勉強

雑多な勉強

集合とかの記号

計算理論の本とか読むと、こちらが集合の記述方法を知っていることが前提になっていることが多いね。
…まぁ、その辺の初歩も分からんような奴は、この本を読むなっていうスタンスがひしひしと伝わってくる。
じゃぁ俺、プログラマ辞めるわ。というのもツマランので、ムカつくが勉強してやる。

•∀:すべての
•∃:存在する
•¬:否定
•∧:かつ
•∨:または
•∈:a∈Aと書いた場合、aが集合Aに含まれることを表す
で、こんなの高校で教えてもらってない。要は独学だ。独学しなきゃいかんのよ!ああ、はい当然ですかそうですか。
ちなみに上ふたつは、それぞれAllの頭文字、Existの頭文字をひっくり返したものらしい。…なんでひっくりかえすの?

•P⇒Q:PならばQ
•P⇔Q:Qであるとき、かつその時に限りP
一つ目はわかるが、二つ目の意味がわからん

有限オートマトンとはなんだ?

こういうのは定義をあやふやに覚えていると、覚えてないに等しい、理解していないに等しい。
なので、理解を深める、確認の為、手元の参考書(計算理論の基礎Ⅰ)およびWikipediaの記事を
もとに説明を行う。

そもそも有限オートマトンの何が 有限 なの?

•有限個の状態
•有限個の遷移
•有限個の動作
•有限の記憶領域
これらのものが有限なんですと。そもそも定義はなんなのさ?
定義を見たいですか。そうですか

5個組の表現と、6個組の表現とがあるのですが、5個組は<S,Σ,σ,S0,F>で

1.Sは状態(State)と呼ばれる有限集合{S0,S1,S2,...}
2.Σは入力文字セット(有限だがからではないシンボルの集合)→alphabet
3.σ:S×Σ→Sは状態遷移関数(transition function)
4.S0はSのひとつで、初期状態を表す
5.Fは終了状態の集合であり、F⊆Sは受理状態(終了可能状態)の部分集合
定義はこんなんですが、わかりませんね。

※部分集合とは、ある集合が別の集合にすっぽり含まれる場合(図で書くと◎てな感じになる)に、部分集合というのである。


フィーチャ

•フィーチャモデリングってのがあるが、そもそもフィーチャって何やねん。
◦ドメイン分析でドメイン共通部分と異なる部分を記述するのに使われるもの
◦フィーチャの定義
1.エンドユーザから見えるシステムのある特徴。
2.その概念のステークホルダにとっての意味のある概念の特徴
◦フィーチャモデルの要素
1.フィーチャ図:段階としてあらわされ分割化されたフィーチャのダイアグラム。フィーチャが必須か、
排他選択か、任意的かの情報を含む
2.フィーチャの定義:フィーチャがコンパイル時、アクティベーション時、ランタイムに取り込まれるかの情報とともに全てのフィーチャを定義する
3.フィーチャの組み合わせのルール:どのフィーチャの組み合わせが有効でどれがそうでないかを示す
4.フィーチャの論理的根拠:選択したフィーチャと選択されなかったフィーチャの理由を示す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

太っ腹な慶応義塾大学

最近気に入ってる講義が
慶應義塾大学の
「意思決定能力の開発」という講義だ。

慶応義塾でのいくつかの講義がビデオで録画され、一般公開されている。もうね、すばらしくて涙出るよ。福沢諭吉様バンザーイ!!もうね、バカヤリマンが1万円札のことを「諭吉」とか呼び捨てにするのがユルセナーイ!!

まぁ、ググれと言いたいところだけど、慶応義塾のすばらしい精神に則って教えます

http://gc.sfc.keio.ac.jp/

ですね。あとは自分で好みの講義を探してください。

話はもどるけど、意思決定能力の開発だ。気に入りすぎて、各講義を3回くらい繰り返し聞いているので、学生より理解度は高い自信がある。まぁ、仕事中にヘッドフォンなんだけど。別に…ビルド時間とか、定時後バグが上がってこないときとか、昼休み中とかだからいいじゃない。…どうせ残業代も出ないんだから。

で、どういう内容なのかというと、

・僕らは意思決定をするときにどのような情報を元に意思決定を行っているのかと言うこと。
・その情報の信頼性は?情報量は足りているのか?
・状況によっては直感と言うものが非常に当てにならないということ、そしてそれが結構危険だと言うこと
・似非科学に騙されるな!
・認知バイアスを意識しよう

ってなことを非常にわかりやすく語ってくれる。あと語り口が面白いです。ホント、学生は幸せだなあ。

と思うんですが、当の学生は、出席とか、就職とかの方が気になるご様子ですね。まぁ、学生なんてそんなもんです。「けしからん」とか言う前に、自分の学生の頃を思い出してみよう。まぁ、ウチの大学は実習メインだったんで出席は当たり前な上に、きちんとモノを作らないと単位が取れなかったんで、「けしからん」状況を経験できていませんが…。何しろ全出席していても、課題(粘土とか木工とか溶接とか)がしょーもない出来だったら、可だったもんね。ちなみにセンスに乏しい僕は、可ばかりでしたが。

で、この意思決定の授業のおかげで色々な分野があることを知った。認知科学は聞いたことがあったけど、行動経済学なんてのは聞いたこともなかったし、後付バイアスとか面白すぎる。んで、今週公開されてたのが、認知バイアス(2)なんですけどね。これを聞いて理解しておくと、怪しい宗教とか、怪しいセミナーとかに引っかからなくなる助けになると思う。

なので、俺としては、このブログを見ている人には「認知バイアス(2)」だけは聞いておいてほしいと思う。

俺は血液型の話とか、TVの健康食品とか、健康番組とか、占いとかに言い知れぬ気持ち悪さを感じていたのだが、

授業を通しで聞いていてると、論理的に、ユーモアを交えて、その≪気持ち悪さ≫を言葉にして教えてくれます。

おかげさまで、他人にもこの≪気持ち悪さ≫をうまく伝達できそうです。感謝感謝。

あー、でもあれかー、ビジネス本でよく出てくるパレートの法則(80-20の法則)も似非科学なんですかねー。まぁ、Wikipedia読むと、パレートの法則が似非科学なのではなくて、パレートの法則を引き合いに出してビジネス上のまったく別の自称に当てはめているのが似非科学なようだ。だが、パレートの法則自体が有名なために妙な説得力を持ってしまうのだろう。(過剰な一般化)

科学的な法則がそんな感じに捻じ曲げられるのは非常に困った話だと思うが…まぁ、しょうがないよね。

でも、変な話に乗っかる前に今一度頭冷やして考えて、バイアスかかってないかとか考えたほうがいいと思います。全く騙されないのって無理だろうけど、勉強によってその確率を減らすことは可能だと思う。

もちろん、プログラマにとって役に立ちそうな講義はないか探しましたよ。

これ

「システムソフトウェア」

ですよ。もうね、スレッドとかで苦しんでたんですよ。僕は、仕事で。あー、非常にありがたいよーありがたすぎるよー。私ありがたいとおもっているよー。ってくらい役に立ちます。マルチコアプログラミングについてとか、オペレーティングシステムについてとかの理解が深まりました。

あと、先生はアメリカ人なんで、英語の発音がネイティブです。ちなみにマルチコアは発音聞くとモルティコゥですね。

あと、先生、いかにも分かってなさそうな学生にわざと当ててます。先生の立場からすれば、たぶん、これできっちり理解してくれる、勉強してくれると思っているかもしれないけど、学生は「うわ、嫌だなぁ」って思っているだけだと思う。80%の学生なんてそんなもんだ。

この先生のうまいところは比喩表現がうまいです。リアルタイムシステムの説明に流しそうめんで説明するあたり、センスを感じます。

今から見ようと思っているのがちょっと興味ある「社会システム理論」。あの二クラスルーマンのクソ分厚い本に挫折した僕としては聞いてみたい授業ですね。公開されていてよかったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

俺勉強法

ふっふっふ、新しい勉強法を発明したぞ。これはどこにもない勉強法だ。クックックック

名づけて、wikipedia+softalk+ipod勉強法!!

某「速く聴くことによって脳を活性化しよう!!」に高いお金を払うこともない。まぁ、あまり言うと怒られそうなのでやめとくが、

まず、Wikipedia。これはみんなもご存知のとおり、すばらしい百科事典だ。これを読むだけでも勉強になると言う優れものである。タダである。

そして、softalk。以前にも紹介したが、棒歌ロイドとしても名高いフリーソフトだ。

このフリーを組み合わせてみる。例えばL-Systemについて

「L-system.wav」をダウンロード

225で再生してみた。これを聴くだけでも、何とか中枢とやらが活性化するような気がしないかい?しないな。

速くする必要はない。何が重要かというと、スポーツと同じ。「反復練習」なんDA!!つまり、これをipodだか、なんでもいいや、とにかくプレーヤーに転送して聞きまくる。聞きまくるのだ!!本当は自分の声でやったほうがいいけど、面倒でしょ?面倒だからノウハウが知りたいんでしょ?Softalkに言わせる言葉も自分で書いたほうがいい。でも面倒でしょ?だからWikipediaコピー(気をつけるべきなのは、英語入れると、そのままだとアルファベットを朗読しやがるので、単語登録するか、カタカナにするか、完全に英語にしてSAPI使うか、それらを複合するかする必要がある…実は面倒。最終的には自分で吹き込んだほうが楽かも)。とにかく覚えたい事柄を何度も頭に入れる。すると覚える。簡単な理屈だね。

すごい勉強法だ…!!これは売れる!!ちょっと工夫すれば…。

ちなみにこれ以上速くすると、まともな音声じゃなくなります。僕は300でも聞き取れたが…。こーゆーことを繰り返しているからか、周囲の人の3倍以上は本を読むスピードは速いです。

別に速く聴くことに効果があると思っていない。直感的に根拠薄だからだ。信じていないものは効果が薄い。根拠のないものでも信じていれば効果がある。プラシーボ効果ってやつだ。だから信じろって?そりゃ無理だ。怪しげな宗教の勧誘だってもっとマシにやるぜ?

ねぇ?宗教にしても、こういう自己啓発グッズにしても、やってる奴の脳みそが、神様のおかげだか、科学だか奇跡だかで活性化してるなら、もう少しましな勧め方するはずだろう?頭を使えよ。

確かマーケッティングだか広告だかの本で、

・顧客はあなたを信じない
・顧客はあなたの話を聞かない
・顧客は行動しない(お金を払わない)

の前提で考えろってのがあったと思う。確か。複数の本に書いてあったので、基本、ベース、ファンダメンタルな、部分なんだろう。

この前提に立った上で、どう問題解決(話を聞いてもらい、信じてもらい、買ってもらう)するかが、せぇるすマンのお仕事でしょうに。僕ら技術者は日々勉強しています。たまにはこうやって垣根を越えたものまで興味を持って勉強します。ねぇ、

勧誘するお仕事、まぁ、宗教の勧誘でもいいんですけど、目的は何ですか?

最終目的はわかっていますよね?物を買ってもらう、もしくは信者になってもらう。でも、そこに一足飛びに行くからダメなのよ。ゲーム作るときでも、最後のイメージばかり追いかけてるだけじゃゲームできやしない。きちんと段階踏まないと…恋愛もそうだよNE!!…何度も失敗してそれがわかったっす。

で。段階を踏むには、忍耐が必要です。女の子を落とすときも、本心はやりたくてやりたくてしょうがない。胸とかあそこにばかり目が行くかもしれない。でもそれは最後の最後のお楽しみだ。今はプロセスを楽しもう。一歩ずつだ。格闘技だって、のび太みたいな奴が練習もしないで強くなれるもんか。一歩ずつまじめに繰り返すうちに強くなる。それと同じですよ。

最後しか見えてないから

「ンモー辛抱たまらん!!やらせてくれろー!!!」

「今買わないと一生後悔しますよ!!!」

「信仰しないと地獄に落ちますよ!!!」

となる。勿論、上の言葉は、相手の信用を完全に勝ち取った状態では非常に有効打になる。とにかく畳み掛けるのだ。「もう募集は締め切ります」「あと一時間で10倍に値上げします」

そういう意味で「Free(タダ)」は非常に有効である。

すばらしい情報やモノをタダで提供する。相手の話を親身になってタダで聞いてあげる。タダで相手を喜ばせてあげる。楽しませてあげる。

あー、この人いい人ねー、信用してもいいねー、こんな良い人が嘘いうはずないねー。この人の言うとおりにしたら良いことあるねー。

うへへへへ、こうなりゃこっちのもんだぜ。うへへへへ。となる。多少の無理なら聞いてくれる、高い教材を買ってくれる、やらせてくれる。うっへっへっへ…。

このプロセスが分かってない。勧誘者の癖に、セールスマンの癖に、一技術者が知っていることすら知らない。もうね、アボカド、バナナかと。

だから僕のいう勉強しなさい。タダで教えてあげるから…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふろたん

文房具マニアの僕は、先日もいつものアンエイにいって、面白いものを買ってきた。

その名も、「ふろたん」風呂単 」である。

え?知ってる?まぁいいや。俺としては、フリクションボールくらい感動したんだが…

俺らみたいな「勉強してナンボ」な職業はいつまでたっても、高校生みたいなことやらなあかんねん。

プログラマは基本、理解と計算が大事だが、初めて勉強する分野に関しては暗記も大事だったりするわけだぁ。

ちなみに今勉強中は

・コンパイラ
・計算幾何学および3DCG用技術
・ガベェーージコレクション

だったりするわけだが、ガベージコレクションの本 はとても分かりやすいため、読めば理解できるのですが、コンパイラ はわからん。計算幾何学 もわからん。

わからんのは仕方がない。勉強したことがない分野なんだから。そういう分野ってたいていの人は経験あるはずだ。そう、英語だ。他の教科はともかく、英語は中学になっていきなり出てくる教科だ。はっきり言って面食らった。100点満点中10点だった。でも、根性論な友人が「自作単語帳」を教えてくれた。

単純な俺は信じてそればっかりやった。するとどうだろう。100点が取れた。調子に乗って勉強したもんだからそれ以降は80点以下を取らなくなった。

…まぁ、高校3年時には根性を忘れて、いろいろ亜流に手を出したばっかりにそれほどでもなくなったが、英検3級はその勢いで取ることができた。

さぁ、根性を思い出すときだ!!今はまず「計算幾何学」から行ってみようか。うーん。

風呂単はいい。風呂好きな俺でも勉強できる。サウナなんか最高だね。

ちなみに、風呂単は楽天では売り切れだね!!すごいね。受験シーズン中に在庫が切れちゃったのかな?

どうしてもほしい人はアンエイででも漁ってみてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TOEIC結果!!

…420点

やられた。下がっている。
内訳を言うと、リスニング250点。リーディング170点。そう、リスニングは前回220くらいだったからかなりあがっているものの、リーディングが痛恨の200未満…。

リスニングは例の倍速リスニング(MediaPlayer9以降)のおかげでかなり上がったが、それを過信して、語彙力、文法力を怠けていたというところが正確なところか。

こんかいのTOEICは点数だけでなく、どの分野が弱いのかがわかるようになっている。

で、リーディングで平均値から著しく低かったのが、「文章の中の情報を元に推測できる」というやつだ。これは主に

①~ing
②~ed
③~そのまま(現在形)
④to~

のどれかを選択するという奴だ。はっきり言って適当に書きました。
次に悪かったのが語彙の理解。

対策としてはたくさん洋書を読んで訳して、単語をたくさん覚えなさいってことかな。

ってそう思ったら「文法が理解できる」が平均以上だったな…むむ?ということは語彙力か、やっぱり。

語彙はなぁ…やっぱり単語帳をひたすら覚えるしかないのかなあ…('A`)マンドクセ('A`)ツマラネー

なぁ…けど、語彙力は愚直に覚えとテストを繰り返してれば必ず上がるものなのである意味楽なんだよな(筋肉トレーニングと同様)

さて、ここでツマラナイことを多少楽しくしてくれるのが、左手でオナニーというかなんというか、ロシア語とドイツ語と英語を同時にやってみる。

余計に大変だろうと思われるかもしれないがそうでもない。むしろその滅茶苦茶さが楽しくなる。そんなもんです。ま、次に期待してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金をかけない勉強法(つちのこ勉強法2)

ども、明日試合のつちのこです。ジムから「前日はゆっくりしとけ」といわれたので、こんなものを書いている次第であります。

それはそうと先ほど図書館に行ってまいりまして、そこで思ったことを書こうかと思います。

図書館で本を読んでいると、いつもの3倍くらいのスピードで本を読めていることに気が付きました。その上頭に残っている率も高いようです。

なんでだろう?家とか会社で読むのと何が違うのだろう。とりあえずリストアップしてみました。

①静か
②広い
③本がたくさん
④本以外の余計なものがない。
⑤空調がきいている

とはいえ思いつくものはこれくらいですが、これで十分だなあと思います。たいていの図書館は家よりも防音に優れているので静かです。また、静かというのは聴覚だけのことではなく、視覚的に静かということもあります。
視覚的に静かというのはどういうことかというと、目に入るものがごちゃごちゃしていないということです。
逆に視覚的に騒々しいというのは、電気街の看板のように激彩色がちりばめられているとか、部屋が片付いていないとか、そーゆーことです。そういう意味で僕の家は騒々しいといえます。

5つリストアップしましたが、速く読める要因は①②④のようです。ちなみに先ほどは20分で4冊読んできました。別に僕は速読とかやってるわけじゃありません。

ただ、③は乱読者の僕に向いていますし、⑤は経済的にも助かるわけです。「暇なときは図書館いっとけ」と。

じゃあこんな理想の環境で勉強したら(もちろん読書そのものが勉強ですが)どうなるんだろう。
と思いました。図書館は飲食不可ですが基本的に筆記用具持込可です。でかい図書館に行くと自習室なるものがあります(福岡県立図書館にはありました)。そういえば僕の実家の家庭環境は勉強に適さなかったため、休みの日は図書館に行ってガリ勉してた記憶があります。それでCG検定1級取りました。
体を鍛えるためにジムに行くように、頭を鍛えるために図書館に行ってはどうでしょうか?
タダですし。

えーと、あと吝嗇家の癖に読書家な僕は、ジュンク堂に行きます。最新本はここに限るからね。それでPDA(W-zero3)で要点をメモ(通常の筆記用具だと怒られるため)。さらに詳しく読みたい場合は、図書館ホームページのPDAで開いて蔵書チェック。あれば買わず、無ければ買うか、今すぐ読みたいわけでもない場合は図書館に頼んでみます。
10冊に1冊くらいは買ってくれますので…あと古典なら「青空文庫」で十分。

「難解ガチ専門系」「有害指定図書系」だけは買わなければなりませんが…。

ケチついでに書きますが、速く……読む、速く……聴く、英語…会話…。についても。この手の能力開発系は異常に費用がかかります。また人によっては習得に時間がかかり、費用はかさむばかりです。実際たくさん読んでれば速く読めるし、メディアプレーヤー倍速にすれば速く聞けるし、←を利用すれば倍速リスニングでき、これに慣れれば通常のTOEIC音声は遅く聞こえるし。あとは音読しとけって感じですね。

インターネットさえつかえれば(これ見てる人は使えると思うけど)本当にタダで勉強できます。

今勉強に使っているHP
①shader.jp
②シェーダトゥデイ
③カラーコーディネータ入門
④金融大学
⑤マーケティング論
⑥経営の理論と実践
⑦VOA
⑧NHKEnglish
⑨紅の中国語講座
⑩筋トレ入門
⑪インターネット、タダで読める本

とまあ、まさに乱読者、滅茶苦茶なピックアップですが、要は楽しくやることなので、滅茶苦茶かどうかは関係なし。さぁ、みんなもタダで勉強しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

つちのこ勉強法

本日は俺の勉強方法を公開します。プログラマたるもの本をたくさん読まなければなりません。
しかし、夜遅くまで練習している俺はちと辛い。そこで、「あなたも10倍速く本が読める」だの言う
本を図書館で借りました。

…無理です。まあ、しかししょっぱなから無理と決め付けてちゃ、パンチも打てへんわ。というわけで
だまされたようにフォトリーディング&マインドマップ描き。

…うーん。うーん。まあ、なんとなくわかるようなわかんないような。

僕は運動すると脳も活性化するようで、家に自転車ローラーが置いてあるので、それで自転車こぎながら
読書します。するとなぜか読むのも速い。そしてちゃんと覚えている!!すげー。

これを自転車速読法と名づけます。とはいえ、家にローラー持ってる奴なんて、自転車マニアしかいないだろうし
参考にならんですね。

まあいいや。最近のプログラマたるもの英語もわからないといけないようです。事実Lua言語とかを詳しく調べると
ドキュメントは英語です。(本来はポルトガル語ですが)

さてどうするか。現在の俺のTOEICは450。まあ普通。なので、とりあえずいろいろ読む(インターネットの海外サイト)。
自動翻訳で訳す。意味がめちゃくちゃなので原文読む。わからん単語を調べる。毎日これの繰り返しなので
なんとなく勘が養われたのか、ざっと見て大体わかるようになった。
次、英語で日記を書く。殆どが妄想の産物だが、英語なので見られても一瞬ではわからんだろう。また、英語で書くと
恥ずかしくなかったりする。
そして現在は外国のMLに投稿したりしてる。拙い英語だけど、無効は.jpを見て「ああ、ジャパニーズだからな。仕方ない」と
思っていてくれるようで、拙くてもきちんと返事を書いてくれる。
また、プログラミングセミナーとか行くと、外国人だったりする。もちろん英語だ。同時通訳さんがいるけど、
当人がギャグを言ったときに、ワンテンポ遅れて笑ってしまうのが「なんだかな」と思うので、リスニングする。
かねかけたくないので、VOAを利用する。www.voanews.comです。只です。
で、単語を覚えるのに「英語地獄」と「P-Study-System」両方ともフリー。毎日やってるとかなりわかるようになる。
とりあえずインターネットにつながってたら全部タダ。
勉強は、いくら金かけたかじゃなくて、どれだけやったかちゃいますのん?要は根性です。頑張れ!俺。

| | コメント (0) | トラックバック (0)