書籍・雑誌

実家のカーチャンの誕生日に買う本

今、実家のカーチャンの誕生日に買う本を考えている。

ちょっとこのところ…というか、今年はアホみたいに忙しくて、心の余裕がないので新刊とかに目が向いてなかった。

ぼっちぼち考えてはいるのだが、やっぱり疲れているのかまとまらない。
生活も荒れてきてるし……どこかでリセットすべきだと思うんだけど、

そうは言っても、誕生日は刻一刻と迫っているので、候補を考えている。



と、まあ今年は生物系で行こうと思っている。

もう70近いんだけど、いまだにこういう方面の興味が旺盛というのは、息子としてもちょっと誇りではある。

   
ちょっとだけくだけて、こういうのもいいかなと思ったりしている。



本をよく読むカーチャンに育てられたせいもあって、私も本を読むのが好きなのだが、もうホントに今年はひどいレベルで忙しくて全然読めていないのが現状なのよね。

CEDECのセッションを研究したり、実務に活かしたりする暇もないので、嫉妬も込めてか「もう行かなくていいんちゃうん?」と揶揄される始末…。お前らが俺の時間をなくしてんだろ!!まぁ、そんな職場はさっさと辞めるべきなのかもしれないけど…そろそろ潮時かなあ。

まぁ、とにもかくにもお金を稼げる間に、親孝行はできるだけしておこうかとは思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日ポチったもの

まずは学生からせがまれたのでUnrealEngine本


次に自分の趣味的にプログラミング言語の基礎概念を…





次は完全に趣味

そに子かわいいよそに子


最後に生肉定食でも食おうかと…



さて…散財ですね。総額ええと…まぁめったに金を使わないし、別にいいかな。
後でレビューしますんで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Kindleで本を買ってみた。

Kindle Paperwhiteを買った。

Kindle Paperwhiteなので、元がモノクロの本は質感で読みやすいです。

うん、本を買っただけ。読んでないのになぜブログを書くのかというと

俺が散財したんだからみんな散財して俺のアフィリエイトに貢献してくれよォ」っていう心の叫びの表れです。マジでアフィリで足しにして行かんとやばいレベルなんで・・・OTL

ちなみに買ったのは



です。

クレカだし、現物があるわけじゃないので、金を払って本を買ってる感覚が薄いのが怖いです。結局これで7千円くらい使っちゃってるのね…OTL

追記:OTL
さらに一冊買ってしまった。俺はもうだめかもしれない

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自己啓発書の著者について

何か知らんけど、いくつかの著者にはこういう図式が出来上がっている気がする

①下積み

②売れた

③スゲー売れた

④テレビに出た

⑤ものすごーく、とんでもなく売れる。猫も杓子も知っている状態

⑥なんか著書が売れなくなる

⑦訳書とか書く、前の著書の焼き直しを書く…あれれ?何か枯渇してきた?

⑧段々思想が気持ち悪くなる

⑨信者以外は離れてゆく

こう言う傾向は大体、Amazonのレビューとか見てるとわかる。

有名どころでは苫米地英人氏と、勝間和代氏だろうか…。
双方とも図書館でしばらく著作を読ませてもらった(この方々の本は非常に人気でなかなか借りられないので、いくつかはブックオフで買った)

最初は、「心の操縦術」とか「頭の回転が50倍速くなる」とか、勝間氏のは○○が10倍アップする系のね。

そこまでは面白かった。非常にこちらの見聞も広がった。多分ここらへんまでは著書も評判がいいだろう。

勝間氏の本は「自分をグーグル化する~」以降ピンとこなくなった…なにか訴えるものがなくなってきた。ちょうど彼女がテレビにも出始めた頃だろうか、確か。他に気を遣うために著書の中身が薄くなってきたのだろうか?

苫米地氏の場合は、主張することが一貫している。一貫しているだけに一冊買えば十分ともいえる。
要は人間「キモチイイ所」にとどまろうとする。
これは最近では色々な人が言っているので、別に氏の著作じゃなくても学ぶことができる。
石井裕之氏でも同じようなことを言っている。まぁ、石井氏の著作でお勧めは

だ、1コマ漫画と説明文形式だが、非常に真理をついている。こう言う本は繰り返し読むのが大事なので、こういう読みやすい形式はいいと思う。

苫米地氏については、最近の著書が気持ち悪いと思いました。気とか…。まぁ僕もオカルト好きですから。否定はしませんよ。超能力も気功も興味あるが、自己啓発書の著者に書いて欲しくない。プログラマとしては元計算理論の研究者の口からそういう話は聴きたくない。

結構成功してる人の著書って、宗教臭いところがあるんだよね…。宗教も否定しませんよ。マジで。

個人的には「オウムの洗脳をといた著者が別の宗教に洗脳されてんじゃね?」と思ったり思わなかったり…。まぁ、失礼な話なのですが…

Common Lispの生みの親と宗教臭さってのは相容れないよなぁ…。

神田昌典氏の場合はメディアへの露出がある程度控えられているためか、そこまで変容していないし、著作へのエネルギーを感じる。いくつかは焼き直しがあるが、おそらく常に大量の事柄を学んでいるのだろう毎回新しい話が入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハガレン

久しぶりに、数人でギターを弾いた。

システム管理者、サウンドデザイナ、俺。

で、めっさ楽しかった。弾くのは楽しい。へたくそだけど。

そこに、ハガレンの載っている雑誌が置いてあった。すげー分厚い。

俺は単行本派だけど、別にネタバレとか気にしないほうなので、読みまくった。

鋼の錬金術師だけを

いやー、なんちゅうか、あの人の描く悪役は、散り際がかっこいい。

(※若干ネタバレ注意!!単行本派、アニメ派の人は見ないでね)

ブラッドレイ、いいですねぇ、カッコイイです。ほんと。戦い方がカッコイイ。…腕が無くなってもなお反撃する。素晴らしい。そして、ネタバレになるので詳しくは言いませんが、ランファンが爺の仇をとろうとして、瀕死のブラッドレイと会話するんですが…、いやぁ、多くは言いませんが…なんだろう、このおっさんの愛の形と言うかなんというか、かっこよすぎ。

そして、プライドとエドの戦い…ああ、ここで、キンブリーがこの役回り。

「貴方、美しくない」

ものすごく憎たらしい奴だったけど、なぜかカッコイイ。彼は思うに、「一貫性」ってのを愛していたのではないだろうか。イシュヴァール戦においても、罪悪感にさいなまれる兵士たちに吐き捨てる言葉が、「一貫性」を愛しているからこそ、最期まで泥臭いことを貫くエドワードに味方したのではないでしょうか。

そしてプライドは…そうなっちゃうのね…。

やっぱり面白いわ。このマンガ。終わっちゃうのが残念だけど、ね、散り際はカッコよくが、このマンガのいいところだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々にエロ漫画

久々にエロ漫画を読みたくなって、それ系ランキング1位のエロ漫画、表紙の絵も気に入ったのでAmazonで注文。

割とすぐに届いた。おおー、きれいな絵だ。でもこの手の本は表紙に騙されることが多いからね…。まぁ、久しぶりだし1000円だし、まぁいいんじゃね?

パラパラ…

う、うぉおお、中身もうまいよ。これは。

フンガー!!

やー、全編とってもうまいですね。ていうか、最近のエロ漫画家はうまい。で、あとがきのコメントに…下手でごめんなさい的なことが書いてある…あのね、このレベルでそんなこと書くのは、他の力量不足を自覚しているエロ漫画家にとって、イヤミにとれますよ、マジで。

うまいエロ漫画家といえば、大暮維人氏もうまかったんだが…うまさゆえに完全にメジャーになっちゃって…エロなんかもう描いてないんだろうなぁ。

ちなみに今回買ったのはこれ

で、同時に注文した本がこれ

俺は本当に一人の人間なのだろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

30歳の保健体育

を、立ち読みした。だってジュンク堂のコンピューターコーナーの新刊のとこにあるんだもんよ。

まぁ、わかりやすく直球で言うと、How To Sexだ。

内容も、最初のほうは「出会い」だの「メール」だの、そんなんだ。でも、後の殆どがセックスについてだ。大事なことだね。

女性視点でかかれているので、まぁやさしい感じがします。喧嘩しない方法とかいいね。

女性が書いた本は大抵オタク系に厳しいものだが、これは初めからオタク向けなんで、だいぶ優しい言葉でかかれています。心のカヨワイオタクが見ても大丈夫ですね。

あと、立ち読み、かなり恥ずかしい。なんでかというと、クリトリスの攻め方とか、オマ●コとかが、図解されているので、立ち読みでパッと開いて、後ろに女性がいたりしたら、

…まぁ、かなりヤバイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いつの間にか

マインドマップがたまっていた

般若心経は間違い?
Hannya_mistake_2

身体意識を鍛える
Sintaikannkaku

成功はゴミ箱の中に

Trash_success

30代の勉強法
Learn_30

だめだ…何度やってもレイアウトがおかしくなる…orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オーディオブック(笑)

オーディオブック、この文章は一旦完全に消えてしまったので、記憶を辿りながら書き直しです。

勝間和代氏の本でオーディオブックが紹介されていたので、オーディオブックに興味ができてきました。ただし以前から書いているように僕はお金をかけたくありません。著者に言わせればそのお金は先行投資ということになるのでしょうが、僕はお金はなるべく貯めておきたいのです。なぜならば会社を辞める決心をする場合にある程度の蓄えがなければ、決心がぐらつくからです。僕は自分のそういう弱さを知っています。

何故か図書館にはオーディオブックが置いていません。何故かはわかりません。著作権?それとも「図書」ではないから?まぁ、家庭でコピー可能なものだからね。図書館に置いたら、オーディオブックなんてコピーしまくられだろうからだろうかね。本に付属しているCDはアリなんだけどね。

ま、少しは投資しようと、オーディオブックで検索すると、同氏の紹介でもあったFeBe(https://www.febe.jp/regist/index.html)がヒットします。しかし僕はクレジットカードを持っていないし持ちたくもありません。

うーん。いろいろとクレジットカードがあったほうが便利にはなってきてるんだけど、家の鍵を去年だけで2回もなくしてしまう粗忽者な僕はやっぱりもたないほうがいいと思う。

英語のスピーチなら、
IT Conversations(http://itc.conversationsnetwork.org/)で十分だしなぁ…。

まぁたまに日本語のスピーチも聞きたくなるのよ…ってか、正直に言います。自分で吹き込んでみたかったんです。吹き込みましたよ、もう。

しかし、300円くらいのマイクを手で持ちながら、本をめくりながら…ノイズは入るわ、音は割れるわ。でも楽しィーッ!ちなみに今回使用した本は、ウォレスワトルズの「富を引き寄せる科学的方法」です。

短いからね。休憩入れながら30分くらいで第5章くらいまで録音できましたよ。ただ、録音してみて思ったこと、序盤は慣れてないからか噛みまくりだったんだけど、5章くらいになるとだいぶ間とかスピードとか、マイクとの距離がわかるようになって、聞きやすいものになった。

あと、困るのは音読しているとやたらとゲップとオナラが出るね。これって、呼吸器系を刺激することによって、気の流れが活性化しているんですかね。よーわからんけど。

活性化といえば、やたらと頭が興奮しているっぽい。

脳を鍛える大人のトレーニングでも「音読」はあったし、川島隆太氏は「朝刊10分の音読で「脳力」が育つ」って本も書いていたり、音読に関しては斎藤孝氏も効果アリといっているよう出汁

まぁ、効果あったんでしょう。まぁ、効率の面からはどうかと思うけど、とにかくこのウォレスワトルズの本だけでも全部録音してみるか。とにかく楽しいので。

ただし、この音声の公開はしない。恥ずかしいので。自分用にのみ使用。

万が一、どうしても欲しい…って人がいたら考えても良いけど、あー、棒歌ロイドにでも朗読させてみるか…。

「bokaroido.wav」をダウンロード

| | コメント (2) | トラックバック (0)

古本屋

で、やたらと勝間和代氏の本が並んでいる。おかげさまでこちらは半額以下で買うことができる。

書いていることはためになるんだけどなぁ。複数回読まれてないってことか?

まぁ「年収10倍~」ってところで飛びついて買ったはいいが、その勢いだけ、半分も読まないうちに古本屋へ。ってなパターンか。いやなんで半分も読んでないと推測できるかと言うと、赤線引っ張ってたり、書き込みされてるんだけど、それが最初の10ページくらいだからさ、ああ、挫折したなと。おかげさまで古本としての価値は下がるので、半額以下、もしくは100円ということもありうるわけさ。手垢もついてないし、後ろのほうのページは開き癖がついてないしね。

…この程度の本、1~2時間で読めよ。速読なしでもそれくらいでよめるだろう!いや時間があるのなら速く読む必要はないけど。

悪いがそんな低脳にこの本に書いてあることの実行はできない。もちろん低脳は低脳なりにやれば大金持ちになれるさ、ただこの本に書いてあるやり方じゃなくって、もっと画期的な方法だろうけど。

いや、そういう本を手にとると言う時点である程度の学がある(と思っている)ビジネスマンだろうけどさ、いやマジで、ヤバイですよ。ビジネスマンともあろうお方がこの程度の本読めないようじゃぁねぇ…リストラが横行している昨今、切られないのが不思議なくらい。まぁ、ビジネスマンに読書能力だけが必要ってわけじゃないけどさ、あー、こんちくしょう!!

俺たちゃもっと難しい、計算理論だの英語のマニュアルだの毎日読ん㌦んじゃい!!

その上でコミュニケーション能力も勿論求められるし、日々勉強していないと(勉強するのが当たり前だからね)あっという間に取り残されてクビ、もしくはコミュニケーション能力が欠けているとクビ

あー、まー、正月からTV見てるような糞クダラナイ人間のことなんか考えるのはよそう。そぉい、勉強勉強!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧