日記・コラム・つぶやき

職場が嘘をついている

組織に嘘をつかれていました

クソブラック職場に愛想が尽きて、もうやめるといっても「学生のために」と状に訴えかけてくる。

そして給料は上がらない。目標も達成してるし、数年前から業界就職率も上げてるんだけどね。

で、上は「今はこんな状況なのだ、すまない」とすまなそうに、僕に言い訳した。毎年言い訳している。

ところが、今、ど~~~しようもなく人がいなくなった結果、人事は新人を500万円で募集しているらしい。あれ?お金ないんj無かったの?なんで俺より100万円も高い額を新入社員に出せるの?

嘘ついてたんだね?

いや、だから、辞めるって言ってるでしょ?その新人よりも価値がないと思ってるんでしょ?いや来るかどうかは知らんけどさ。

まぁ多分アレだと思うわ。「ここまでしたのに来なかった」という言い訳をするためだろ?

今の現状クソよ?死にかけてるよ?マジで。しかも一部の教員のみが。

まぁあの組織は、「釣った魚にエサをあげない」が基本方針だから仕方ないね。学生に対しても、従業員に対しても。

だからやめるって言ってるのに、もう、マジで、引き止めないでくれないかな。情に訴えかけないでくれないかな。

辞めるんだから。

この、どクソ組織が

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不毛な議論

不毛な議論

不毛な議論って多いですよね。SNS等が普及して誰でも発言できるようになってからはそれが加速した気がします。

たまに出てくる議論で不毛だなーって思うのが

  • 男が優れているのか、女が優れているのか
  • 何の格闘技がサイキョーなのか

このあたりかな?
そもそも、男女のどちらが優れているのかなんて、立場や状況によって違うし、そもそもどちらかだけが優れているなら、もう片方要らないんじゃん?
男女って二種類あるから意味あるんじゃん?それをどちらが優れているとか議論すること自体が不毛だと思うんだわ。
それって、禅問答にある「隻手音声(せきしゅおんじょう)」に答えるようなものじゃん。どちらにせよ、片方を貶める事で自分の側の優位性を保とうとする根性が既に情けないんだよね。男でも女でも。
本来は男とか女とか関係なく自分がどうあるべきか、どうやってより良い人間になって行くかってのが重要だろ?結局男が女がなんて議論してる奴は自分のことがうまく行ってないんだろうな。自分に一所懸命になれないんだろう。
と、書くと論点をずらしたようだけど、僕はこの議論に結論を出すつもりもないし、出ないだろうと思ってる。議論すること自体が無駄だと思ってるので、結論云々以前の問題なのです。

同様に何の格闘技がサイキョーなのかってのもそうで、これ言ってる奴って、何かしらの格闘技で世界チャンピオンか何かになれたの?だいたいヒョロいネット弁慶だろうと思います。

自分がその格闘技が最強だと思うなら、クソ下らねえ議論なんかしてねえで、自分の腕を磨いて最強であることを証明すればいい。強い奴ってのは「何をやってる」ってのに関係なく強いんじゃないかな。とにかく何かしらの勝負である以上は、それまでの訓練と、根性と胆力と、運で勝負が決まるでしょ。

格闘技同士の相性もあるので、もしトーナメントなんかにすると、そこでも運がかかわってくるのだろうし。

頭だけの知識で知った風な事言う前に、どっかの道場かジムに行って血反吐出るまで練習してみてはいかがだろうか。そんな議論したくもなくなると思うから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日記(2017/7/22)

日記(2017/7/22)

日記と言いつつ、ブログなので、他人に知られたくないことは書きませんが。

自転車を盗まれて、もう1カ月が過ぎようとしています。正直、見つかることは期待していません。住吉交番が不快な態度で門前払いしたせいで初動が遅れてしまったためかもしれませんが、まぁ、仕方ありません。犯人見つけたらぶっ殺すだけです。

というわけで、最近は僕にしては珍しく歩きで外出しています。

そうするといつもと違ったことがあるもので、高校1年時代の同級生と再会しました。20年以上経つのに向こうは僕の容貌を覚えていてちょっと感動しました。

僕の方は「あー、似てるなー、でもなー」とか思ってたんですが、向こうはコミュ障ではないようで、声をかけてきてくれました。向こうさんは現在は教育委員会で働いているそうで、何となく職業が近いのかなーとか思いました。

別に、運命とかそういうのを信じないほうですが、いつもと違う時間に、いつもと違う交通手段で、もう一生遭遇することもなさそうな人間に会うという事は、何かしらの意味があるのかもしれません。

最近は、そう思うようになってきました。何かしらの意味があって、偶然が起きるのか、偶然に何かしらの意味付けをして、それがまた別の何かを生むのか、分からないけど、要は意味をなすと思っています。

どういう意味になるのかは分からないのですけどね。

んで、家に帰って、映画を見ました。

「ザ・ウェイヴ」(DIE WELLE)
ドイツの映画で、ドイツ語がちょっと心地よかったです。
映画の色彩というかトーンとカメラワークが、最初から「ファニーゲーム」を思い起こさせました。ドイツとオーストリアは近いので、やっぱり似てくるんですかね。

実際にアメリカであった事実を元にしているようで、実験的に1週間だけ、独裁制をやってみるというものでした。ネタバレは書きませんが、esを想起させるような話でした。レビューを見ると「そんなバカな」とか「説得力がない」なんて書かれてますが、僕自身、教職についてそれなりに長いので、これ、あり得るわーと思いました。

ただ、日本の場合は緩~い監視社会みたいな面があるため、ここまで大規模にはならないでしょうけど。

実際、会社組織の中でも「みんなで同じポロシャツを着て団結力を深めよう」とか「決められたことは一致団結して取り組みましょう」などという社訓があったりするため、日本の組織も程度の差こそあれこんなもんでしょって思います。

内部でかなり深刻な問題が起きていても、組織を存続させるために周囲で寄ってたかって空気を読んで…実際に人が死ぬまで気づかないこともあるのではないでしょうか。

まさに僕は今、そういう組織に身を置いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恫喝は大人が使う最低の手段

恫喝は大人が使う最低の手段

クソ大人シリーズ第二弾。

まぁ、僕も40歳過ぎの大人なんですが。

学校ではないところでも、よく見かける光景として、子供が理屈をこね始めて、手に負えなくなると大きな声で怒鳴り散らして、いう事を聞かせる大人をよく見かけます。休みの日とかね。

こういう大人は子供が正論を吐くと必殺

  • じゃあ出ていけ!
  • 誰に育てられてると思ってるんだ!
  • 養育費を全部返せ!
  • 子供は親のいう事を聞くものだ!

で黙らせます。しかも大声でこれを怒鳴り散らすわけです。論理も知性もへったくれもありませんね。どっちが子供だよって感じです。

子供はこれを言われるとぐうの音も出ませんからね。自分が正しいと思っていても言い返せません。

ぶっちゃけ僕も少年時代には、こればっかり言われて育ったので分かるんですが、これでは子供は親との会話において「学習性無力感」を育ててしまいます。
傾向としては、親、もしくは大人の前では口数が減るようになってきます。簡単に言うと「言っても無駄」って事です。事実ですからね。

これのマズいところは、コミュニケーション能力が低下することです。少年時代において、家庭は第二の学校どころじゃないほどに接しているのですから、そこでコミュニケーションの機会が剥奪されれば所謂コミュ障が育ちます。家でのコミュ障なだけならマシですが、場合によっては、他社…同級生などとのコミュニケーションにおいても、障害となることがあります。

学生を見ていて「あー、コミュ障だなー、こいつ」思われる学生の親に電話かけると、だいたい十中八九父親が上のような感じです。僕ら教員にも偉そうにします。金払ってる側だから気が大きいんでしょうけどね。

恫喝すると一見ね、いう事聞くように思えるかもしれません。でも心の中では怒りが育ってるのよ。でも反抗できなくなってるからドゥンドゥン歪んでいくのよね。

ちなみに僕の場合はこれに暴力も加えられてたので、いまだに義父とまともに会話ができません。40歳にもなるのにまだ克服してないわけです。それはもう別にいいと思ってるんですけど。

ぶっちゃけ先生とか、上役と呼ばれる人たちにもこの手の人たちが相当数います。前回書いた「大人だから」偉いと思ってるんですねえ。裏でバカにされていることにいい加減気づいた方がいいと思います。

まぁ、この手のクズは、気づいたところでさらに怒り出すんだろうけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「大人だから」偉いわけではない

「大人だから」偉いわけではない

毎日のように、学生たちと教職員を見比べる日々を過ごしているのだが、どうにも大人の側が見るに堪えない。

どうもあいつらは「俺は【大人だから】偉いんだ」とでも思っているようにふるまっている。

例えば学生に「歩きスマホはいけない!きちんと指導するように!!」などと偉そうにノタマッている教職員が無意識に歩きスマホをしていたりする。

しかも信じられないことに学生の目の前でだ。

そして学生にぶつかって迷惑そうな顔をしている。何様のつもりなのだろうか。

自分は「大人だから」「働いているから」「センセーだから」偉いとでも思っているのだろうか?

学校という場に所属する「大人」である以上は、自分の行動を毎日戒めなければいけないなあと思う。

そうでなければただただ歳を無駄に重ねただけの老害になるのだろう。悪いが今の職場はそんな教職員ばかりです。

学生の未来の姿がアレだと思うと、なんか将来の日本が心配になりますわ。これ読んでる人で「大人」なら、自分は「大人らしい振る舞い」ができているか、ちょっと意識してみるといいでしょう。

「意識」するだけで、かなり違った結果になるし、人間的にも良くなっていくと思います。

繰り返す。「大人だから」偉いわけではない

これを忘れて、子供や学生に偉そうにしている大人は滑稽です。早く現代社会からいなくなってほしいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子をやめてから

お菓子をやめてみてから

お菓子をやめてみてから、どれくらい経つか忘れたけど、たぶん一ヶ月は経ってない。でも2Kgは減った。

なんだー、大して効果ないじゃんとか思ってるのはどこのデブだよ。

俺の体重から2Kg減らすって、結構ツライんだけど、何度かダイエットしようとして挫折してすぐに元に戻ってたんだけど、お菓子断ちはそれなりに続いている。

ほんとこないだまで、チェーンスモーカーにとってのタバコのようにお菓子食いまくってたから、あれで60Kgオーバーしてないのは、ボクシングや筋トレしてたからだろうとは思う。

でも58Kgからなかなか落ちなかったんだよね。でも、お菓子をやめてから半月くらいで56Kg台になって、ボクシングの練習後とかには56Kgを切ることもあった。

成果も出てきたし、良い循環になって行ければいいなと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

他の誰かになろうとしない事

他の誰かになろうとしない事
他の誰かにしようとしない事

当たり前の事なんだけど、ほかの誰かになろうとしたって、なれないんだよね。場合によっては、物語の中の登場人物と比較して、ほかの誰かになろうとする。

それで発奮して自分を良くしていこうとするのなら原動力になっていいんだろうけど、大抵は自信のないやつが、ほかの誰かになろうとするから、行きつく先は

「ああ、あいつはあんなにやれているのに、どうして俺は…」

となる。この時に自分を改善するために色々試すならまだマシだけど、自分の生い立ちとか憐れみ始めるともう終わり。心がドゥンドゥン引きこもりみたいになってくる。被害妄想になってくる。

「社会が悪いんだ」

とかね。僕なんかクッソエロかったので、自分と、クソエロ漫画ANGELの「熱海康介」と比較してた。ホントにクソ野郎だったよ。中学生か!!

特に当時はヤリたい盛りだったんで、あの本を読んでいた中学生の自分は、女子とは簡単にセックスできると思ってた。

実際に、周囲のヤンキーとか話をすると、誰々とやっただの、そういう話をしてくれるので、そんなもんかーとか思ってた。

漫画の中も、周りの奴も簡単にセックスしてる。俺もできると思ってた。でも現実はどうだろう…まったくもって相手にされません。勇気を出して告白してもごめんなさい。そりゃあスケベ心が前面に出とるんだから当たり前なんだが、当時の俺には理解できなかった。

そうなるとどういう思考に陥ると思う?もっと自分を磨こう?カッコよくなる努力をしよう?そう考えられればまだ救いはあったんだろうけどね。

まず自分を恨んだし、チビでブッサイクな遺伝子を注入した親まで恨んだよ。そしてそれだけでは飽き足らず、モテている奴や、イチャついている奴らを憎み始めたよ。

何なんだこいつらは、俺がこんなに悩んでいるのにいちゃつきおって…滅ぼしてやる!!なんてね。そんな感じで高校時代くらいまで過ごしてたよ。ただ、それでも女子にいいところは見せたくて、体育祭のために走る練習をしたり、体を鍛えたりしていた。

頑張ってれば誰かが見ていてくれてると思っていたよ。全くそんなことはないんだけどな。

高校を卒業したあたりから、だんだん何かが間違っていると気づき始める。が、何が間違っているのかは分からないから空回り。大学時代に、とある女子(同級生ではない)に告白したのだがそこでまたフラれた。一応色々と手順(飯食いにいったり遊びにいったり)を踏んだうえで告白したがフラれた。

このあたりからおかしくなり始めたんだが、どこか無気力になった。一応大学では勉強をこなし、課題をこなし、ボクシングをやってた。でもどこか空虚だった。こんな生き方で将来楽しいのだろうかと…

そんな感じで生きているところに、さらに追い打ちをかけるように、卒研ができあがらず、さらには就職もできなくて、

「ああ、自分ってダメ人間だったんだな」

と変に悟ってしまう。何に対しても諦めがちになってしまう。今考えるとそれほどダメでもなかったんだけどね。分かってくれない社会に対する怒りとかではなく、自分を卑下することで「自分」ってのを保ってたんだ。

自分は無価値な人間だから死んだ方がいいけど、どっかしら希望があるとか思ってて、死ねなかった。

何をやっていいか分からないから、CADのバイトしながら稚拙なCG作ったりCG検定の1級を受験してたりしてた。世の中に貢献できないなら、適当にバイトして食いつなごうと。

自分で何ができるのか分からないから、オタクたちの集まりに行ったりして、自分の居場所を探してた。でもなんか違うとかも思ってた。とはいえ、同じような感じでダメっぽい連中とつるむようになって、それはそれで居心地よかった。

でも「これはあかんな」と思ってた。思いつつ、自分程度にはこれが相応しいのだとか思ってた。昔の全能感はどこへ行ってしまったのだろう。

28歳のときに某ゲーム会社に拾ってもらわなかったら、たぶん相当にみじめな事になっていただろう。別に就職できたことが良かったのではなく、やっと他人に認められて、自己肯定を思い出したからだ。

再び自己肯定を思い出したとき、「他の誰かになろう」っていう気持ちは無くなってた。なんとなくで続けてきたボクシングやその他の趣味や習慣が、「ああ、こんな特性を持っているのは俺しかいないじゃん」って思わせてくれた。

良かった。
しかしある意味遅すぎた。
自己否定ばかりしてて、女性に近づかなかったため、どう接していいのか分からなくなっていた。未だにそうなんだが、良く分からん。

長々と書いたけど、今、思い返すと「他の誰かになろう」って思ったのがそもそもの間違いだったのだろう。中高のときは仕方ないのかもしれないが、それ以降に引きずるようなものではなかった。
ずーっと「どうして俺はモテたいって思うのだろう」と考えてた。いや、ヤリたいだけなんだけど、それ以上のもの…つまり「カッコいい誰か」の象徴だったのよね。本当はモテたいわけじゃなかった。モテたら別の誰かになれると思ってただけ。

たぶん、仮にモテたとしても、別の不満と悩みができてたんだろう。自分が本当にやりたいことだけやってればよかったのだ。

だけど、「やりたいことだけやる」ってのも難しい、周囲の邪魔が入る。いや、それは学校とかじゃなくて同級生かもしれないし、親かもしれないし、とにかくほかの価値観を日常的にぶち込んでくる。

言っておくが、ダメになる方向に「やりたいことだやる」は矯正しなきゃならんと思う。だってそうだろ?毎日オナニーだけやる奴はダメでしょ?

基本的に依存性のあるものと、犯罪的行為をやるのは止めなきゃだけど、それ以外は好きにさせとけばいいと思う。

才能がなくても、本人が楽しんでやってるならやらせるべきだし、他人がどうこう言ってはいけない。何故ならそいつの人生全て責任が持てる奴はそいつしかいないのだから。

親とかセンセーは自分の価値観だけで、ガキのやる事を規制したくなるが、そこは一旦こらえて、しばらく見守ってはどうかと思う。いやさっきも書いたけど、毎日エロゲーやってオナニー三昧なのは止めるべきだが…その辺の線引きは難しいかもしれんが、「才能ないからやめとけや」だけは言ってやるなよ絶対に。

あと、「隣の○○くんはできるのに…」みたないのもいうなよ!!それはてめえの息子をほかの誰かにしようとする事だ。愚かすぎるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自転車泥棒許すまじ

自転車が盗まれてしまいました。

2017/06/26の事です。

20年前に購入した自転車で、学生だった当時にバイト代と事故の慰謝料と合わせて16万円でちょっとお高い自転車でした。

流石にお高い自転車だけあって、傷や塗装の剥がれはあるものの、全く故障なく今まで過ごしてきました。

職場が21:00になると地下の駐輪場が閉まってしまうため、いつも22:00過ぎまで仕事している僕は、上にあげておくのを日常的にやっていました。
そしてその日は油断もあったのでしょう。5分くらいで戻ってくるからと鍵をかけ忘れていました。

そして盗まれました。20年間も乗ったものですから、ボロいけど愛着があったため、非常にショックでした。

当日はでも、なんかマヒしてたみたいで、それほど感情は昂ぶりませんでした。

しかし次の日に、交番へ被害届を出しに行くと、防犯登録や車体番号を覚えてないことを理由に門前払いをされてしまいました。非常にバカにした態度だったので、頭に来ましたが。まぁ、警察なんてそんなもんかと思いました。ちなみにSMYS神社の向かいのSMYS交番です。

うちも公務員絞ってのがあって、そこはヤンキーの巣窟みたいなところなので、それを考えると、ああいう奴等が交番に勤務してるんだから、そんなもんだと思いました。

しかし、その一件から警察への失望とともに怒りが少しずつ大きくなってきました。

職場の防犯カメラに犯人が映っていたため、映像を抜き出して公開しましたが、職場の方からストップがかかり、色々あってその映像を別の交番へ持っていきました。HKT駅前交番です。

そこでは前のSMYOSI交番と比べ物にならないような真摯な対応で、盗難届を受理していただきました。交番によってこれほど対応が違うとは思いませんでした。すぐ近くの交番なのに・・・。

まぁ、運が悪かったのか、SMYSI交番は特別にクズどもの集まりなのかは知りませんが、とにかく全然違いました。

しかしながら、最初の交番が真摯な対応をしなかったせいで、盗難届を出したのが、6/30になってしまい、遅れてしまったことは悲しいです。

それよりも何よりも自転車泥棒を許せないです。ドロボウ野郎は、盗まれた側がそれをどれほど大切に思ってたかとか考えもせずに帰りに乗って行って乗り捨てて、川にでも捨てるのでしょう。

殺してやりたくなります。

自転車が盗まれてからもう2週間がたちました。犯人に対して殺意しか湧いてません。7月末になっても見つからなければ、職場がどうあろうと公開します。そして社会的にも息の根を止めてやろうかと思っております。

ところで…みんな自転しドロボウには甘いですよね。自分でやった経験でもあるのでしょうか?財布がネコババされたら犯罪って意識があるのに、自転車だと仕方ないねで済まされてしまいます。

俺の自転車は特別に高いかもしれませんが、普通に考えて財布に入っている額よりも高いものだと思いますが…何ですかね、そういうのに甘い人ってやっぱり自転車泥棒の経験があるんですかね。盗まれた人間の気持ちとか考えないんですか、死んだ方がいいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提案

提案

科目に「筋トレ」とか「体育」「護身術」とか「健康管理」の授業があるゲーム専門学校ってのは、どうかな。需要あるんじゃないか?
割と本気で考えてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宝くじ当たったら~

宝くじ当たったら~

なんて考えてるそこのキミ!!

悪いけど、

当たんねぇから!!

夢を壊して申し訳ないけど。

そんな淡い期待を描くくらいなら、頭使ってなんとかたくさん稼ぐ方法考えたほうがマシだから!!

そのときの注意点は、自分で考える事!!

これを忘れるといとも簡単にカモにされるぞ!!

頭を!!!


使え!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧