俺Twitterまとめ

Twitterとかやってみてる

とりあえず、つぶやきをまとめてみた

なんか時系列が逆方向なので、下から↑の順番で見ていってね。


「こんなのあったらいいのにな」って思ったら、それがビジネスになる可能性がある…そこで行動しなかった人間が後々「あ、それ俺も考えとったと」って言っても悲しいだけだ…

勉強会にしても、自分からバンバン情報を提供して講師役をやる意気込みじゃないと人は集まらないし…。それに気づくまでは、たしかに「教えてクレクレ君」でした…反省。

それに引きかえ、pixivの被お気に入りは23…こう、向き不向きがハッキリ出ているな…orz       

自分のメルマガの読者が30人越えた。ニッチなネタなのに…応えるためにも2月くらいまでにはボロノイ図をきちんと説明できるようになっておきたい。 

そういえばThe art of game designで検索すると、クロフォードのゲームデザイン論が二番目に来る。これって、僕が業界に入る前に見た記事だ…なんというか、素晴らしい記事は、10年くらい経っても上位なのだなぁ。

The Art of Game Design の著者の経歴すごいな。サーカスのパフォーマー→IBM & Bell l研でソフトウェアエンジニア→ディズニーのアトラクションやオンラインゲームのディレクション→カーネギーメロンでゲームデザインの教授&Schell Games CEO

なんかそーゆーことを考えさせられる実例でした。   

そういう、頭を使う学習、頭を使わせる学習、先生たちはキチンとできているだろうか。そして、勉強する側の僕はきちんとそーゆーことを考えているだろうか…

   

これって、自分が勉強する際にも、他人に教える際にも重要なのではないだろうか…伸び悩んでいるときって、何が分からないのか分からないくらいの状態って覆いと思う。それを気合で乗り越えようとするのは無理がある。他人ができる、わかる以上はそこに違いがあるはず。そこに焦点をあて、時間を使う   

   

ココの中学の先生はスゴイ。生徒に比較ビデオ見せて、成功例と失敗例で何が違うのかを研究させたりして、生徒のイメージをうまーく作っていき、運動音痴だった生徒も3連続バク転に成功するようになった

   

ただ、これ見てて、今までの自分を反省した。僕が教えるときはいつも「できる、できる、やれる!やれる!」系の、まぁ、不器用なんですわ。でも、それじゃ成果があがらない。

   

実家にいたときに見た、NHKの特集で、地元の近くの春日南中学が特集されてた。生徒の半数以上が連続バク転できるという脅威の学校だった。僕も体育会系なので、非常にこう言う教育方針は大好きだ。

マジ、どうにかせんと悲しすぎる。先生として、生徒をあの業界に安心して送り込める状況を作ってあげたい。   

   

今が小者でも、3年くらいたてばスゲェ成長するかも知れん。勿論、努力次第だけど。でも変える為にがんばる!今回この職に紹介されたのは、多分俺に「そうしろ」って、なんか、神みたいなのが言ってるに違いネェ!

   

とりあえず宣言

   

この現状を変えてやる!!5年くらいかけて業界に革命起こしたる!!

   

@aizen76 そうなんですよね…非常に現場は楽しいし、技術向上欲求もある程度満たしてくれるのですが、如何せん「労働量&拘束時間>>お給金」を感じざるを得ない現状に……現場を離れることを決意しました。

僕は結構な銭ゲバなので、年収は非常に重要なポイントだったり…して、更に言うと残業が嫌いなので…もうね、こう、普通だったら怒られますね、こんな奴ね。ホンマ。

@
@aizen76 そうなんですよね…僕も某社を飛び出したのはいいんですが、どこに行っても確実に年収がダウンという現状を目の当たりにしまして…色々と考えました。

   

前職では金銭面以外でも「自社開発ゲーム」というのは、かなりのモチベーションになっていました。それは確かに誇りでした。ありがたいことでした…

   

でも、次の職場の方が、年収的にはさらに上がるという…なんともやりきれないというか……現場にいた人間としては、金銭が必ずしもモチベーションに大きく関わるわけでもないと感じるのですが…

   

@aizen76 あ、金銭面とかの待遇は良かったです。それはもう。その分、今、税金に苦しんでいるのですが…^^;;

   

とはいえ、前職で”師匠”に出会わなければ、”技術のオモチロさ”に目覚めることもなかった…。本当に師匠には感謝である…俺にとってはまさにマエストロ…マジ、トレビアン!な人だった。

   

まぁ、待遇に不満がなければ、業界のあり方に疑問も持たずにそのまま働いていたのでしょうが…。まぁ、疑問を持ってしまったわけで…教える側から、ってゆーか、学生に色々吹き込んで業界をいい方向に変えてやろうとか言う野望をヒソカに持っているわけで。

   

…うーん。意外とフォローされている。何故に!?

   

@aizen76 あはは…^^;;否定できないです。辞めた直接の原因ではなかったですけど、PGだけでなく、プランナー、デザイナーともにかなり消耗してました

   

集まれ!地域のゲームプログラマ!的な。もう毎週日曜に勉強会くらいする勢いで…

   

福岡に行ったら、自分から提案して人を集めてみよう…それもまた勉強だ。

   

何しろ、もうすぐ大阪を離れてしまうのですから…もっとみんなと交流すべきだったと…今更ながら後悔しております。

   

技術系英語といえば、某マニュアルを読んでたときに、「under the hood」という言い回しに出会った。ALC調べてもわからないし…と思ったら、師匠がdictionary.comを教えてくれた。それによれば、出展がjargon file…マニアックすぎだろ…マニュアル

       
   

結局いろいろと悩んだ結果、現場で働くのではなく、教える側に回ることにしました…まぁ、早く帰れる分、勉強できるからいいか。絶対に現場にも負けないように頑張ります。

       
   

夜勤のために上下ヒートテック買っちゃいました。うおー、あったけー。でも、夜勤時はこれでも寒いので、もう一段階の防寒が必要だ…

       
   

@SZK16 江坂ですか?もしかして、某格闘ゲームの会社ですか?こないだまでPGとして働いてましたが。

       
   

別に中二じゃなくたって、人智を超えた力を欲しくなる時ってあるよな

       
   

そういや、実家でTV見てたとき、「スペックホルダー」と聞いた瞬間「ステークホルダー」に変換された…そんな奴は家族の中で俺だけだったようだ。あまりにも親御さんや、親戚や、幼少期の友人たちとは明らかに文化を異にしてしまった…

       
   

まぁ、願っただけで叶うんなら「若くて可愛い彼女が欲しいズラ」と願おうか。

       
   

常日頃、「徹夜は嫌ズラ」「もっと金が欲しいズラ」と願っていたら叶った。が、これでよかったのだろうか…

       
   

俺のipodはかなり偏っている。他人には聴かせられない…orz

       
   

選択できるだけありがたいんだがね。世の中にゃあ選択の余地もない人々がゴマンといる。

       
   

退職とか、会社選びとか、しなかったほうの選択について考えてしまっては、職業選択というのは立ち行かんのだ。現在の選択を正しいと思い、とりあえず2年は働いてみよう。

   

あ、前の携帯壊れたので、IS03にした。…使いこなせねぇ。…orz

       
   

とか思ってたら、辞めた後に、約13万円の市民税徴収が……オイオイ。だいぶキツイなぁ…

       
   

俺は銭ゲバなので、お金持ちが好きなので、お金持ちっぽい眺めの家に決めた。多少高いが、まぁ、いいんじゃね?

       
   

実家にいる間にゲームエンジンアーキテクチャを半分くらい読んだけど、実家に忘れてきた…まぁ、あと半月くらいで福岡に転居するから取りに行けばいーんだけどさ

       
   

話は変わるが、ここのところ、実家に帰る機会が多く、全然家にいない。家賃がもったいない。

       
   

で、なんか、最後に椎名桔平らしき俳優が、ギョーザ食いながら消えてた…え?これなんて漫画的展開?最近のって漫画原作多いらしいけど、こんなんばっかし?

       
   

「他人の記憶を操る」程度の能力とやらを持つ男が黒幕だったっぽいが、最後になんか銃弾浴びて死んでた…意味分からん。

       
   

かなり長時間にわたって時を止める男がいきなりやられるシーンだったが、え?DIO様?十六夜咲夜?それよりすごくね?

       
   

実家に帰ってた。普段はTV見ない僕だが、実家はTVっ子なので、やたら見るのだ。非常に苦痛なのは、この時期は最終回だらけ…あらすじもチンプンカンプンなままSPECとやらの最終回を見たが、なんぞこれ。ワケワカラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)