…同級生などとのコミュニケーションにおいても、障害となることがあります。

学生を見ていて「あー、コミュ障だなー、こいつ」思われる学生の親に電話かけると、だいたい十中八九父親が上のような感じです。僕ら教員にも偉そうにします。金払ってる側だから気が大きいんでしょうけどね。

恫喝すると一見ね、いう事聞くように思えるかもしれません。でも心の中では怒りが育ってるのよ。でも反抗できなくなってるからドゥンドゥン歪んでいくのよね。

ちなみに僕の場合はこれに暴力も加えられてたので、いまだに義父とまともに会話ができません。40歳にもなるのにまだ克服してないわけです。それはもう別にいいと思ってるんですけど。

ぶっちゃけ先生とか、上役と呼ばれる人たちにもこの手の人たちが相当数います。前回書いた「大人だから」偉いと思ってるんですねえ。裏でバカにされていることにいい加減気づいた方がいいと思います。

まぁ、この手のクズは、気づいたところでさらに怒り出すんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧